2021.9.26

子どもが喜ぶこと間違いなし!味つけ簡単“炊き込みごはん”レシピ5選

毎日の献立作りに悩んだときは、さまざまな具材が入って一品で大満足できる「炊き込みごはん」を作ってみてはいかがでしょうか。特に子どもは、ごはんに味がついているとパクパク食べてくれることもありますよね。

そこで今回は、簡単にお作りいただける炊き込みごはんのレシピをご紹介します。さつまいもやコーンなど子どもに人気の食材を使った炊き込みごはんや、炊飯器で作れるピラフやチャーハンなどのレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.さつまいもとベーコンの炊き込みごはん

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

これからの季節にぴったりの、さつまいもとベーコンの炊き込みごはんを作ってみましょう!ベーコンの塩気がさつまいものやさしい甘さを引き立てて、アクセントとなる黒こしょうとの相性も抜群!お箸がどんどん進むおいしさです。さつまいものほくほくとした食感がとてもおいしいので、炊き上がったらくずれないようにさっくり切るように混ぜてくださいね。

材料(6人前)

  • 米・・・3合
  • さつまいも・・・200g
  • ベーコン (薄切り・ハーフ)・・・100g
  • 水・・・適量

-----調味料-----

  • 有塩バター・・・20g
  • コンソメ顆粒・・・大さじ1
  • 黒こしょう・・・小さじ1/2

-----トッピング-----

  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量
  • 黒いりごま・・・適量

作り方

準備.米は水で洗い、30分以上浸水させ、水気をよく切っておきます。
1.さつまいもは皮をむき、先端を切り落とし、1cmの角切りにします。
2.ベーコンは1cm幅に切ります。
3.炊飯釜に米を入れて、3合の目盛りまで水を注ぎます。
4.1、2、調味料の材料を加えて炊飯します。
5.炊飯が終わったら、しゃもじで切るように混ぜます。お茶碗によそい、小ねぎと黒いりごまを散らして完成です。

2.油揚げとツナの炊き込みご飯

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

旨味たっぷりの油揚げとツナを使った簡単な炊き込みごはんをご紹介します。油揚げとツナの旨味がごはんによく染み込み、だしを入れなくてもとてもおいしいですよ!ツナ油漬けは汁にも旨味が溶け込んでいるので、汁を切らずに使ってくださいね。魚メニューの代わりとして、魚が苦手な子どもにもおすすめです。

材料(4人前)

  • 米・・・2合
  • 油揚げ・・・1枚
  • ツナ油漬け (汁ごと)・・・70g
  • 水・・・適量
  • (A)しょうゆ・・・大さじ2
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)塩・・・ひとつまみ

作り方

準備.米は洗って30分以上浸水させ、水気をよく切っておきます。 油揚げは熱湯をかけて油抜きしておきます。
1.油揚げは横に半分に切って、5mm幅に切ります。
2.炊飯釜に米、(A)を入れ、水を2合の目盛りまで注いで軽く混ぜ、1、ツナ油漬けをのせて炊飯します。
3.炊き上がったらさっくりと混ぜて、器によそい完成です。

3.コーンたっぷり 炊き込みご飯

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

子どもが大好きなコーンをたっぷり使った炊き込みごはんはいかがでしょうか。しょうゆとバターが香るシンプルな味つけが、コーンの甘みを引き立てとてもおいしいですよ。バターは炊きあがってから加えることでより風味を感じられます。炊飯器に入れて炊くだけなので、簡単にお作りいただけますよ。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(4人前)

  • 米・・・2合
  • コーンの水煮 (正味量)・・・150g
  • 水・・・適量
  • (A)料理酒・・・大さじ2
  • (A)白だし・・・大さじ1.5
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • 有塩バター・・・20g
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.コーンの水煮は汁気を切っておきます。 米は洗って30分以上浸水させ、水気をよく切っておきます。

1.炊飯器に米と(A)を入れ、水を2合の目盛りまで注ぎ、コーンの水煮をのせて炊飯します。

2.炊き上がったら有塩バターを入れて、さっくりと混ぜます。

3.お茶碗によそい、小ねぎを散らして完成です。

人気のカテゴリ