2022.9.4

「納豆の賞味期限せまってない?」消費にも助かる“絶品おかず”レシピ5選

ネバネバと、独特の味わいがおいしい納豆。しかし、食べきれず余ってしまった…ということもありますよね。今回は、消費にもおすすめな「納豆おかず」のレシピをご紹介します。いくらでも食べられる納豆餃子や、ふわとろ納豆つくねなど、納豆を存分に楽しめるメニューをピックアップしました!

1.油揚げのネギ納豆はさみ焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

節約料理としても重宝する、油揚げのネギ納豆はさみ焼きのご紹介です。納豆やチーズ、調味料などを混ぜたら油揚げに詰め、フライパンで焼きあげた一品。一口噛めば、ジュワっと油揚げの旨味と納豆の深い味わいがあふれ出し、やみつきになるおいしさです。豆板醤の辛味も効いていて、ごはんもお酒も進みますよ。

材料(2人前)

  • 油揚げ・・・2枚

-----ネギ納豆-----

  • 長ねぎ・・・1本
  • 納豆・・・2パック
  • ピザ用チーズ・・・40g
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)みそ・・・小さじ2
  • (A)豆板醤・・・小さじ1
  • ごま油・・・大さじ1
  • のり (刻み)・・・適量

作り方

1.長ねぎは小口切りにします。
2.油揚げは菜箸を転がし、中を開きやすくしたら1辺を切ります。
3.ボウルに1、納豆、ピザ用チーズ、(A)を入れて混ぜ合わせ、2の中に入れ、爪楊枝で閉じます。
4.中火で熱したフライパンにごま油の半量をひき3をのせ、こんがりと焼き色がついたら裏返します。
5.残りのごま油を回し入れ、中火でこんがりと焼き色をつけたら火からおろします。
6.食べやすい大きさに切り分け、刻みのりをかけて完成です。

2.ふわふわ 納豆ねぎ焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

おつまみにもぴったり!ふわふわ卵の納豆ねぎ焼きのご紹介です。納豆と長ねぎ、卵などを混ぜ合わせたら、フライパンでこんがり焼くだけ。香ばしさと納豆の風味、マヨネーズのコクがあいまって、やみつきになるおいしさです。付属のタレを使うので、味つけはとてもシンプル。長ねぎと小口ねぎ、ダブルの食感が楽しめます。

材料(2人前)

  • 納豆・・・1パック
  • (A)付属のタレ (納豆)・・・1袋
  • (A)付属のからし (納豆)・・・1袋
  • 長ねぎ・・・1本
  • 卵 (Mサイズ)・・・2個
  • マヨネーズ・・・大さじ1
  • サラダ油・・・大さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.長ねぎは小口切りにします。
2.ボウルに卵、マヨネーズを加えて溶きほぐし、納豆、(A)、1を加え、ふんわりと混ぜ合わせます。
3.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、2を流し入れ、こんがりと焼き色がついたら裏返します。
4.中火のまま5分程焼き、こんがりと焼き色がつき、中まで火が通ったら火から下ろします。
5.器に盛り付け、小ねぎを散らして完成です。

3.ゆず胡椒風味 ふわとろ納豆つくね

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ピリッとした刺激がクセになる、ふわとろ納豆つくねはいかがでしょうか。粗みじん切りにした長ねぎとミョウガ、鶏ひき肉、調味料をこねたら、納豆を混ぜてごま油で香ばしく焼きました。納豆を加えることで、ふわっとした食感に仕上がり絶品です!ゆず胡椒の風味もよく、ごはんにもお酒にも合いますよ。

材料(2人前)

  • 鶏ひき肉・・・150g
  • 納豆・・・1パック
  • 長ねぎ・・・10cm
  • ミョウガ・・・1個
  • (A)片栗粉・・・大さじ1
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ1
  • (A)ゆず胡椒・・・小さじ2
  • (A)付属のタレ (納豆)・・・1袋
  • (A)付属のからし (納豆)・・・1袋
  • ごま油・・・小さじ2

-----添え物-----

  • 大葉・・・2枚
  • しょうゆ・・・大さじ1

作り方

1.長ねぎ、ミョウガは粗みじん切りにします。
2.ボウルに鶏ひき肉、1、(A)を入れて捏ね、納豆を加えてふんわりと混ぜ合わせます。
3.中火で熱したフライパンにごま油をひき、2をスプーンで1/6量ずつすくい入れ、直径5cmほどの円形に整えます。
4.中火のまま8分程焼き、両面にこんがりと焼き色がつき、中まで火が通ったら火から下ろします。
5.器に大葉、4を盛り付け、しょうゆを添えて完成です。

4.納豆好きにはたまらない ポテトコロッケ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

あと引くおいしさの、納豆入りポテトコロッケを作ってみませんか。電子レンジで加熱したじゃがいもを潰し、玉ねぎと調味料、納豆を加え、衣をつけて揚げました。シンプルな味つけが納豆の旨味を引き立て、やみつきになるおいしさに!お肉を入れなくても食べごたえ十分な一品です。

材料(2人前)

  • じゃがいも (計300g)・・・3個
  • 玉ねぎ・・・30g
  • 納豆・・・2パック
  • (A)付属のタレ (納豆)・・・2袋
  • (A)付属のからし・・・2袋

-----衣-----

  • 薄力粉・・・大さじ2
  • 溶き卵 (Mサイズ)・・・1個分
  • パン粉・・・40g
  • 揚げ油・・・適量
  • キャベツ (千切り)・・・20g
  • しょうゆ・・・大さじ1

作り方

準備.じゃがいもは芽を取り皮をむいておきます。
1.じゃがいもは一口大に切ります。
2.玉ねぎは粗みじん切りにします。
3.耐熱ボウルに1を入れてラップをし、600Wの電子レンジで5分加熱します。
4.熱いうちにフォークで潰し、2、(A)を加えて混ぜ合わせ、粗熱が取れたら納豆を加えて混ぜ、4等分にし、丸く成形します。
5.薄力粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけます。
6.フライパンの底から3cm程揚げ油を注ぎ180℃に熱し、4を入れ5分程揚げ、全体がきつね色になったら油切りをします。
7.キャベツをのせた器に盛り付け、しょうゆを添えて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

5.納豆餃子

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

いくらでも食べられる、納豆餃子のレシピです。旨味たっぷりの豚ひき肉に納豆を加えた餃子は、とってもジューシー。付属のタレとからし、ポン酢で味つけしているので、さっぱりと食べられます。モチモチとした餃子の皮と、ネバネバとした納豆で、食感の違いも楽しめますよ。白いごはんのおかわり必至な一品です。

材料(2人前)

  • 餃子の皮・・・10枚
  • 水 (のり用)・・・適量
  • 豚ひき肉・・・150g
  • 納豆・・・1パック
  • (A)付属のタレ・・・1袋
  • (A)付属のからし・・・1袋
  • (A)ポン酢・・・小さじ2
  • お湯 (蒸す用)・・・50ml
  • サラダ油・・・大さじ1

作り方

1.ボウルに豚ひき肉、納豆、(A)を入れてよく混ぜ合わせます。
2.餃子の皮の縁に水を付け、1を1/10ずつのせて包みます。
3.フライパンに2を並べて中火で熱し、お湯を注ぎ、蓋をして火が通るまで5分ほど蒸し焼きにします。
4.蓋を外してサラダ油を回し入れ、中火のまま2分ほど焼き、焼き色が付いたら火から下ろします。
5.器に盛り付けて出来上がりです。

賞味期限が切れる前に!納豆レシピをマスターしよう

いかがでしたか。今回は、消費にも助かる、納豆のおかずレシピをご紹介しました。一年中手に入り、コスパもよい納豆は、家計のうれしい味方。そのまま食べるのはもちろん、焼いたり蒸したり、さまざまな調理方法で楽しめるのも納豆の魅力です。ぜひ、お好みの納豆レシピを見つけてみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ