2022.10.22

「すべて2人前300円以下!」食費を抑えられる“コスパおかず”レシピ5選

さまざまな食品が値上がりする中、少しでも節約をしたいというご家庭は多いですよね。そこで今回は、食費を抑えられる「コスパおかず」をご紹介します。トマトジュースを使った鶏肉の煮込みや、はんぺんでかさ増しした塩つくね、豆腐入りのジューシーなメンチカツなどをピックアップ。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.鶏肉の味噌トマトジュース煮込み

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

トマトジュースで手軽に作れる、鶏肉の味噌トマト煮をご紹介します。トマトジュースの程よい酸味が、旨味たっぷりのジューシーな鶏もも肉をさっぱりとした味わいに。みそを加えることで旨味とコクが増し、鶏肉のおいしさを引き立てますよ。みその量は調整していただき、お好みの味に仕上げてくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏もも肉・・・350g
  • 塩こしょう (下味用) ・・・ふたつまみ
  • 玉ねぎ・・・60g
  • ニンニク・・・1片

調味料

  • トマトジュース (無塩) ・・・150ml
  • 料理酒・・・大さじ1
  • みそ・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・ひとつまみ
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • イタリアンパセリ・・・適量

作り方

準備.イタリアンパセリはみじん切りにしておきます。
1.玉ねぎはみじん切りにします。
2.ニンニクはみじん切りにします。
3.鶏もも肉は一口大に切ったら、塩こしょうを振り下味をつけます。
4.鍋にオリーブオイルと2を入れ中火で熱し、ニンニクの香りが立ったら、1を入れ炒めます。
5.玉ねぎが透き通ってきたら、中火のまま3を入れ、両面を焼きます。
6.焼き色がついたら中火のまま、調味料の材料を入れ、蓋をして5分程煮込みます。
7.鶏もも肉に火が通ったら塩こしょうで味をととのえ、火から下ろします。
8.器に盛り、イタリアンパセリを散らして完成です。

2.はんぺんでかさ増し 大葉と梅のふんわり塩つくね

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ふんわり食感がクセになる、はんぺん入りの塩つくねはいかがでしょうか。大葉の爽やかな風味と梅の酸味がアクセントになり、お箸が止まらないおいしさ。肉だねにはんぺんを加えることでかさ増しになり、ひき肉が少量でも満足感のある仕上がりになりますよ。おつまみにもぴったりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏ひき肉・・・150g
  • はんぺん・・・100g
  • 大葉・・・5枚
  • 梅干し・・・1個
  • (A)片栗粉・・・大さじ1
  • (A)サラダ油・・・小さじ2
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ2
  • (B)料理酒・・・大さじ2
  • (B)白いりごま・・・小さじ1
  • (B)塩・・・小さじ1/4
  • サラダ油・・・大さじ1
  • 小ねぎ (小口切り) ・・・適量
  • 大葉・・・1枚

作り方

準備.大葉は軸を取り除いておきます。梅干しは種を取り除いておきます。
1.大葉はみじん切りにします。梅干しは包丁で叩いてペースト状にします。
2.ボウルに鶏ひき肉、はんぺん、1、(A)を入れます。
3.はんぺんを手でつぶしながらよく混ぜ、8等分に丸めます。
4.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、3を入れて焼きます。表面に焼き色がついたら(B)を入れ、蓋をして5分加熱します。中まで火が通ったら火から下ろします。
5.器に大葉を敷き、4を盛り付け、小ねぎを散らして完成です。

3.ボリューム抜群 キャベツの豚肉巻きレンジ蒸し

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ボリューム満点!キャベツで作る豚肉巻きのレシピです。薄切り肉にキャベツを巻いて電子レンジで加熱するだけなので、とっても簡単!火を使わずに作れるので、忙しい日のメインにおすすめですよ。香味野菜たっぷりのごまダレで、ジューシーな豚バラ肉もさっぱりといただけます。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 豚バラ肉 (薄切り、9枚) ・・・250g
  • (A)塩・・・小さじ1/4
  • (A)粗挽き黒こしょう・・・小さじ1/4
  • キャベツ・・・250g
  • 水 (さらす用) ・・・適量
  • 料理酒・・・大さじ2

香味ごまダレ

  • 長ねぎ・・・1/3本
  • ミョウガ・・・1個
  • 水 (さらす用) ・・・適量
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • 酢・・・大さじ1
  • 砂糖・・・小さじ1
  • すりおろし生姜・・・小さじ1
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • 白いりごま・・・大さじ1/2

作り方

1.キャベツは千切りにして水に3分ほどさらし、水気を切ります。
2.長ねぎはみじん切りにします。ミョウガは薄い輪切りにして水に5分ほどさらし、水気を切ります。
3.豚バラ肉に(A)をかけ、1をのせて巻きます。
4.巻き終わりを下にして耐熱皿に並べ、料理酒を回し入れます。ふんわりラップをかけ、豚バラ肉に火が通るまで500Wの電子レンジで5〜6分加熱します。
5.ボウルに2と残りの香味ごまダレの材料を入れて混ぜ合わせます。
6.お皿に4を盛り付け、5をかけて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

4.細切りポテトと鶏肉の節約ガーリックバター炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

節約食材のじゃがいもでかさ増し!鶏肉のガーリックバター炒めのご紹介です。細切りにしたじゃがいもにジューシーな鶏肉の旨味が絡んで、とてもおいしいですよ。ニンニクの風味とバターのコクが食欲をそそり、ごはんがすすみます。手に入りやすい材料で簡単に作れるので、今晩のおかずにいかがでしょうか。

材料(2人前)

  • 鶏もも肉・・・250g
  • じゃがいも・・・2個
  • 水 (さらす用) ・・・適量
  • ニンニク・・・1片
  • 有塩バター・・・20g
  • 塩こしょう・・・少々
  • パセリ (乾燥) ・・・適量

作り方

準備.じゃがいもは皮を剥き、芽を取っておきます。
1.じゃがいもを細切りにし、水を入れたボウルにさらし、水気を切ります。
2.ニンニクを薄切りにします。
3.鶏もも肉を一口大に切ります。
4.フライパンを中火に熱し、バターを入れて1と2を炒めます。
5.火が通ったら3を加えて塩こしょうをしてさらに炒めます。
6.鶏もも肉に火が通ったら器に盛り、パセリをかけて完成です。

5.豆腐入りメンチカツ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

豆腐でボリュームアップ!サクサクのメンチカツを作ってみませんか。牛豚合びき肉に木綿豆腐を加えることで、かさ増しになるだけでなくふんわりとした食感に仕上がりますよ。豆腐をしっかり水切りするのが、きれいに成形するコツです。節約したいけれどしっかり食べたい日に、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

肉だね

  • 牛豚合びき肉・・・150g
  • 木綿豆腐・・・100g
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • 溶き卵・・・1/2個分
  • パン粉・・・大さじ2
  • しょうゆ・・・大さじ1/2
  • 塩・・・ふたつまみ
  • 黒こしょう・・・ふたつまみ

  • 薄力粉・・・大さじ3
  • 溶き卵・・・1/2個分
  • パン粉・・・30g
  • 揚げ油・・・適量
  • ベビーリーフ・・・10g
  • トマト・・・1/4個

作り方

準備.トマトはヘタを取り、縦半分に切ります。
1.木綿豆腐はキッチンペーパーで包み、重しを乗せて冷蔵庫に30分ほど置き、水気を切ります。
2.玉ねぎはみじん切りにします。
3.ボウルに1を手で一口大にちぎって入れ、残りの肉だねの材料を入れ、粘りが出るまで手でよく捏ねます。2等分にし、小判型に成形します。
4.バットに衣の材料をそれぞれ入れ、薄力粉、溶き卵、パン粉の順に衣を付けます。
5.フライパンの底から3cmほどの高さまで揚げ油を入れ、170℃に熱します。4を入れて、火が通るまで6分ほど揚げたら油を切ります。
6.お皿に5を盛り付け、ベビーリーフ、トマトを添えて出来上がりです。

コスパ食材を活用して、おいしく節約しよう

いかがでしたか。食費を抑えられるコスパのよいおかずレシピをご紹介しました。はんぺんや豆腐などのお財布にやさしい食材を上手に活用することで、おいしく食べながら節約も叶えることができます。ぜひご紹介したレシピを参考にしていただき、毎日の食事づくりにお役立てくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ