料理動画(レシピ動画)で
レシピを分かりやすくご紹介!

ボリューム満点 じゃがチーズのデミバーグ

「ボリューム満点 じゃがチーズのデミバーグ」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

じゃがいもとチーズを中に詰めたデミソース味のハンバーグはいかがでしょうか。ほくほくのじゃがいもにチーズのコクが合わさって美味しいですよ。こってりとしたデミソースもとてもよく合います。いつもと違うハンバーグを是非、お試しくださいね。
調理時間:30分
費用目安:500円前後

スマホで見る

材料(2人前)

  • ハンバーグのタネ
  • 牛豚合びき肉400g
  • 玉ねぎ1/4個
  • 溶き卵1個分
  • パン粉大さじ2
  • 塩こしょう少々
  • じゃがいも2個
  • ピザ用チーズ30g
  • デミソース
  • ケチャップ大さじ2
  • 中濃ソース大さじ2
  • 砂糖大さじ1
  • 大さじ1
  • しょうゆ大さじ1
  • クレソン (付け合わせ用)適量

手順

  1. 1.
    じゃがいもは皮を剥き芽を取って一口大に切ります。耐熱皿に乗せてラップをし、600Wの電子レンジで5分加熱したら粗熱を取ります。
  2. 2.
    1の粗熱が取れたらフォークなどでつぶしてしっかりと冷ましたら、ピザ用チーズを加えて混ぜ合わせます。
  3. 3.
    玉ねぎをすりおろします。
  4. 4.
    ボウルにハンバーグのタネの材料を合わせよく捏ねたら2等分にし、真ん中に2を詰めて成型します。
  5. 5.
    フライパンに4を入れて強火で2分焼いたら中火にし、蓋をして5分焼きます。裏返したら強火で2分、中火で蓋をして5分焼いたら火を止めてお皿に乗せます。
  6. 6.
    同じフライパンにデミソースの材料を入れ、かき混ぜながら弱火で2分ほど加熱したらハンバーグの上からかけます。
  7. 7.
    6のお皿にクレソンを盛り付けたら完成です。

料理のコツ・ポイント

じゃがいもはしっかりと冷ましてからピザ用チーズと合わせてください。チーズの塩分がありますので、じゃがいもには味付けはしていませんがお好みで塩をお使いください。ハンバーグの焼き時間は目安なので、しっかりと火を通してください。

たべれぽ

たべれぽ
Profile picture small
まぱみ
2017年11月26日

ボリューム満点で美味しくて子供達も大満足してくれました✨また作りたいと思いますo(>∀

たべれぽ
Profile picture small
ゆっちゃん
2017年11月06日

とってもボリューミー!二個に分けても良いかも。中身のチーズとジャガイモのコンボは旦那さんに評判でした。

たべれぽ
Profile picture small
mig
2017年10月22日

美味しい!!

たべれぽ
Profile picture small
エミ
2017年10月15日

じゃがチーズを入れたおかげで、ボリューム満点の大きなハンバーグができて、食べ盛りの息子も大満足でした🎶

コメント

なっち
なっち
パン粉は、片栗粉代用出来ますか?
4週間前
kurashiru
kurashiru
パン粉は片栗粉で代用していただいて大丈夫ですよ。とてもおいしいのでぜひ試してみてくださいね。おいしく作れますように。
4週間前

人気のカテゴリ

Video preload backgroundザクザク食感 白菜と鶏もも肉の中華煮
秋・冬の代表的な野菜である白菜。お鍋や漬物のような定番のレシピに加え、餃子や炒めものなど様々なアレンジレ...
Video preload backgroundあっという間にしみしみ 大根と鶏肉の照り炒め
煮物や鍋、お味噌汁で大活躍の大根のレシピをご紹介します。今まで同じレパートリーしかなかった方や、いつも使...
Video preload backgroundいんげんとさつまいもの温サラダ
甘くてホクホク、みんなが大好きなさつまいも。そのままでも十分美味しいけれど、一手間加えるだけで、サラダに...
Video preload backgroundキャベツと塩昆布の温サラダ
一年中楽しめるキャベツを使ったレシピをご紹介します。 何と合わせても美味しいキャベツなので、いろんな組...
Video preload background味つけ簡単 里芋と豚バラ肉のポン酢炒め
油が乗っていてジューシーな美味しい豚バラ肉のレシピをご紹介します。 幅広い料理に使える豚バラ肉は、回鍋...
Video preload background鶏もも肉の和風ソテー
油が少なくヘルシーで健康的な鶏もも肉のレシピをご紹介します。 照り焼きチキンや唐揚げ、煮物など、洋風和...
Close
QRコードリーダーで読み取ってください