2021.9.2

「余ったキャベツどうしよう…」あともう1品に便利な“簡単副菜”レシピ5選

安いと、ついひと玉買ってしまいがちな「キャベツ」。買ったはいいものの、なかなか使いきれずに悩むことも多いですよね。

今回は、そんな余ったキャベツで作れる簡単副菜レシピをご紹介します。サラダチキンを入れた食べ応えのあるコールスローや、めんつゆとバターで味つけした炒め物など、手間をかけずにおいしく仕上がるレシピをピックアップしました。献立にあと一品欲しいというときにも役立つので、ぜひ試してみてくださいね。

1.サラダチキンとキャベツのコールスロー

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

定番のコールスローにサラダチキンを加えて食べ応えのある一品に仕上げました。シャキシャキのキャベツとしっとりやわらかいサラダチキンがよく合います。まろやかなマヨネーズに粒マスタードの風味がアクセントになった、箸が止まらなくなる一品です。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・200g
  • サラダチキン・・・100g
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ3
  • (A)粒マスタード・・・大さじ1
  • (A)酢・・・小さじ1/2
  • (A)塩こしょう・・・ふたつまみ

作り方

1.サラダチキンは薄切りにします。
2.キャベツは5mm幅に切ります。耐熱ボウルに入れラップをして、600Wの電子レンジで2分程しんなりするまで加熱し、水気を切って粗熱を取ります。
3.ボウルに1、2、(A)を入れ和えたら、器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.レンジで簡単 キャベツとツナのトマト煮風

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

電子レンジで簡単に作れる、キャベツとツナのトマト煮風レシピをご紹介します。このレシピのポイントは、なんといっても刻んだアンチョビを加えること!旨みたっぷりのツナと甘みのあるキャベツだけでも十分おいしいトマト煮に仕上がりますが、アンチョビが加わることでおいしさがぐっと底上げされます。すりおろしニンニクの風味も効いていて、副菜としてだけでなくおつまみにも最適な一品です。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・250g
  • ツナ油漬け・・・70g
  • アンチョビフィレ (計5g)・・・2枚
  • (A)カットトマト缶・・・150g
  • (A)オリーブオイル・・・大さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • (A)コンソメ顆粒・・・小さじ1/2
  • ハーブソルト・・・ひとつまみ
  • バジル (飾り用)・・・1枚

作り方

準備.ツナ油漬けは油を切っておきます。
1.アンチョビフィレは粗みじん切りにします。キャベツはざく切りにします。
2.耐熱ボウルに(A)、1、ツナ油漬けを加えて混ぜ合わせ、ラップをかけ、600Wの電子レンジで5分加熱します。
3.キャベツがしんなりしたらハーブソルトを加えて混ぜ合わせ、落としラップをして10分程置き、味をなじませます。
4.お皿に盛り付け、バジルを添えて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.キャベツのめんつゆバター炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ざく切りにしたキャベツをめんつゆとバターで炒めるだけ!手軽にお作りいただける副菜レシピのご紹介です。キャベツにめんつゆの風味とバターのコクが相性抜群!ほっとするやさしい味わいで、お子様にも喜ばれること間違いなしですよ。味つけも作り方もシンプルで、思い立ったらすぐにお作りいただけます。ぜひ献立のレパートリーに加えてみてくださいね。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・150g
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1
  • (A)水・・・小さじ2
  • 有塩バター・・・10g
  • サラダ油・・・小さじ2
  • かつお節・・・3g

作り方

1.キャベツの芯をとり、ざく切りにします。
2.フライパンにサラダ油をひき、1を入れて中火で炒め、(A)を加えてキャベツがしんなりするまで炒め合わせます。
3.有塩バターを入れて中火のまま炒め合わせ、全体に味が馴染んだら火から下ろします。
4.お皿に盛り付け、かつお節をのせて完成です。

人気のカテゴリ