2021.5.4

「簡単スイーツが知りたい!」サクッと作れちゃう”絶品手作りプリン”レシピ5選

お子さまだけでなく大人からも愛される「プリン」。最近はコンビニやスーパーなどでも簡単に手に入りますが、やはりどこか特別感のあるスイーツですよね。

そこで今回は、おうちで簡単に作れる!絶品手作りプリンのレシピをご紹介します。昔ながらのシンプルなものや、ほうじ茶を加えた風味豊かなもの、さらに電子レンジで手軽に作れるものまで、さまざまなレシピをピックアップしました。どれも毎日のおやつやご褒美にぴったりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.パウンド型で焼く 型焼きプリン

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

しっかりとした固めの食感でボリューム満点!パウンド型で作る型焼きプリンのレシピをご紹介します。卵のまろやかなコクと砂糖の甘みにバニラエッセンスの香りを加え、どこか懐かしく感じる優しい味わいに仕上げました。ケーキのように切り分けてお召し上がりくださいね。

材料(1台分(18cmのパウンド型))

-----カラメルソース-----

  • グラニュー糖・・・50g
  • 水・・・大さじ1
  • 熱湯・・・大さじ1
  • 卵 (Mサイズ)・・・4個
  • 卵黄 (Mサイズ)・・・2個
  • グラニュー糖・・・80g
  • バニラエッセンス・・・6滴
  • 牛乳・・・400ml
  • お湯 (湯せん用)・・・適量

作り方

準備.オーブンは150℃に予熱しておきます。
1.カラメルソースを作ります。小鍋にグラニュー糖、水を加え、中火で加熱します。カラメル色になってきたら熱湯を注ぎ、火から下ろします。
2.パウンド型に1を注ぎ、粗熱を取ります。
3.ボウルに卵、卵黄、グラニュー糖、バニラエッセンスを加え、ホイッパーで泡立てないように静かに混ぜ合わせます。
4.牛乳を3回に分け入れ都度よく混ぜ合わせたら、ザルで濾します。
5.2に注ぎ、アルミホイルを被せます。
6.天板にバットをのせ、5を置きます。パウンド型の底から2cmの高さまでお湯を注ぎ、150℃のオーブンで40分焼きます。粗熱を取り、冷蔵庫で1時間冷やします。
7.型を外し器に盛り付けて完成です。

2.材料3つ 簡単プリン

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

オーソドックスなプリンのレシピををご紹介します。必要な材料は牛乳、卵、砂糖だけ!この3つの食材を混ぜて蒸すだけなので、お菓子作り初心者さんでもチャレンジしやすいですよ。なめらかな舌触りで、お子さまのおやつや食後のデザートにぴったりです!思い立ったらすぐに作れる手軽なレシピなので、ぜひお試しくださいね。

材料(6個分(100mlのココット))

  • 牛乳・・・400ml
  • 卵 (Mサイズ)・・・3個
  • 砂糖・・・60g
  • お湯 (蒸す用)・・・適量
  • ミント・・・適量

作り方

1.ボウルに卵を割り入れてホイッパーでほぐし、牛乳、砂糖を入れて混ぜ合わせます。
2.茶こしでこし、器に流し込みます。
3.フライパンにさらしを敷き、2を入れて底から3cmほどのお湯を注いで蓋をし、弱火で15分程加熱します。
4.固まったら火を止め、そのまま10分程蒸らし、粗熱をとり、冷蔵庫で2時間程冷やしてミントを添えて完成です。

3.レンジで簡単スイーツ 豆乳プリン

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

電子レンジを使って、手軽においしい豆乳プリンを作ってみませんか?材料を混ぜて器に入れたら、あとは電子レンジにお任せ!あっという間にぷるぷるとした口当たりのプリンが出来上がりますよ。豆乳で作るので後味はさっぱりとしていますが、黒蜜をかけることで甘みとコクが加わり何個でも食べられそうなおいしさに仕上がります。黒蜜の代わりにメープルシロップをかけてもおいしくお召し上がりいただけますので、お好みでお試しくださいね。

材料(4個分)

  • 無調整豆乳・・・200ml
  • 卵・・・2個
  • 砂糖・・・大さじ1
  • バニラエッセンス・・・3滴
  • 黒蜜・・・大さじ2

作り方

1.ボウルに卵を割り入れ、泡が立たないように混ぜます。
2.砂糖とバニラエッセンスを加え、更に混ぜ合わせます。
3.無調整豆乳を静かに加え、混ぜ合わせます。
4.ザルで漉してから、耐熱の器に入れ、ふんわりとラップをします。500Wのレンジで2分30秒加熱します。
5.表面が固まったら、レンジから取り出します。粗熱を取ってから冷蔵庫で1時間程冷やし、黒蜜をかけて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ