最終更新日 2021.11.25

「野菜にやみつきになっちゃう!」お箸が止まらない無限レシピ5選

あまりのおいしさで野菜がどんどん食べられてしまう無限レシピ。簡単調理なのにいろいろな野菜がおいしく食べられるので、SNSでも大人気ですよね。

今回は、野菜にやみつきになっちゃうほどおいしく食べられる無限レシピをご紹介します。にんじん1本を丸ごと使った無限にんじんや、ごはんがモリモリ進む無限ピーマンなど、いろいろな野菜を使った無限レシピをピックアップしました。お箸が止まらなくなるおいしさなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.1本丸ごと食べられる 無限にんじん

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

にんじんがどんどん食べられる無限にんじんをご紹介します。こちらのレシピでは、にんじんを丸ごと1本使います!千切りにして電子レンジで加熱したにんじんを、ツナやすりごま、かつお節などで和えて、香ばしさとコクのある一品に仕上げました。風味豊かな味わいなので、にんじんがペロリと食べられますよ。にんじんを大量消費したいときにも、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • にんじん (120g)・・・ 1本
  • ツナ油漬け (正味量・50g)・・・ 1缶
  • (A)白すりごま・・・ 大さじ2
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・ 大さじ1
  • (A)ごま油・・・ 大さじ1
  • (A)砂糖・・・ 大さじ1/2
  • (A)かつお節・・・ 5g

作り方

1.にんじんは皮をむき、ヘタを切り落とし、長さ5cmの千切りにします。
2.耐熱ボウルに1を入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで2分加熱します。
3.ツナ油漬け、(A)を加えて混ぜ合わせ、お皿に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら、必要に応じて加熱時間を調整し加熱してください。

2.止まらない!やみつき無限ピーマン

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

無限レシピの元祖といえば無限ピーマンですよね。その無限ピーマンをさらにアレンジし、かつお節とマヨネーズでコクと旨みをアップ!しっかりした味つけで、ごはんがモリモリ進みますよ。鶏ささみを使っているのでボリュームもあります。電子レンジのみで簡単にお作りいただけますので、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

材料(2人前)

  • ピーマン・・・4個
  • 鶏ささみ・・・2本
  • 料理酒・・・大さじ1
  • (A)かつお節・・・3g
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ2
  • (A)めんつゆ(2倍濃縮)・・・大さじ1
  • (A)ごま油・・・小さじ2
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1

作り方

準備.ピーマンは縦半分に切り、ヘタと種を取り除いておきます。 鶏ささみは筋を取り除いておきます。
1.耐熱ボウルに鶏ささみ、料理酒を入れてふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで鶏ささみに火が通るまで3分ほど加熱します。粗熱を取り、手で割きます。
2.ピーマンは細切りにします。別の耐熱ボウルに入れてふんわりとラップかけ、電子レンジで2分ほど加熱します。
3.1、(A)を加えて和え、器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.シャキシャキ 無限小松菜

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

小松菜のシャキシャキした食感が楽しめる無限小松菜はいかがでしょうか。小松菜とツナをごま油や鶏ガラスープの素などで、中華風の味つけにしました。食感がよくニンニクの香りも食欲をそそり、お箸が止まらなくなるおいしさです。電子レンジで手軽にお作りいただけますので、あと一品欲しいときにも重宝します。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 小松菜・・・200g
  • ツナ油漬け (正味量)・・・50g
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ2
  • (A)白いりごま・・・小さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1

作り方

1.小松菜は根元を切り落とし、3cm幅に切ります。
2.耐熱ボウルに入れ、上下を空けてラップをかけ、600Wの電子レンジでしんなりするまで3分加熱します。
3.ツナ油漬け、(A)を加えて味がなじむまで和えます。
4.お皿に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら、必要に応じて加熱時間を調整し加熱してください。

人気のカテゴリ