2022.6.2

「10分であっという間に完成!」クタクタな日に助かる“おかず”レシピ5選

仕事のあとや忙しいときは、パパッと手軽に料理を済ませたいですよね。そこで今回は、10分であっという間に完成する「おかずレシピ」をご紹介します。ご飯がすすむ豚バラきのこ炒めや電子レンジで作るふわふわ鶏団子や鶏ささみとキャベツのレンジ蒸しなど、バリエーション豊かにピックアップしました!ぜひチェックしてくださいね。

1.ご飯がすすむ 豚バラきのこ炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

がっつり食べたいときは、豚バラきのこ炒めがおすすめです!石づきを落として切ったきのこと豚バラブロック肉をさっと炒めて、マヨネーズ、焼肉のタレで味つけしました。マヨネーズと焼肉のタレで濃厚な味わいに仕上がり、白いごはんがどんどん進みますよ。3種類のきのこで食感もよく、食べごたえもばっちりです。

材料(2人前)

  • 豚バラブロック肉・・・100g
  • えのき・・・70g
  • しめじ・・・50g
  • しいたけ・・・2個
  • マヨネーズ・・・大さじ1
  • 焼肉のタレ・・・大さじ1

作り方

1.えのきは石づきを切り落とし、3cm幅に切ります。しめじは石づきを切り落とし、手でほぐします。しいたけは石づきを切り落とし、軸とかさを薄切りにします。
2.豚バラブロック肉は5mm幅に切ります。
3.中火で熱したフライパンに2を入れて炒めます。火が通ったら1、マヨネーズを入れて1分程炒め、焼き肉のタレを加えて炒め合わせ、火から下ろします。
4.お皿に盛り付けて完成です。

2.簡単!鮭の味噌マヨレンジ蒸し

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

白いごはんと相性抜群の、鮭の味噌マヨレンジ蒸しをご紹介します。ボウルで混ぜた調味料を鮭にぬり、手でほぐしたきのこと一緒に電子レンジで加熱するだけ!味噌とマヨネーズのコク、鮭の旨味がマッチし、たまらないおいしさです。きのこは3種類使うことで香りもよく、食感も楽しめますよ。ビールのお供にもぴったりです。

材料(1人前)

  • 鮭の切り身 (100g)・・・1切れ
  • しめじ (50g)・・・1/2パック
  • エリンギ (50g)・・・1/2パック
  • まいたけ (100g)・・・1パック
  • (A)味噌・・・大さじ1/2
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・小さじ1
  • (A)ごま油・・・小さじ1
  • (A)七味唐辛子・・・小さじ1/4
  • 塩こしょう・・・少々
  • 料理酒・・・大さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.しめじ、まいたけは石づきを切り落としておきます。
1.しめじ、まいたけ、エリンギは手でほぐします。
2.ボウルに(A)を入れて、よく混ぜ合わせます。
3.耐熱容器に鮭の皮面を上にして入れ、2を塗り、1をのせます。
4.塩こしょう、料理酒を加えて、ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで5分半加熱します。
5.鮭に火が通ったら、小ねぎを散らして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.レンジで簡単 ふわふわ鶏団子

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ころんとした見た目がかわいい、ふわふわ鶏団子はいかがでしょうか。豚ひき肉 やはんぺん、調味料すべてを混ぜて丸めたら、あとは電子レンジにおまかせ。鶏ひき肉と鶏ガラスープの素の旨味にマヨネーズのコクが効いて、いくらでも食べられるおいしさです。はんぺんを加えることでふわふわとした食感になり、お子さまでも食べやすいですよ。

材料(2人前)

  • 鶏ひき肉・・・200g
  • はんぺん (50g)・・・1/2枚
  • (A)片栗粉・・・大さじ2
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ1
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ1/2

-----添え物-----

  • グリーンリーフ・・・2枚

作り方

1.ボウルに鶏ひき肉、はんぺん、(A)を入れはんぺんを潰しながらよくこねます。
2.全体がしっかりと混ざったら一口大に丸めます。
3.耐熱皿にのせてふんわりとラップをし、600Wの電子レンジで火が通るまで5分ほど加熱します。
4.グリーンリーフと一緒に皿に盛り付けてできあがりです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ