最終更新日 2023.3.30

「ボリューム副菜なら豆腐におまかせ!」もう一品にぴったり“おかず”レシピ5選

「ボリューム副菜なら豆腐におまかせ!」もう一品にぴったり“おかず”レシピ5選

大豆の風味と滑らかな食感が特徴の豆腐。しっかりと食べ応えもあり、献立にあと一品欲しいというときにもおすすめの食材です。

そこで、今回はボリューム副菜にぴったりの豆腐を使った、おかずレシピをご紹介します。ニンニクとバターで風味よく仕上げた豆腐ステーキや、電子レンジで作る豆腐と卵の蒸しものなど食べ応え満点の豆腐レシピをピックアップしました。がっつりと食べられる副菜が欲しいというときにおすすめなので、ぜひお試しくださいね。

1.ガーリック香る 豆腐ステーキ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

甘辛い味つけがごはんに合う!がっつりと食べられる豆腐ステーキのご紹介です。ニンニクの風味とバターのコクが食欲をそそり、パクパクと食べられますよ。豆腐の水分をしっかりと切ることで、食べ応えのある食感が楽しめます。今回は木綿豆腐を使いましたが、絹豆腐でもお作りいただけますよ。今日の晩ごはんの副菜として、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 木綿豆腐・・・400g
  • 薄力粉・・・10g

-----調味料-----

  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ3
  • みりん・・・大さじ2
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • 有塩バター・・・20g
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.木綿豆腐は横半分に切り、さらに縦6等分に切り、キッチンペーパーでしっかりと水気を拭き取ります。
2.1に薄力粉を薄くまぶします。
3.中火で熱したフライパンに有塩バターを入れ、2を焼きます。
4.こんがりと焼き色がついたら、調味料を入れ味が馴染んだら火を止めます。
5.皿に盛り付け、小ねぎを散らしたら完成です。

2.レンジで簡単 豆腐と卵のふわふわ蒸し

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

豆腐と卵で作る、ふわふわ食感がクセになる蒸しものです。泡立て器で滑らかにした豆腐と卵を混ぜて加熱することで、やわらかいふわふわっとした食感が楽しめますよ!アツアツのあんを絡めて食べれば、思わず手が止まらなくなるおいしさです。材料を混ぜて電子レンジで加熱するだけと簡単なので、忙しいときの献立の一品としてもおすすめですよ。

材料(1個分)

-----卵液-----

  • 絹ごし豆腐・・・150g
  • 卵・・・1個
  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1

-----具材-----

  • エビ (ボイル)・・・2尾
  • ちくわ・・・1本

-----あん-----

  • 水・・・150ml
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • 片栗粉・・・小さじ1
  • カニカマ・・・2本
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.カニカマは手で割きます。ちくわは3mm幅の斜め切りにします。
2.ボウルに絹豆腐を入れて泡立て器でかき混ぜ、なめらかになったら残りの卵液の材料を入れて、さらによく混ぜます。
3.耐熱容器に具材を入れて2を注ぎ、ふんわりラップをかけ、火が通るまで600Wの電子レンジで3分加熱します。
4.鍋にあんの材料を入れて中火でとろみがつくまでかき混ぜながら熱します。
5.お皿に3を盛り付けます。1のカニカマをのせ、4をかけ、小ねぎを散らして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.しっかりボリューム 豚しゃぶのせやっこ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

いつもの冷ややっこに豚しゃぶをトッピングして、ボリュームたっぷりに仕上げました。ポン酢で和えてさっぱりと仕上げた豚しゃぶが、柔らかい食感の豆腐によく合いますよ。ピリッと辛みのあるかいわれ大根と、さわやかなミョウガの風味がアクセントになり、クセになるおいしさです。豚バラ肉だけでなく、豚もも肉などお好みの部位でアレンジいただけますよ。

材料(2人前)

  • 木綿豆腐・・・200g
  • 豚バラ肉 (しゃぶしゃぶ用)・・・100g
  • お湯 (ゆで用)・・・適量
  • ミョウガ・・・1個
  • (A)ポン酢・・・大さじ2
  • (A)ごま油・・・小さじ2
  • かいわれ大根・・・10g
  • 白いりごま・・・適量

作り方

準備.かいわれ大根は根元を切り落としておきます。
1.ミョウガはみじん切りにします。
2.木綿豆腐は一口大に切ります。
3.鍋にお湯を沸かし豚バラ肉を入れ、火が通るまで1分程度ゆでお湯を切り、粗熱を取ります。
4.ボウルに3、1、(A)、を入れ味がなじむように混ぜ合わせます。
5.器に2、4、かいわれ大根をのせ白いりごまを散らしたら出来上がりです。

4.豆腐のふわとろ卵あんかけ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ふわとろ食感がたまらない豆腐の卵あんかけです。えのきやしめじなどきのこの旨みをプラスしたやさしい味わいのあんかけに、ツルッとした食感の豆腐がよく合いますよ!一味唐辛子やラー油をトッピングするのもおすすめです。できたてアツアツを食べれば、身体もポカポカ温まりますよ。寒い季節にぴったりの一品ですので、今夜の副菜にぜひプラスしてみてはいかがでしょうか。

材料(2人前)

  • 木綿豆腐・・・300g
  • しめじ・・・50g
  • えのき・・・50g
  • 溶き卵・・・1個分
  • (A)水・・・200ml
  • (A)しょうゆ・・・大さじ2
  • (A)酒・・・大さじ2
  • (A)みりん・・・大さじ2
  • 水溶き片栗粉・・・大さじ2
  • ごま油・・・大さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量
  • 一味唐辛子・・・適量

作り方

1.しめじは石づきを切り落とし、ほぐします。えのきは石づきを切り落として半分に切り、ほぐします。
2.木綿豆腐は水気を切り、16等分に切ります。
3.フライパンにごま油をひき、1を入れ、しめじがしんなりするまで中火で炒めます。
4.(A)と2を加えて混ぜます。
5.煮立ったら水溶き片栗粉を入れて、混ぜ合わせながら中火で熱します。
6.とろみが付いたら弱火にして、溶き卵をゆっくり回し入れて熱します。
7.卵が固まったら火から下ろし、お皿に盛り付け、小ねぎと一味唐辛子をふって完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

5.お手軽 揚げだし豆腐

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

フライパンで手軽に作れる揚げだし豆腐はいかがですか。片栗粉をまぶした豆腐をごま油で香ばしく焼くことで、表面がカリッとした食感に仕上がります。白だしの風味が豊かに香る調味料を絡めれば、まるで手間ひまかけて作った揚げだし豆腐のような味わいが楽しめますよ。簡単にお作りいただけますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

材料(2人前)

  • 木綿豆腐・・・200g
  • 片栗粉・・・大さじ2
  • 水・・・100ml
  • (A)白だし・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • ごま油・・・大さじ3
  • 大根・・・50g
  • 生姜・・・20g
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.大根と生姜は皮をむいておきます。
1.大根と生姜は、すりおろし、水気を切ります。
2.木綿豆腐はキッチンペーパーで包み、耐熱ボウルに入れてラップをせずに600Wの電子レンジで2分加熱し、水切りをします。
3.半分に切り、全体に片栗粉をまぶします。
4.中火で熱したフライパンにごま油をひき、3を加え、5分程焼きます。
5.全体に焼き色がついたらキッチンペーパーで余分な油を拭き取り、水、(A)を加えて弱火で5分程煮ます。煮汁が半量まで煮詰まったら火から下ろします。
6.器に盛りつけ、1、小ねぎをのせたら完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

食べ応えのある豆腐はボリューム副菜にぴったり!

いかがでしたか。献立にもう一品欲しいときにおすすめの、豆腐を使った副菜レシピをご紹介しました。淡白な味わいの豆腐は、どんな食材とも相性がよいので組み合わせる食材を選びません。水分を切るとしっかりとした食感を楽しめるので、食べ応えも抜群です。豆腐を使ったボリューム副菜を、今夜の献立の一品に加えてみてはいかがでしょうか。

人気のカテゴリ