2021.12.22

「今日はちょっとラクしたい!」ズボラでOKな日の“丼”レシピ5選

疲れたときや忙しいときに食べるひとり飯は、パパッと手早く作れるとうれしいですよね。そんなときは、一品で満足できる簡単「丼」レシピがぴったりです。

そこで今回は、そんなズボラでいい日におすすめの、やみつき丼レシピをご紹介します。ピリ辛味がクセになる明太キムチ丼やシンプルでおいしい釜あげしらす丼、お酒のシメにも合うわさび風味の香味野菜丼などの簡単レシピをピックアップ!ぜひチェックしてみてくださいね。

1.混ぜてのせるだけ 明太キムチ丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ピリ辛味にやみつき必至!混ぜてのせるだけ 明太キムチ丼をご紹介します。ほぐした明太子と粗みじん切りにしたキムチを合わせ、トッピングと一緒にごはんにのせて仕上げました。ピリ辛で旨味たっぷりの明太子とキムチがよく合い、お箸がどんどん進みます。天かすのサクサク食感がアクセントになってクセになりますよ。手間いらずでパパッとお作りいただけますので、ぜひレシピを覚えて活用してみてくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 明太子・・・30g
  • キムチ・・・50g
  • 天かす・・・10g
  • (A)ごま油・・・小さじ1
  • (A)白いりごま・・・小さじ1/2
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量
  • 卵黄 (Mサイズ)・・・1個分

作り方

1.明太子は皮を取り除き、ほぐします。
2.キムチは粗みじん切りにします。
3.ボウルに天かす、1、2、(A)を入れて混ぜ合わせます。
4.ごはんをよそったどんぶりに3をのせ、小ねぎを散らし、卵黄をのせて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

2.簡単シンプル ごま油で釜あげしらす丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

簡単で見た目も鮮やか!ごま油の風味が香る「釜あげしらす丼」はいかがですか?ごはんの上に、大葉やしらす、小ねぎを盛りつけ、卵黄と合わせ調味料をかけました。ごま油と塩を合わせたシンプルな味つけですが、しらすの旨味がたっぷりでとてもおいしいですよ。大葉の爽やかな風味と卵黄のまろやかさが、味わい深い一品に仕上げてくれます。お酒と一緒にお楽しみいただくのもおすすめですよ。ぜひ試してみてくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・250g

-----トッピング-----

  • 釜揚げしらす・・・50g
  • 大葉・・・3枚
  • 小ねぎ (小口切り)・・・大さじ2
  • 卵黄 (Mサイズ)・・・1個
  • (A)ごま油・・・大さじ1.5
  • (A)塩・・・小さじ1/4
  • 白いりごま・・・小さじ1

作り方

1.大葉は軸を切り、5mm幅に切ります。
2.(A)を混ぜます。
3.器にごはんをよそい、1、釜揚げしらす、小ねぎを盛り付け、真ん中に卵黄をのせます。
4.2、白いりごまをかけて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

3.わさび風味の香味野菜丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ひとり飯はもちろん、お酒のシメにもぴったりな「わさび風味の香味野菜丼」を作ってみましょう!千切りにしたミョウガと長ねぎ、大葉、ツナを合わせ調味料で和えてごはんにのせました。ツナの旨味に、香味野菜と香ばしいごまの風味が合わさり後を引くほどのおいしさ!わさびのツンとした辛みがやみつきになること間違いなしの一品です。ぜひ挑戦してみてくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・180g
  • ツナ油漬け・・・40g
  • ミョウガ・・・1個
  • 長ねぎ・・・5cm
  • 水 (さらす用)・・・適量
  • 大葉・・・2枚
  • 白いりごま・・・大さじ2
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)ごま油・・・小さじ1
  • (A)わさび・・・小さじ1/2

作り方

準備.ツナは汁気を切っておきます。
1.ミョウガと長ねぎは千切りにし、水に5分程さらします。
2.大葉は軸を除いて千切りにします。
3.ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせます。
4.フライパンに白いりごまを入れて中火で煎り、香りが立ったら火から下ろします。
5.3に水気を切った1、2、ツナ油漬け、4の半量を加えて和えます。
6.器にごはんをよそい、5をのせ、残りの4をかけて完成です。

人気のカテゴリ