2021.10.15

「1週間のご褒美に飲みたい!」お手軽“豆苗おつまみ”レシピ5選

気軽に外に飲みに行けない日々が続いています。簡単に作れておいしいお酒のおつまみがあれば、おうち飲みの時間も楽しくなりますよね。

今回は、豆苗を使ったお手軽おつまみレシピをご紹介します。豆苗のナムルやベーコン炒め、塩昆布和えなど、シャキシャキとした豆苗の食感を楽しめるメニューをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.レンジレシピ 豆苗のナムル

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

電子レンジを使ったお手軽ナムルのご紹介です。加熱した豆苗に白だしとごま油のタレを和えればできあがりの簡単レシピ。シンプルな味つけですが、仕上げに添えるミニトマトの酸味がアクセントになり、思わず箸の進む一品ですよ。黒こしょうのピリッとした辛みも食欲をそそります。今晩の晩酌にいかがでしょうか?

材料(2人前)

  • 豆苗・・・1パック
  • (A)ごま油・・・小さじ2
  • (A)白だし・・・小さじ1
  • (A)塩・・・少々
  • (A)黒こしょう・・・少々
  • ミニトマト・・・1個

作り方

準備.ミニトマトはヘタを取り除き、半分に切っておきます。
1.豆苗は根元を切り落とし、3cm幅に切ります。
2.耐熱ボウルに入れて、ラップをかけ、600Wの電子レンジで3分加熱します。
3.粗熱を取り、(A)を加えて和えます。
4.お皿に盛り付け、ミニトマトを添えて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.えのきと豆苗のベーコン炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

食べ応えバッチリ!えのきと豆苗のベーコン炒めをご紹介します。ベーコンの旨味が豆苗とえのきに染みこみ、とってもおいしいですよ。ニンニクの風味も効いていて、お酒にぴったりの味わいです。えのきが入っているのでボリューミーで、お腹がすいているときのおつまみにおすすめの一品です!コスパのいいえのきと豆苗を使って作れるのもうれしいポイント。ぜひレパートリーに加えてみてくださいね!

材料(2人前)

  • えのき・・・1株
  • 豆苗・・・1パック
  • ベーコン・・・100g

-----調味料-----

  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ3
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • 塩こしょう・・・少々

  • サラダ油・・・大さじ1

作り方

1.えのきは石づきを切り落とし、ほぐしておきます。
2.豆苗は根と種を取り除き、半分に切ります。
3.ベーコンは1cm幅に切ります。
4.中火で熱したフライパンにサラダ油を入れ、3を炒めます。
5.4にこんがりと焼き色がついてきたら、1と2と調味料を入れ、味が馴染んだら完成です。

3.えのきでカサ増し 豆苗とササミのピリ辛和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

鶏ささみをつかった豆苗のピリ辛和えレシピのご紹介です。こちらのレシピも、えのきでカサ増しすることで食べ応えのあるメニューに仕上がっています。コチュジャンの辛みと鶏ガラスープの素の旨味がマッチして、箸の止まらないおいしさですよ!ガッツリ食べ応えのあるおつまみメニューなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏ささみ・・・3本
  • 酒・・・大さじ1
  • えのき・・・1株
  • 豆苗・・・1パック
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)コチュジャン・・・大さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1

作り方

準備.鶏ささみは筋を取り除いておきます。
1.鶏ささみと酒を耐熱ボウルに入れ、ふんわりとラップをかけ、火が通るまで600Wの電子レンジで3分加熱します。粗熱が取れたら手でほぐします。
2.えのきは石づきを切り落とし、手でほぐします。別の耐熱ボウルに入れ、ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで2分加熱します。
3.豆苗は根元を切り落とし、半分に切ります。
4.ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせ、1、2、3を加えて和えます。全体に味がなじんだらお皿に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ