最終更新日 2021.11.29

「レギュラー野菜で献立簡単」さっと作れて便利な副菜“長ねぎ”レシピ5選

薬味として使われることの多い「長ねぎ」。脇役のイメージもありますが、加熱すると甘みや香ばしさが出て、とてもおいしい野菜です。冷蔵庫にいつもあるけれど、長ねぎのレパートリーはあまりない…という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、冷蔵庫によくある長ねぎを使って作る簡単副菜レシピをご紹介します。めんつゆやマヨポンで味つけた炒め物や、ピリ辛サラダなど、手軽に作れる一品ばかりです。ぜひチェックしてくださいね。

1.長ねぎとエリンギの炒め物

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

長ねぎとエリンギを使った炒め物のご紹介です。エリンギとベーコンの旨味、長ねぎの甘みが味に深みを出してくれ、とてもおいしく仕上がります。とろっとした長ねぎやエリンギのコリコリした食感も楽しめる一品です。めんつゆを使うことで簡単に味が決まります。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 長ねぎ・・・2本
  • エリンギ・・・2本
  • ブロックベーコン・・・50g
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1
  • サラダ油・・・大さじ1/2
  • 七味唐辛子・・・適量

作り方

準備.長ねぎの根元は切り落としておきます。
1.エリンギは長さを半分に切り、薄切りにします。
2.長ねぎは5cm幅に切り、縦半分に切ります。
3.ブロックベーコンは拍子木切りにします。
4.フライパンにサラダ油を入れ中火で熱し、1、3を炒めます。
5.全体に油が回ったら、2を加え中火のまま長ねぎがしんなりするまで炒めたら、(A)を加え全体に味が馴染んだら火からおろします。
6.器に盛り付け、七味唐辛子をふりかけて完成です。

2.簡単副菜 キャベツと長ねぎのツナマヨ和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

大人も子どもも大好きなツナマヨを長ねぎとキャベツに合わせました。シャキシャキとした野菜の食感が楽しめる一品です。電子レンジで簡単に作れるので、あと一品欲しいときにとても便利です。一味唐辛子をかけるとピリッと辛い大人な味わいに仕上がります。お子様には省いてお作りいただくなど、食べる人に合わせて、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・100g
  • 長ねぎ・・・40g
  • ツナ油漬け (正味量・50g)・・・1缶
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ1.5
  • (A)塩麹・・・大さじ1/2
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・小さじ1
  • 一味唐辛子・・・適量

作り方

1.キャベツはざく切りにします。長ねぎは1cm幅の斜め切りにします。
2.耐熱ボウルに入れ、ラップをかけ、500Wの電子レンジでキャベツがしんなりするまで2分ほど加熱します。粗熱を取り、水気を切ります。
3.ツナ油漬け、(A)を加えてよく混ぜ合わせます。
4.器に盛り付け、一味唐辛子をかけて完成です。

3.長ねぎとしめじのしょうゆ炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

長ねぎとしめじをしょうゆで炒めたシンプルな炒め物のご紹介です。長ねぎとしめじに香ばしいしょうゆ味がよく絡んでおいしく仕上がります。長ねぎとしめじの食感も楽しめますよ。素材の旨味が感じられるとても簡単な一品なので、お好みの野菜やきのこを加えたりとアレンジも楽しみながら、試してみてださいね。

材料(2人前)

  • しめじ・・・200g
  • 長ねぎ (1本)・・・100g
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • ごま油・・・大さじ1/2

作り方

1.しめじは石づきを切り落とし、手でほぐします。
2.長ねぎは根元を切り落とし、1cm幅の斜め切りにします。
3.中火で熱したフライパンにごま油をひき、1、2を入れ、しめじがしんなりするまで炒めます。
4.中火のまま、(A)を入れて全体に味がなじむまで炒めたら火から下ろし、器に盛り付けて完成です。

人気のカテゴリ