最終更新日 2019.5.22

かぼすを使ったアレンジレシピ5選!控えめな酸味が食べやすい!

「かぼす」ってどんな料理に使ったらいいの?

かんきつ類の1つであるかぼすは、ゆずの近縁種。大分県の特産でテニスボールほどの大きさがあります。同じくすだちもゆずの近縁種ですが、こちらは徳島県の特産でゴルフボールほどの大きさのものをいいます。かぼすはやわらかい酸味なのに対し、すだちはすがすがしい香りと酸味なのが特徴です。かぼすは控えめな酸味なので料理にも合わせやすく、レモンなどの強い酸味が苦手な人にも向いています。大分では味噌汁に入れて飲むことが定番なのだとか。

そんなかぼすの、ほどよく爽やかでさっぱりとした特徴を生かしたアレンジレシピをご紹介します。

風味と味を生かした、手作りかぼすポン酢

かぼすの良さを味わってみたいなら、ポン酢がおすすめ。豆腐や野菜にかけたり鍋物に使ったり、幅広い料理に使えて万能ですよ。手作りすると、市販のものより風味が良く味も濃厚に仕上がります。作ってから1週間ほどで使い切りましょう。すだちやゆずなどほかのかんきつ類でも作ってみて、お好みの味を見つけてみるのもいいですね。

かぼすのおひたしはさっぱりと爽やかな仕上がりに

おひたしに使うと、かぼすの柔らかな酸味でさっぱりと食べられるだけでなく、青菜の“青臭さ”をほどよく消してくれる効果もあります。調味料にもかつお節を混ぜておくことで、うま味とコクがアップしますよ。前述の手作りポン酢で作ってもいいですね。

人気のカテゴリ