2021.9.24

コレだけでおかわり無限!ごはんが進む“おいしい佃煮レシピ”5選

ごはんのお供といえば「佃煮」。おかずが少ないときでも、ホカホカのごはんと佃煮があれば満足できる、おかずの救世主ですよね。でも、家で作ったことがないという方も多いのではないでしょうか。

今回は材料を煮込むだけで簡単に作れる、ごはんが進むおいしい佃煮レシピをご紹介します。定番の昆布やしらすのほかに、ベビーホタテや牡蠣を使った絶品レシピを厳選しているので、ぜひチェックして佃煮の作り方をマスターしてくださいね!

1.こんぶの佃煮

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

まずは定番のこんぶの佃煮のレシピをご紹介します。調味料はしょうゆ、砂糖、料理酒の3つだけなので、手軽にお作りいただけます。おいしく作るポイントは、乾燥した昆布を水に入れてから火にかけること。ゆっくり煮ることで昆布からだしが染み出て旨みが凝縮し、お店で売られているような味わい深い佃煮に仕上がります。おにぎりの具材にもおすすめなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 昆布 (乾燥)・・・20g
  • 水・・・300ml
  • (A)しょうゆ・・・大さじ2
  • (A)砂糖・・・大さじ1
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)白いりごま・・・小さじ2

作り方

準備.昆布は固く絞った布巾で拭いておきます。
1.昆布ははさみで1cm角に切ります。
2.フライパンに1、水、(A)を入れ中火で熱し、ひと煮立ちしたら弱火にし、汁気がなくなるまで煮込み、火から下ろします。
3.器に盛り付け、出来上がりです。

2.しらすの佃煮

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

包丁を使わずとても簡単にお作りいただける、しらすの佃煮のレシピです。材料を鍋に入れて煮詰めるだけなので、手間がかからないのもうれしい一品です。噛めば噛むほどしらすの旨みが感じられ、クセになること間違いなしですよ!甘辛い味つけでごはんの進む一品です。煮汁が少なくなったら焦げつかないように注意してくださいね。

材料(2人前)

  • しらす (釜揚げ)・・・50g
  • (A)しょうゆ・・・大さじ2
  • (A)みりん・・・大さじ1.5
  • (A)砂糖・・・大さじ1.5
  • (A)料理酒・・・大さじ1.5
  • 白いりごま・・・適量

作り方

1.鍋にしらす、(A)を入れて中火で加熱します。
2.煮立ったら弱火にして、アクを取りながら10分程煮詰めます。
3.煮汁がなくなったら火から下ろし、器に盛り付け、白いりごまをかけて完成です。

3.生姜香る 茎わかめの佃煮

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

茎わかめと生姜の佃煮は、生姜の風味とピリッとした辛みがアクセントになり、ごはんはもちろんお酒のおつまみにもぴったりな一品です。茎わかめのコリコリとした食感も楽しく、おかわり必至のおいしさです。おにぎりの具材に使うときは細かく刻むと食べやすいですよ。

材料(2人前)

  • 茎わかめ (生食用・細切り)・・・120g
  • 生姜・・・10g
  • (A)しょうゆ・・・大さじ3
  • (A)料理酒・・・大さじ3
  • (A)みりん・・・大さじ3
  • (A)砂糖・・・大さじ2
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1/4
  • 白いりごま・・・適量

作り方

準備.茎わかめは水気を切っておきます。生姜は皮を剥いておきます。
1.茎わかめは4cm幅に切ります。
2.生姜は千切りにします。
3.フライパンに1、2、(A)の材料を入れ、中火にかけます。ひと煮立ちしたら、弱火にして20分程加熱します。
4.汁気がなくなったら、火を止めます。器に盛り付けて、白いりごまを散らして完成です。

人気のカテゴリ