2022.10.7

「毎日ごはんの強い味方!」常備しておくと便利な“作り置きおかず”レシピ5選

仕事や外出で忙しい平日は「作り置き」があるとうれしいですよね。そこで今回は、毎日作るごはんの強い味方になる、作り置きおかずレシピをご紹介します。ごはんが進む、鶏むね肉と根菜のごま味噌和えや、ごぼうとひじきのきんぴら、おつまみにもぴったりなこんにゃくのピリ辛炒めなど、さまざまなレシピをピックアップしました!

1.常備菜に 鶏むね肉と根菜のごま味噌和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

食べごたえ満点な、鶏むね肉と根菜のごま味噌和えをご紹介します。旨味たっぷりな鶏むね肉と食感のよい野菜を、濃厚な味噌ダレで味つけしました。すべて電子レンジ調理で完結するので、火を使わずお手軽。コクのある味噌ダレが食材に絡み、やみつきになるおいしさです。白いごはんがおかわりしたくなること間違いなしですよ!

材料(2人前)

  • 鶏むね肉・・・200g
  • 料理酒・・・大さじ1
  • ごぼう・・・50g
  • にんじん (50g)・・・1/2本

ごま味噌ダレ

  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ2
  • みそ・・・大さじ1
  • 砂糖・・・大さじ1
  • 白すりごま・・・大さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.ごぼうは皮をこそげ落としておきます。 にんじんは皮をむいておきます。
1.ごぼうとにんじんは一口大の乱切りにし耐熱ボウルに入れ、ふんわりとラップをかけ600Wのレンジで3分加熱します。
2.鶏むね肉は皮を取り除きフォークで数ヶ所に穴を開け、別の耐熱ボウルに入れ料理酒をかけ、ふんわりとラップをかけたら600Wのレンジで5分加熱します。
3.2を一口大に切ります。
4.ボウルにごま味噌ダレの調味料を入れ混ぜ合わせます。
5.1と3を加え和え、皿に盛り付け、小ねぎをかけたら完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.常備菜に こんにゃくのピリ辛炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

箸が止まらなくなる、こんにゃくのピリ辛炒めを作ってみませんか。プリプリとした食感のこんにゃくは、噛むほどにしょうゆやみりんの甘辛い味わいがあふれ出し、たまらないおいしさに。ピリリとした鷹の爪の辛さもいいアクセントになっています。白だしを使うことで風味もアップしますよ。お酒のお供としても大活躍です。

材料(2人前)

  • こんにゃく (250g)・・・1枚
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)白だし・・・小さじ1
  • (A)白いりごま・・・小さじ1
  • (A)鷹の爪輪切り・・・小さじ1
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

準備.こんにゃくはパッケージの表記通りにアク抜きをしておきます。
1.こんにゃくは両面に5mm幅の格子状に切りこみを入れ、1.5cm角に切ります。
2.強火で熱したフライパンにごま油をひき、1を入れ、焼き色がつくまで炒めます。
3.(A)を入れて汁気がなくなるまで中火で炒めたら火から下ろし、器に盛り付けてできあがりです。

3.常備菜に 鶏もも肉のケチャップ炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

子どもも食べやすい、鶏もも肉のケチャップ炒めはいかがでしょうか。切った食材を炒めたら、ケチャップやウスターソース、塩こしょうなどで味つけするだけ!ジューシーな鶏もも肉とケチャップの甘み、ウスターソースのコクがマッチして、いくらでも食べられるおいしさです。バターを使って炒めているので、濃厚な風味も加わり、ごはんが進みますよ。

材料(2人前)

  • 鶏もも肉・・・200g
  • 玉ねぎ・・・150g
  • しめじ・・・100g
  • (A)ケチャップ・・・大さじ3
  • (A)ウスターソース・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ1
  • (A)塩こしょう・・・ふたつまみ
  • 有塩バター・・・10g

トッピング

  • パセリ (乾燥)・・・適量

作り方

1.玉ねぎは薄切りにします。
2.しめじは石づきを切り落とし、一口大にほぐします。
3.鶏もも肉は一口大に切ります。
4.フライパンを中火で熱し、有塩バターを入れて溶かし、3を入れて炒めます。
5.薄く焼き色が付いたら1を加えて中火で炒めます。
6.玉ねぎがしんなりしたら2を入れて中火で炒めます。鶏もも肉に火が通り、しめじがしんなりしたら(A)を加えて炒め合わせ、火から下ろします。
7.器に盛り付け、パセリをかけて完成です。

4.作り置きに ごぼうとひじきのきんぴら

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

和食の定番副菜、ひじき煮ときんぴらを組み合わせたレシピです。ひじきは水で戻し、ごぼう、にんじんと炒めてしょうゆや砂糖などで味つけ。シャキシャキとした甘辛い野菜と磯の風味豊かなひじきは相性抜群です。和風だしの上品な味わいやごま油の香ばしさもあいまって、ごはんがどんどん食べられますよ。おつまみとしても重宝する一品です。

材料(2人前)

  • ごぼう (70g)・・・1/2本
  • 水 (さらす用)・・・300ml
  • ひじき (乾燥)・・・8g
  • にんじん・・・50g
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・大さじ1/2
  • (A)みりん・・・大さじ1/2
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1/2
  • ごま油・・・大さじ1
  • 白いりごま・・・大さじ2
  • 一味唐辛子・・・少々

作り方

準備.ひじきはパッケージの表記通りに水で戻し、流水で洗い、水気を切っておきます。ごぼうは皮をこそげ落としておきます。
1.ごぼうは細切りにし、水を入れたボウルに入れ10分程おきます。
2.にんじんは皮をむき、細切りにします。
3.中火で熱したフライパンにごま油をひき、ひじき、水気を切った1、2を入れて、全体に油がなじむまで炒めます。
4.(A)を入れて汁気がなくなるまで中火で炒めます。
5.白いりごま、一味唐辛子を入れて、全体がなじんだら火から下ろし、器に盛り付けて完成です。

5.常備菜 ピーマンとちりめんじゃこのおかか山椒炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

シャキシャキ食感がたまらない、ピーマンとちりめんじゃこのおかか山椒炒めはいかがでしょうか。炒めたピーマンを味つけし、ちりめんじゃことかつお節をトッピングした一品。ピーマンのほろ苦さとちりめんじゃこの旨味、粉山椒のピリッとした刺激的な味わいがマッチして、やみつきになりますよ。歯触りもよく、満足感を得られます。

材料(2人前)

  • ピーマン (計250g)・・・6個
  • ちりめんじゃこ・・・30g
  • かつお節・・・4g
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ2
  • (A)粉山椒・・・小さじ1/2
  • ごま油・・・小さじ2

作り方

準備.ピーマンはヘタと種を取り除いておきます。
1.ピーマンは細切りにします。
2.フライパンにごま油をひいて中火で熱し、1を入れて炒めます。
3.全体に油がなじんだら(A)を加えて中火のまま炒めます。汁気が少なくなってきたら、ちりめんじゃこ、かつお節を加えてさっと炒め合わせ、火から下ろします。
4.器に盛り付けて完成です。

作り置きレシピを覚えて、毎日のごはんを楽にしよう

いかがでしたか。今回は、毎日ごはんの味方になる作り置きレシピを5つご紹介しました。身近な食材や調味料でできる作り置きレシピは、覚えておくとさまざまなシーンで活躍すること間違いなし!難しい工程がないので、今日の晩ごはんレシピとしても活用できますよ。ぜひ作ってみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ