2021.11.20

「週末はおうち飲みでリフレッシュ!」お得食材の“えのきのおつまみ”レシピ5選

食欲の秋。秋といえばきのこがおいしくなってくる季節ですよね。一年中安定した価格で手に入るのが魅力なきのこですが、旬は秋です!

今回はそんな旬のきのこの中から、えのきを使った絶品おつまみレシピをご紹介します。えのきとしめじのナムルや梅和え、ベーコン巻きなど、食欲がそそられてお酒が進むレシピをピックアップしました。お財布にもやさしいレシピばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.5分で簡単 えのきとしめじのナムル

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

5分で完成する、えのきとしめじのナムルのご紹介です。きのこを切って調味料で和え、電子レンジで加熱するだけの簡単レシピです。ニンニクとごま油の香りが食欲をそそり、お酒のおつまみにもピッタリ。黒こしょうを多めに効かせるとぐっと大人の味わいになりますよ。お好きなきのこでお作りいただけますので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • えのき・・・200g
  • しめじ・・・100g
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1/2
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • (A)塩・・・ふたつまみ
  • (A)黒こしょう・・・ひとつまみ
  • (B)白いりごま・・・小さじ1
  • (B)しょうゆ・・・小さじ1/2

-----トッピング-----

  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.えのきは石づきを切り落とし、ほぐします。

2.しめじは石づきを切り落とし、ほぐします。

3.耐熱ボウルに1、2、(A)を入れてふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで3分加熱します。

4.(B)を入れてよく混ぜます。

5.器に盛り付け、小ねぎをかけて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.電子レンジで えのきのバター醤油

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

電子レンジで簡単にお作りいただける、えのきのバター醤油のレシピをご紹介します。具材はえのきだけですが、シャキシャキとした食感が楽しめる旨みたっぷりの一品です。コクのあるバターしょうゆの味つけがクセになるおいしさですよ!最後にふりかける青のりの風味もよく、お酒が進む一品です。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • えのき・・・120g
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)有塩バター・・・10g
  • 青のり・・・適量

作り方

1.えのきは石づきを切り落とし、半分の長さに切ってほぐします。

2.耐熱ボウルに1と(A)を入れて、ふんわりとラップをかけ、しんなりするまで600Wの電子レンジで1分30秒加熱します。

3.器に盛り付け、青のりをふりかけて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.レンジで簡単 えのきの梅和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

梅の風味豊かな、えのきの梅和えのご紹介です。えのきをカットして調味料と混ぜ、耐熱容器に入れ電子レンジで加熱するだけの簡単調理。たたいた梅肉を加熱後に加えることで、フレッシュな酸味を味わえます。梅干しやめんつゆでしっかりと味が決まり、ごはんのおかずだけでなく、お酒のおつまみにも合いますよ。さっぱりとしたおつまみが欲しいときに、ぜひ試してみてくださいね。

材料(2人前)

  • えのき・・・100g
  • 梅干し・・・2個
  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1
  • 酒・・・小さじ2
  • かつお節・・・1g
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.石づきを切り落とし、3cm幅に切ります。

2.梅干しは種を取り、包丁でたたきます。

3.耐熱ボウルに1とめんつゆ、酒、かつお節を入れて、混ぜ合わせます。ラップをかけて、600Wの電子レンジで2分半加熱します。

4.2を入れ、よく混ぜて、粗熱を取ります。

5.器に盛り付けて、小ねぎを散らして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ