2022.5.18

節約メニューが知りたい!ささっと作れてコスパ抜群な“厚揚げ”レシピ5選

口に含むとジュワっと広がる旨味がたまらない「厚揚げ」。節約にも助かる食材ですよね。そこで今回は、ささっと作れてコスパも抜群な厚揚げレシピをご紹介します。甘辛焼きや煮びたし、コチュジャン炒めなど、厚揚げを存分に味わえるレシピをピックアップしました!ぜひ、参考にしてみてくださいね。

1.鶏もも肉と厚揚げの甘辛焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

食べごたえばっちり!鶏もも肉と厚揚げの甘辛焼きをご紹介します。しょうゆや砂糖、みりんなどで味つけした鶏もも肉は、とってもジューシー。旨味が染み込んだ厚揚げと一緒に食べると、あと引くおいしさです。ごま油と白いりごまを使うことで香りもよく、ごはんが進みますよ。おつまみとしても大活躍する一品です。

材料(2人前)

  • 鶏もも肉・・・250g

-----下味-----

  • 酒・・・大さじ1
  • すりおろし生姜・・・小さじ1
  • 厚揚げ・・・1枚

-----合わせ調味料-----

  • 水・・・50ml
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • 砂糖・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • 白いりごま・・・大さじ1
  • ごま油・・・大さじ1
  • 大葉・・・2枚

作り方

準備.大葉は根元を切り落とし、千切りにしておきます。
1.厚揚げは3cm角に切ります。
2.鶏もも肉は一口大に切ってバットに移し、下味の材料を入れて手でよく揉み込み、ラップをして冷蔵庫で15分程おきます。
3.ボウルに合わせ調味料の材料を入れて、よく混ぜ合わせます。
4.中火で熱したフライパンにごま油をひき、2を入れて炒めます。色が変わってきたら1を加え焼き色がつくまで焼きます。
5.3を回し入れ、汁気が少なくなるまで中火で煮詰めます。全体に味がなじみ、鶏もも肉に火が通りったら火から下ろし、器に盛りつけ大葉をのせて出来上がりです。

2.ごはんがすすむ 厚揚げの肉味噌炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

甘めの味わいがクセになる、厚揚げの肉味噌炒めをご紹介します。噛むほどに厚揚げと豚ひき肉の旨味が口いっぱいに広がりますよ。多めに入れたきび砂糖の甘みを、すりおろし生姜がひきしめます。白いごはんにのせて、丼にするのもおすすめです。きび砂糖は、お好みの砂糖でも代用可能です。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 豚ひき肉・・・150g
  • 厚揚げ豆腐 (計300g)・・・2枚
  • 長ねぎ・・・1/2本
  • (A)きび砂糖・・・大さじ2
  • (A)しょうゆ・・・大さじ2
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1
  • 味噌・・・小さじ1
  • 水溶き片栗粉・・・小さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.長ねぎはみじん切りにします。
2.厚揚げは2cmの角切りにします。
3.鍋に豚ひき肉と(A)を入れ、よく混ぜてから中火にかけます。
4.豚ひき肉に火が通ったら、1と味噌を加えて中火のまま炒め合わせます。
5.味噌が溶けたら、2を加えて中火のまま炒め合わせます。
6.弱火にして水溶き片栗粉を回し入れ、全体にとろみが付いたら火から下ろします。
7.お皿に盛り付け、小ねぎを散らして完成です。

3.豚ばら肉と厚揚げの旨すき煮

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

豚バラ肉と厚揚げで、手軽にすき煮を作ってみませんか。切った材料を煮込み、調味料で味つけするだけのお手軽レシピ。豚バラ肉は煮る前に炒めておくことで、旨味をギュッと閉じ込めます。甘めの煮汁が食材によく絡み、とってもおいしいですよ。厚揚げのほか、えのきや長ねぎを加えているので、さまざまな食感が楽しめます。

材料(2人前)

  • 豚バラ肉・・・200g
  • 厚揚げ・・・1枚
  • えのき・・・1/2株
  • 長ねぎ・・・1本
  • 玉ねぎ・・・1/2個
  • お湯・・・300ml

-----調味料-----

  • 砂糖・・・大さじ2
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • 酒・・・大さじ2
  • みりん・・・大さじ1
  • 顆粒和風だし・・・小さじ1
  • サラダ油・・・小さじ1
  • 溶き卵・・・1個分

作り方

1.玉ねぎは薄切りにします。
2.えのきは石づきをとってほぐします。
3.厚揚げを8等分にします。
4.長ねぎを1cm幅に斜めに切ります。
5.豚バラ肉を一口大に切ります。
6.鍋にサラダ油をひき、中火で5を炒めます。
7.火が通ったらお湯を入れ、1〜4を入れて煮込み、アクが出たら取ります。
8.アクが出なくなったら調味料を入れてさらに10分煮込んだら完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ