2022.5.18

マッシュルームは生食できる?おすすめの種類やレシピもご紹介

コロンとした見た目がかわいらしい「マッシュルーム」。実は、生のまま食べることができる珍しいきのこなんです!そこでこの記事では、下ごしらえの方法や食べ方など、マッシュルームを生で食べるときにおさえておきたいポイントを解説します。記事後半ではアレンジレシピもご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

マッシュルームは生で食べられるの?

結論から言うと、マッシュルームは生で食べることができます。

ただし、生食できるのは新鮮なものだけ!カサが開いていたり、赤や黒に変色しているものは避け、ふっくらとみずみずしく弾力があるものをいただきましょう。

ちなみに、きのこのなかでも生食できる種類は珍しく、身近なきのこであるしいたけやしめじ、えのき、なめこ、エリンギなどは、必ず火を通す必要があります。

生食に向いている種類は?

一言にマッシュルームと言っても種類はさまざま!

大きく分けて、全体が白い「ホワイト種」と茶色い「ブラウン種」があり、生で食べる場合は「ホワイト種」を使うのがおすすめです。

ホワイト種の特徴は、弾力のある肉質と上品な味わい。加熱してもおいしいですが、生のまま薄くスライスすると、シャキッと心地よい歯ごたえをお楽しみいただけます。

一方、ホワイト種よりも味わいや香りが濃厚なブラウン種は加熱料理にぴったり!炒め物やグラタンなどに加えると旨みが増し、ワンランクアップした味わいに仕上げることができますよ。

調理する前にチェック!マッシュルームの下ごしらえ

続いて、マッシュルームの下ごしらえの方法をご紹介します。サラダや炒め物、煮込み料理など幅広いジャンルのお料理に応用できるので、ぜひ覚えてみてくださいね。

マッシュルームの下ごしらえ

マッシュルームを下ごしらえするときのポイントは、水洗いをしないこと!水洗いすると風味や旨みが落ちるので、水で湿らせたキッチンペーパーや清潔なふきんを使って、全体の汚れをやさしく拭き取りましょう。

人気のカテゴリ