2020.5.26

「パパッと楽チン」これは絶品…!簡単に作れちゃう混ぜごはんレシピ5選

長く続いた外出自粛生活もようやく終わりを向かえましたが、依然として料理を続けている方も多いのではないでしょうか。気づくと同じメニューの繰り返しで、「レパートリーも気力も尽きた…」なんという声もチラホラ。

できれば簡単に作れて主食になる一品を覚えたいですよね。そこで今回は、簡単主食の代表である混ぜご飯のレシピを5つご紹介します。

混ぜご飯があれば、おかずが簡素でも十分満足できます。料理の負担を減らせるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.食卓が華やかに!コーンバターご飯

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

コーンとバターしょうゆの混ぜご飯です。コーンの黄色が食卓を一気に華やかにしてくれます。和食にも洋食にも合う万能レシピなので、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。献立に悩んだときの強い味方になってくれますよ。シンプルでアレンジしやすいところも魅力です。

材料

  • ごはん (温かいもの)・・・300g
  • コーン・・・40g
  • 有塩バター・・・小さじ2
  • しょうゆ・・・小さじ1

作り方

1.ボウルに材料全てを入れてよく混ぜ合わせます。
2.有塩バターが溶けてなじんだら、お茶碗によそい完成です。

2.電子レンジで簡単!鮭とわかめの混ぜご飯

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

忙しいときにオススメな、電子レンジで手軽に作れる混ぜご飯です。白だしやみりんを使った日本人の味覚によく合う味付けなので、お気に入りの一品になるはず。包丁やまな板が汚れないので、後片付けも楽チンです。覚えておくと重宝しますよ。

材料

  • ごはん (温かいもの)・・・300g
  • 鮭 (生鮭)・・・70g
  • 生わかめ・・・30g
  • ①白だし・・・大さじ2
  • ①みりん・・・大さじ1
  • ごま油・・・大さじ1
  • 白いりごま・・・小さじ1

作り方
準備.鮭は骨と皮を取り除いておきます。 生わかめは加熱の必要があるものは沸騰したお湯で1分ほど、鮮やかな緑色になるまでさっとゆでておきます。

1.耐熱ボウルに、鮭、生わかめ、①を入れ、ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで、鮭に火が通るまで4分ほど加熱します。

2.ボウルにごはん、1、ごま油を入れ、しゃもじで切るように混ぜ合わせます。
3.器に盛り付け、白いりごまを散らして完成です。

3.中華料理と相性バツグン!ねぎ塩ご飯

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

刻んだ長ねぎと調味料を混ぜ込んだご飯です。鶏ガラスープの素で味付けをするので、餃子や回鍋肉、青椒肉絲などの中華料理とよく合います。使い切れず余ってしまった長ねぎの消費レシピとしてもオススメ。ぜひ試してみてくださいね。

材料

  • ごはん (温かいもの)・・・300g
  • 長ねぎ・・・1/2本
  • 料理酒・・・小さじ1
  • 鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • 黒こしょう・・・小さじ1/3
  • ごま油・・・小さじ1
  • 白いりごま・・・小さじ1

作り方

1.長ねぎはみじん切りにします。
2.耐熱ボウルに1、料理酒、鶏がらスープの素、黒こしょうを入れて、混ぜあわせます。ラップをかけて600Wの電子レンジで1分加熱します。
3.ごはんの入ったボウルに2、ごま油、白いりごまを入れて、混ぜ合わせます。
4.お茶碗によそって完成です。

人気のカテゴリ