2019.4.25

和風のおやつに欠かせない!くずきりのバリエーションレシピ5選

くずきりとは?似た食材との違いは何?

そもそもくずきりとはくず粉からできています。くず粉とは、葛という植物の根を水で洗った後にでんぷん質を沈殿させ、水と分けて乾燥させたものを指します。春雨は緑豆やイモ類のでんぷんから作られたもの、ところてんや寒天は天草という海藻が原料です。それぞれの違いはもともとの原料にあったのですね。

くずきりは、くず粉を水で溶かして型に入れ、加熱して板状に固めたものを細長く切って作ります。つるんとした食感は冷たくしても温かくしてもおいしいですよね。特に黒蜜をかけた甘い和風デザートは定番といってもいいでしょう。

くずきりの発祥は、300年も続く老舗の和菓子店といわれています。和のおいしさが際立つくずきりは、そんな歴史の重みを感じさせる味わいなのですね。ここからは基本のくずきりの作り方や、おやつやメインディッシュでも使えるくずきりのバリエーションレシピを5つご紹介します。

自宅でお手軽に作ってみよう!基本の手作りくずきり

スーパーで購入するイメージのくずきり。くず粉を使って本格的なくずきりをご家庭でも作ってみませんか?くず粉はザルに入れてこすことで、ダマになりません。水で溶いた後にもう一度こすと、よりきれいなくずきりを作ることができます。手作りならではのつるんとおいしい食間はまさに絶品。お好みの大きさに切って食べられるのも嬉しいポイントですね。

オレンジ風味のくずきりでパーティの席でのデザートに!

こちらのレシピは基本のくずきりの作り方を押さえて、水の代わりにオレンジジュースを使ってくずきりを作ります。さわやかなオレンジの風味ときれいな色合いは、パーティーの席でもぴったりのデザートになります。オレンジジュースをぶどうや桃などに変えて作っても、いろいろバリエーションが楽しめますし、インスタ映えもばっちりです。

人気のカテゴリ