2022.1.18

タレがうまい!節約にも助かる“ごはんと相性バツグンの豚丼”レシピ5選

甘辛く味つけした豚肉とごはんは相性抜群ですよね!ガッツリ食べたいときには、豚肉をごはんにのせた「豚丼」を作ってみませんか。今回は、少ない材料で簡単に作れる豚丼から、アレンジ豚丼まで、バリエーション豊かな豚丼のレシピをご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.ねぎ塩レモン豚丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

さっぱり食べられる、ねぎ塩レモン豚丼を作ってみましょう。長ねぎやごま油で作った旨味たっぷりのタレは、レモンの酸味が効いてさわやかです。塩こしょうをして焼いた豚バラ肉にタレをかけていただくと、飽きが来ず、箸が止まらないおいしさですよ。豚バラ肉をしっかり焼くと、カリッと香ばしい味わいに仕上がります。とっても簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 豚バラ肉 (スライス)・・・200g
  • 塩こしょう (下味用)・・・小さじ1/4
  • 長ねぎ・・・10cm
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)レモン汁・・・小さじ2
  • (A)砂糖・・・小さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1/2
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • (A)塩・・・ふたつまみ
  • (A)粗挽き黒こしょう・・・ふたつまみ
  • サラダ油・・・小さじ1
  • のり (刻み)・・・適量

作り方

1.長ねぎは粗みじん切りにします。
2.ボウルに1、(A)を入れて混ぜ合わせます。
3.バットに豚バラ肉を入れて塩こしょうをふります。
4.フライパンにサラダ油をひいて中火で熱し、3を入れて両面を4分程焼きます。豚バラ肉に火が通ったら火から下ろします。
5.器にごはん、のり、4を盛り付け、2をかけて完成です。

2.タレが美味しいジューシー豚丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

タレが美味しい!ジューシー豚丼はいかがでしょうか。豚バラ肉に絡んだ甘辛いタレが、ごはんにもよく染み、しみじみおいしい一品。ニンニクの風味がよいタレで、食が進みます。千切りにして添えた長ねぎが口の中をさっぱりとさせてくれるので、最後のひと口まで飽きることなく召し上がっていただけますよ。少ない材料で簡単にお作りいただけるので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • ごはん・・・300g
  • 豚バラ肉 (薄切り)・・・150g

-----タレ-----

  • しょうゆ・・・大さじ2
  • みりん・・・大さじ1
  • 酒・・・大さじ2
  • 砂糖・・・大さじ1
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • サラダ油・・・大さじ1
  • 長ねぎ・・・15cm
  • 水 (さらす用)・・・適量

作り方

1.長ねぎは千切りにし、水に10分程さらします。
2.豚バラ肉は5cm幅に切ります。
3.フライパンでサラダ油を熱します。温めている間にボウルにタレの材料を入れ混ぜ合わせます。
4.3のフライパンに2を入れ、強火で焼きます。焼き色がついて火が通ったら3のタレを入れます。全体にタレが絡んだら火から下ろします。
5.器にごはん、4を盛り、水気を切った1を乗せたら完成です。

3.ピリッとコク旨 豚丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ピリッと辛い、コク旨豚丼をご紹介します。甘辛いタレには豆板醤で辛味を加え、豚バラ肉の旨味と相性抜群です!ごはんがモリモリ進む味つけで、ガッツリ食べたいときにぴったりの一品ですよ。卵黄を割ると少しマイルドになるので、味の変化を楽しむのもおすすめです。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 豚バラ肉 (スライス)・・・200g
  • 玉ねぎ・・・1/2個
  • (A)酒・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・大さじ2
  • (A)豆板醤・・・小さじ1
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1
  • ごま油・・・大さじ1

-----トッピング-----

  • 卵黄・・・1個
  • かいわれ大根・・・適量
  • 紅生姜・・・適量

作り方

準備.かいわれ大根は根元を切り落としておきます。
1.玉ねぎは5mm幅に切ります。
2.豚バラ肉は3cm幅に切ります。
3.中火で熱したフライパンにごま油をひき、1、2を入れて炒めます。
4.豚バラ肉に火が通ったら、(A)を入れて中火で炒め合わせます。全体に味がなじんだら火から下ろします。
5.丼にごはんをよそい、4を盛り付け、トッピングをのせて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ