2021.12.21

ダイエット中にうれしい!罪悪感なしの低カロリー“おやつ”レシピ5選

ダイエット中は甘い物を控える方も多いのではないでしょうか。でも、ダイエットをしていてもスイーツを食べたくなるときはありますよね。

そこで今回は、ダイエット中でも食べられる低カロリーなおやつのレシピをご紹介します。冷やして揉むだけのフローズンはちみつレモンヨーグルトや、素朴な味わいのおとうふカスタードプリンなど、ダイエット中でも罪悪感を感じず食べられるスイーツのレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.豆乳のパンナコッタ風

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

とろとろ食感の、豆乳のパンナコッタ風をご紹介します。パンナコッタを作るとき、一般的には牛乳や生クリームを使いますが、今回は豆乳で作りました。さっぱりとした味わいとやさしい甘さでとってもおいしいですよ。今回は無調整豆乳を使用しましたが、調整豆乳でも同様にお作りいただけます。材料も少なくとても簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前(容量200mlのグラス))

  • 無調整豆乳・・・300ml
  • 三温糖・・・40g
  • 粉ゼラチン・・・5g
  • 水 (ふやかす用)・・・15ml
  • 黒蜜・・・大さじ2

作り方

1.水に粉ゼラチンを加え混ぜ合わせ、10分程置いてふやかします。
2.鍋に無調整豆乳、三温糖を加えて中火で熱し、沸騰直前まで加熱したら火から下ろします。
3.1を加えて混ぜ合わせ溶かします。
4.器に注ぎ、ラップをかけて粗熱が取り、冷蔵庫で2時間冷やします。
5.固まったらラップを外し、黒蜜をかけて完成です。

2.もむだけ フローズンはちみつレモンヨーグルト

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

冷やして揉むだけ!フローズンはちみつレモンヨーグルトを作ってみましょう。はちみつレモンの風味をつけたヨーグルトを凍らせてアイスにしました。さっぱりとした味わいで、食後のデザートにもおすすめです。凍らせる途中に一度冷凍庫から出して揉むことで、なめらかな食感に仕上がります。とっても簡単にお作りいただけるので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 無糖ヨーグルト・・・200g
  • (A)レモン汁・・・大さじ2
  • (A)砂糖・・・大さじ1

-----トッピング-----

  • はちみつ・・・大さじ1
  • ミント・・・適量

作り方

1.冷凍用ジッパー付き保存袋に無糖ヨーグルト、(A)を入れて揉み、冷凍庫で2時間ほど冷やし固めます。
2.固まってきたらよく揉みほぐしてなじませ、さらに1時間ほど冷やし固めます。
3.しっかりと固まったら器に盛り付け、はちみつをかけ、ミントをのせて完成です。

※こちらのレシピは、はちみつを使用しております。 1歳未満(乳児)のお子様はお召し上がりにならないようご注意ください。 はちみつは、砂糖でも代用できます。それぞれ種類によって甘さが異なりますのでお好みで調整してください。

3.おとうふカスタードプリン

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

素朴な味わいの、おとうふカスタードプリンを作ってみましょう。豆腐の風味を活かしたやさしい甘さの一品です。蒸し器やオーブンを使わず、ゼラチンで固めるのでとっても簡単にお作りいただけます。ゼラチンは沸騰させると固まりにくくなり、牛乳は加熱のしすぎで分離することもあるので、火加減をうまく調節することがおいしく作るポイントです。ぜひ挑戦してみてくださいね。

材料(2人前)

  • 絹ごし豆腐・・・150g
  • 卵黄 (Mサイズ)・・・1個
  • 砂糖・・・大さじ2
  • 牛乳・・・50ml
  • 粉ゼラチン・・・5g
  • 水 (ふやかす用)・・・大さじ1
  • バニラエッセンス・・・2滴

-----トッピング-----

  • ミント・・・適量

作り方

準備.絹ごし豆腐は水気を切っておきます。
1.水を入れたボウルに粉ゼラチンをふるい入れ、ふやかします。
2.フードプロセッサーに絹ごし豆腐を入れて、なめらかになるまで撹拌します。
3.鍋に牛乳を入れて弱火で温め、沸騰直前で火から下ろし、温かいうちに1を入れて溶かし、粗熱を取ります。
4.ボウルに2、卵黄、砂糖、バニラエッセンスを入れて泡立て器で混ぜ、3を加えてさらによく混ぜます。
5.器に入れて冷蔵庫で1時間ほど冷やし、ミントを添えて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ