2022.5.26

あと一品欲しい時にも!ポリポリ食感のきゅうりを使った“おつまみ”レシピ5選

これからの季節、きゅうりは食卓に登場する機会が多い野菜ですよね。そこで今回は、ポリポリ食感のきゅうりを使ったおつまみレシピをご紹介します。もやしときゅうりのツナナムル和えや、きゅうりの韓国風豚巻きなどをピックアップ!あと一品欲しい時の副菜にもピッタリですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.ごま油香る 叩ききゅうりと鶏ササミの簡単和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

パパッと完成!叩ききゅうりと鶏ササミの簡単和えを作ってみましょう。電子レンジで加熱した鶏ささみと麺棒で叩いたきゅうりを、豆板醤やごま油で韓国風に味つけしました。あっさりとした鶏ささみとポリポリ食感のきゅうりに、豆板醤の辛味とごま油の風味が相性抜群!電子レンジで作れる手軽さもうれしいですね。

材料(2人前)

  • 鶏ささみ・・・1本
  • 料理酒・・・大さじ1
  • きゅうり・・・1本
  • 塩 (塩もみ用)・・・小さじ1
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1/2
  • (A)豆板醤・・・小さじ1/2
  • (A)砂糖・・・小さじ1/4
  • (A)ごま油・・・大さじ1

作り方
準備.鶏ささみは筋を取り除いておきます。
1.耐熱ボウルに鶏ささみ、料理酒を入れて、ラップをかけ、火が通るまで600Wの電子レンジで2分加熱します。菜箸でほぐして粗熱を取ります。
2.きゅうりはヘタを切り落として塩をふり、板ずりをします。流水で洗い、水気を切り、ジップ付き保存袋に入れて麺棒でたたき、一口大に割ります。
3.1、(A)を加えて混ぜ合わせ、味がなじんだら器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.簡単におつまみ きゅうりのピリ辛和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

お酒がすすむ!きゅうりのピリ辛和えのご紹介です。食べやすい大きさにしたきゅうりをラー油とめんつゆにつけ込みました。めんつゆの旨味にラー油の辛味がアクセントになり、つい手がのびるおいしさですよ。きゅうりは包丁で切るよりも麺棒で叩くと、味なじみがよく仕上がります。ラー油の量はお好みで調整して作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • きゅうり (計180g)・・・2本
  • (A)ラー油・・・小さじ1/2
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ2
  • 白いりごま・・・適量
  • 糸唐辛子・・・適量

作り方
1.きゅうりはピーラーで縞目状に皮をむき、両端を切り落として、麺棒で叩きます。
2.ポリ袋に1、(A)を入れて、空気を抜いて口を締め、冷蔵庫で1時間ほど漬けます。
3.味がなじんだらお皿に盛り付け、白いりごまをかけ、糸唐辛子をのせて完成です。

3.簡単 もやしときゅうりのツナナムル

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

あっという間に作れる、もやしときゅうりのツナナムルをご紹介します。電子レンジで加熱したもやしと薄切りのきゅうりを中華風に味つけして、ツナ油漬けでコクをプラス。シャキシャキとしたもやしときゅうりの歯ごたえがクセになり、お酒がどんどん進みますよ。ツナ油漬けはツナ水煮でもお作りいただけますので、ぜひ試してみてくださいね。

材料(2人前)

  • もやし・・・200g
  • きゅうり・・・1本
  • 塩・・・小さじ1/2
  • ツナ油漬け (正味量)・・・50g
  • (A)しょうゆ・・・小さじ2
  • (A)ごま油・・・小さじ2
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1

作り方
準備.きゅうりはヘタを切り落としておきます。
1.耐熱ボウルにもやしを入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで2分加熱し、水気を切ります。
2.きゅうりは縦半分に切り、斜め薄切りにします。ボウルに入れて塩を揉みこみ、3分程置き、水気を絞ります。
3.別のボウルに1、2、ツナ油漬け、(A)を入れてよく和えます。
4.器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ