2020.12.16

「爽やかな味わい!」おうちで作る”レモンのスイーツレシピ”5選

4.優しい甘さのレモンジンジャースコーン

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

レモンと生姜の風味を効かせたスコーンのレシピをご紹介しまう。バターの香りたっぷりのスコーン生地に、さわやかな辛さの生姜がアクセントになった風味豊かな一品です。レモン果汁入りのアイシングが甘酸っぱくさわやかで、いくつでも食べられそうなおいしさ!一年中手に入る身近な食材で作れるので、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

材料(8個分)

  • ①強力粉・・・150g
  • ①薄力粉・・・50g
  • ①砂糖・・・30g
  • ①ベーキングパウダー・・・6g
  • 無塩バター・・・40g
  • 生姜・・・40g
  • 牛乳・・・大さじ3

-----アイシング-----

  • 粉糖・・・25g
  • レモン汁・・・小さじ1.5
  • 強力粉 (打ち粉)・・・適量
  • ミント (飾り用)・・・適量

作り方

準備.オーブンは200℃に予熱しておきます。 生姜は皮をむいておきます。
1.無塩バターは5mm角に切り、冷蔵庫で15分程冷やします。生姜はすりおろします。
2.①をボウルに入れて泡立て器で混ぜ合わせ、1を入れて指先で無塩バターをつぶしながらすり混ぜます。
3.牛乳を加え、スケッパーで混ぜ合わせます。ひとまとめにしたら、台に打ち粉をふり、3を麺棒で25×15cm程の長方形に伸ばし、三つ折りにします。
4.90℃回転させて同様に麺棒で伸ばして三つ折りにし、ラップで包み、冷蔵庫で30分休ませます。
5.ラップを外し、手のひらで押して1.5cm程の厚さに伸ばし、8等分に切り分けます。クッキングシートを敷いた天板にのせて200℃のオーブンで15〜18分焼き、粗熱を取ります。
6.アイシングの材料を混ぜ合わせ、5にかけて乾かします。
7.お皿に盛り付け、ミントを添えて完成です。

5.ウィークエンド・シトロン

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

フランス語で「週末に大切な人と食べるケーキ」という意味を持つ、ウィークエンド・シトロンです。レモンの皮のすりおろしと果汁をたっぷり加えた生地は、ほんのり酸味が効いた甘過ぎない味わい。ふんわりとしたケーキの生地とシャリっとした表面のグラスアローとの食感の違いが楽しい一品です。ぜひ大切な人のために作ってみてくださいね。

材料(1台分(20×7×5.5cmのパウンドケーキ型使用))

-----粉類-----

  • 薄力粉・・・150g
  • ベーキングパウダー・・・3g
  • レモン・・・1/2個
  • 無塩バター・・・150g
  • グラニュー糖・・・150g
  • 溶き卵 (Mサイズ)・・・3個分

-----トッピング-----

  • 粉糖・・・100g
  • ピスタチオ (カット)・・・適量

作り方

準備.無塩バターと溶き卵は常温に戻しておきます。 レモンはよく洗っておきます。 型にクッキングシートを敷いておきます。 オーブンを170℃に予熱しておきます。
1.レモン皮を1/2個分削ります。レモンを絞り、果汁を大さじ1と大さじ2に取り分けます。
2.ボウルに無塩バターとグラニュー糖を入れて、泡立て器で白っぽくなるまで混ぜ合わせます。
3.溶き卵を3、4回に分けて入れます。その都度、よく混ぜ合わせます。
4.粉類を振るい入れます。ゴムベラで切るように混ぜ、粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせます。
5.1のすりおろした皮と大さじ1のレモン果汁を加え全体に混ぜ合わせます。
6.型に5を入れます。両端が高くなるように表面をならします。
7.170℃のオーブンで火が通るまで40分中に火が通るまでこんがりと焼きます。
8.粗熱が取れたら型から外して冷まします。冷めたら、上の面を切り取り、平らにします。
9.グラスアローを作ります。ボウルに粉糖と1の大さじ2のレモン果汁を加え混ぜ合わせます。
10.8の上にかけ、真ん中にピスタチオをトッピングします。グラスアローが乾いたら完成です。

終わりに

いかがでしたか。キュンと甘酸っぱいレモンを使ったスイーツレシピをご紹介しました。材料を混ぜ合わせて焼くだけのものや、手順の多いシュークリームなど、簡単なものからチャレンジしがいのある難易度の高いレシピまで、どれもレモンの爽やかな風味を存分にお楽しみいただけるものばかりです!少しハードルが高そうに思えても、ポイントを押さえれば上手に作ることができるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

2 / 2ページ

人気のカテゴリ