2021.12.26

「なめらか食感がたまらない!」簡単“生チョコ”の作り方

とろける食感がたまらない生チョコ。高級感のあるスイーツで、おもてなしにもおやつにもぴったりですよね。

今回は、そんな生チョコの超簡単レシピをご紹介します。定番のミルクチョコレートやホワイトチョコの生チョコから、きな粉や抹茶を使った和風の生チョコまで、バラエティ豊かにピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.材料3つで簡単 生チョコ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

材料3つでできる、生チョコのレシピです。生チョコと聞くと、作るのが難しそうなイメージがあるかもしれませんが、実はとっても簡単。あたためた生クリームにミルクチョコレートを混ぜ合わせて冷蔵庫で冷やし、食べやすい大きさにカットしてココアパウダーをまぶせばできあがりです。濃厚なチョコレートとほろ苦いココアパウダーが相性抜群で、ついつい手がのびるおいしさです。使う材料が少ないので、お菓子作りに慣れていない方でも安心してチャレンジできますよ。

材料(20個分(2cm×2cm))

  • ミルクチョコレート・・・250g
  • 生クリーム・・・120g
  • ココアパウダー・・・10g

作り方

準備.バットにクッキングシートを敷いておきます。
1.ボウルにミルクチョコレートを割り入れます。
2.鍋に生クリームを入れ沸騰直前まで温めて1に入れます。耐熱性のヘラでミルクチョコレートが溶けてクリーム状になるまで混ぜ合わせます。バットに入れてラップをし、冷蔵庫で1時間冷やし固めます。
3.20等分に切り分けて、ココアパウダーをまぶしたら器に盛り付けて完成です。

2.とろけるホワイト生チョコレート

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ホワイトチョコで作る生チョコはいかがでしょうか。真っ白で美しく、おもてなしにもぴったりの一品です。ホワイトチョコレートにバターを加えることで濃厚さが増し、やみつきになるおいしさに。甘めのミルキーな味わいは、ブラックコーヒーや紅茶との相性も抜群です。苦いものが苦手な方や、お子様にもおすすめのレシピです!

材料(24個分)

  • ホワイトチョコレート (5枚)・・・200g
  • 生クリーム・・・70ml
  • 無塩バター・・・10g
  • お湯 (湯せん用・50℃)・・・適量
  • 粉糖 (溶けないタイプ)・・・大さじ2
  • ミント・・・適量

作り方

準備.クッキングシートで型を作っておきます。
1.ホワイトチョコレートを、包丁で細かく刻み、ボウルへ入れます。
2.小鍋に生クリームを入れ、中火にかけ沸騰直前で火を止め、1へ入れ、湯煎でホワイトチョコレートを溶かします。
3.ホワイトチョコレートがしっかり溶けたら無塩バターを入れ溶かします。
4.クッキングシートの型に流し入れ、冷蔵庫で2時間以上冷やします。
5.しっかり固まったら、冷蔵庫から取り出し24個に切ります。
6.粉糖をかけてミントを添えたら出来上がりです。

3.とろける口どけ きな粉の生チョコ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

とろっととろける口どけの、きな粉の生チョコをご紹介します。生クリームにきな粉を溶かし、ホワイトチョコレートを加えて冷やし固めた一品。口に入れるときな粉の風味がやさしく広がります。いつもと違った生チョコを作りたい方にもおすすめですよ。たった3つの材料でできるので、挑戦しやすいのもうれしいポイントです。

材料(1台分(12×7×4.5cm))

  • ホワイトチョコレート・・・100g
  • 生クリーム・・・50ml
  • きな粉・・・大さじ2

作り方

1.ホワイトチョコレートは手で細かく砕きます。
2.鍋に生クリームを入れて弱火で温め、湯気が出てきたらきな粉を加えます。
3.火を止め、きな粉が均一に混ざったら1を加え、混ぜながら溶かします。
4.型にラップを敷いて3を流し入れ、粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やし固めます。
5.固まったら型から取り出し、食べやすい大きさに切って完成です。

人気のカテゴリ