2021.9.9

ついついもう1本食べちゃう!鶏手羽中の“かんたん主菜”レシピ5選

口の中でほろほろほどける食感が魅力の「手羽中」。スーパーで気軽に手に入るこの食材を使った簡単レシピを覚えておけば、食卓の強い味方になりますよね。

そこで今回は、手羽中のシンプルな塩焼きや、甘辛照り焼き、味の染みた煮物など、簡単に作れるものをピックアップしました!ぜひチェックしてみてくださいね。

1.ついつい手がのびちゃう!手羽中の塩レモンペッパー焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

皮のパリッとした食感とお肉のジューシーさがおいしい手羽中塩レモンペッパー焼きのご紹介です。ポイントはしっかりと焼き目をつけること!香ばしさが加わって、食べ出したら止まらない一品に仕上がります。お酒にも合う味つけなので、今夜のおつまみにもぴったりですよ!手羽中を漬け込んでフライパンで焼くだけという簡単メニューなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏手羽中・・・200g
  • 生姜・・・10g
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ2
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・少々
  • 黒こしょう・・・小さじ1/4
  • レモン汁・・・小さじ1

作り方
準備.生姜は皮をむいておきます。
1.生姜は粗みじん切りにします。
2.ボウルに鶏手羽中を入れて1、(A)を入れてなじませ、常温で10分ほど置き、味をなじませます。
3.フライパンを中火で熱し、2を入れて焼きます。
4.鶏手羽中に火が通ったら塩こしょうを入れて、黒こしょうをふり、レモン汁を回しかけ、火から下ろします。器に盛り付けて完成です。

2.カリッとジューシー 鶏手羽中の塩焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

にんにくが隠し味のシンプルな手羽中の塩焼きです。本当に簡単にできるので、野外のバーベキューなどにもぴったり!味つけは料理酒と塩こしょうとすりおろしニンニクに手羽中をつけておくだけというシンプルなもの。両面をこんがり焼いたら仕上げにレモンをしぼるのがポイントです。さっぱりとした味わいがクセになりますよ。

材料(2人前)

  • 鶏手羽中(計300g)・・・ 15本
  • (A)料理酒・・・大さじ1/2
  • (A)塩こしょう・・・小さじ1/3
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • サラダ油・・・小さじ2

-----トッピング-----

  • レモン (くし切り)・・・1/8個
  • パセリ (生)・・・適量

作り方
1.ボウルに鶏手羽中、(A)を入れて混ぜ合わせます。
2.フライパンにサラダ油をひいて中火で熱し、1を入れ、両面を4分ずつ焼きます。
3.鶏手羽中の中まで火が通ったら、火から下ろします。器に盛り付け、トッピングを添えて完成です。

3.じゃがいもと鶏手羽中の煮物

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ほくほくしたじゃがいもとジューシーな手羽中の煮物をご紹介します。こちらのレシピのポイントは電子レンジを使用することで時短ができること。忙しい日でも味の染みた煮物が食べられるのはうれしいですね。先に手羽中に焼き色をつけることで旨みを閉じ込めています。また、手羽中の旨みが染みたじゃがいもも絶品ですよ。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏手羽中・・・4本
  • じゃがいも(計400g)・・・2個
  • 絹さや・・・5枚
  • 水・・・350ml
  • (A)しょうゆ・・・大さじ2
  • (A)みりん・・・大さじ2
  • (A)砂糖・・・大さじ1
  • サラダ油・・・大さじ1

作り方
準備.じゃがいもは皮をむき、芽を取り除いておきます。 絹さやは筋を取っておきます。
1.じゃがいもは4等分に切ります。耐熱ボウルに入れラップをし、600Wの電子レンジで5分加熱します。
2.中火に熱したフライパンににサラダ油をひき、鶏手羽中に焼き色がつくまで5分程焼き、1を加え炒めます。
3.じゃがいもに油が回ったら、中火のまま、水、(A)を加えます。ひと煮立ちしたら落とし蓋をして中火で10分程煮込みます。
4.鶏手羽中に火が通ったら、絹さやを入れ、中火のまま1分ほど加熱して、火から下ろします。
5.器に盛りつけ、完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ