2019.3.26

濃厚な味わいがたまらない!ブルーチーズを使った簡単レシピ7選

そもそもブルーチーズとは?

ブルーチーズとは、牛乳や羊乳を使い青カビによって熟成させた、ナチュラルチーズのことです。カマンベールチーズは、白カビを使って表面にカビが繁殖していきますが、ブルーチーズの場合は、内部にカビが繁殖していくため、見た目が大理石のように見えるのです。

ブルーチーズにはたくさんの種類があります。その中でも「世界三大ブルーチーズ」とよばれる種類に、フランスのロックフォール、イタリアのゴルゴンゾーラ、イングランドのスティルトンがあります。

かなり塩気も強く特有の強い風味があるので、チーズ好きにはたまらない濃厚な味わいが楽しめるチーズといえるでしょう。ここからは、ブルーチーズを使った濃厚レシピをご紹介していきます。

チーズ好きなら絶対に食べたい!濃厚カルボナーラ

こちらのカルボナーラは、生クリームのクリーミーな味わいがおいしいカルボナーラのソースに、ブルーチーズと粉チーズのダブルチーズを加えて濃厚に仕上げました。キノコを使うのでさらに旨みが凝縮されて、ランチやディナーにも満足度の高いパスタです。ワインと一緒にお召し上がりください。

ランチのお供にぴったりなブルーチーズのタルティーヌ

こちらのレシピは、カットしたライ麦パンにブルーチーズとクルミを乗せて、はちみつをかけるだけのお手軽なランチメニューです。パンとクルミの香ばしい風味に、濃厚なブルーチーズがよく合い食欲をそそります。香り高い紅茶と一緒に、ランチタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。お子さまが食べるときは、はちみつをいちごジャムに変えてもお召し上がりいただけます。

人気のカテゴリ