お肉不使用!野菜溶け込むカレー レシピ・作り方

「お肉不使用!野菜溶け込むカレー」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

お肉不使用でヘルシーな野菜カレーです! すりおろしてとろっとろになった野菜が甘味たっぷりで、お子様でも食べやすいカレーですよ。 作り方もとっても簡単なので、お家でチャレンジしやすいですよ!是非お試しください!
調理時間:30分
費用目安:500円前後
Favorite buttonRemove favorite button

スマホで見る

材料(4人前)

  • 玉ねぎ1個
  • にんじん1本
  • じゃがいも1個
  • 400ml
  • ①カレールー45g
  • ①赤ワイン大さじ1
  • ①インスタントコーヒー小さじ1
  • ①ローリエ1枚
  • ①カレー粉大さじ2
  • ①練乳小さじ1
  • 無塩バター20g
  • ニンニク1片

作り方

  1. 1.
    にんじんと玉ねぎを適当な大きさに切り、耐熱容器に入れてラップをかけて600Wのレンジで7分加熱します。
  2. 2.
    1をフードプロセッサーで細かくします。
  3. 3.
    にんにくを薄切りします。 鍋にバターと切ったにんにくを入れて香りがするまで中火で熱します。
  4. 4.
    3に2と水を加えて中火で煮込みます。 煮立ったら火を一旦止めて①を入れます。 ルーが溶けたら再度弱火で10分程煮込みます。
  5. 5.
    お皿に盛り付けて、出来上がりです!

料理のコツ・ポイント

フードプロセッサーがご家庭に無い場合は、レンジで加熱した野菜と水大さじ3をミキサーにかけてとろとろにしてください。
お肉を入れたい方は、野菜と水を加える前ににんにくと一緒に炒めて、火が通ってから野菜と水を加えてください。

たべれぽ

コンテンツがありません。

コメント

あんな
あんな
インスタントコーヒーを入れると、酸味が気になります。
チョコレートでは、ダメですか?
1年前
kurashiru
kurashiru
こちらのレシピでは隠し味としてインスタントコーヒーを使用していますが、お好みでチョコレートでも大丈夫ですよ。
調整して入れて下さいね
1年前
kaorururu
kaorururu
美味しくできました!
1年前
ぽむ
ぽむ
フードプロセッサーない時、最初に大根おろしとかの器具ですりおろしてかレンチンしても大丈夫ですか?
1年前
kurashiru
kurashiru
ご質問ありがとうございます。フードプロセッサーの変わりに、おろし器具での使用でももちろん大丈夫ですが、加熱する際にレンジだと水分が飛びすぎてしまう恐れがあるので、バターとニンニクの鍋で一緒に炒めて頂いた方がオススメです。
1年前
ぽむ
ぽむ
美味しくできました!ありがとうございます!
1年前
なんでクラシルは人によって(!)つけたり態度変えんの?カロリー表示もしないしわけわかめ
なんでクラシルは人によって(!)つけたり態度変えんの?カロリー表示もしないしわけわかめ
コーヒー入れて苦くならないですか❔
1年前
kurashiru
kurashiru
インスタントコーヒーは入れすぎてしまうと良くありませんが、隠し味になり、美味しくなりますよ。
今回も少量ですので、苦味は出ていませんので作ってみて下さいね。
1年前

人気のカテゴリ

Video preload backgroundさっぱり 白菜とちくわの和え物
秋・冬の代表的な野菜である白菜。お鍋や漬物のような定番のレシピに加え、餃子や炒めものなど様々なアレンジレ...
Video preload backgroundごま油香る 大根と豚肉のさっぱりサラダ
煮物や鍋、お味噌汁で大活躍の大根のレシピをご紹介します。今まで同じレパートリーしかなかった方や、いつも使...
Video preload backgroundさつまいもとピーマンのトマト炒め煮
甘くてホクホク、みんなが大好きなさつまいも。そのままでも十分美味しいけれど、一手間加えるだけで、サラダに...
Video preload backgroundシャキシャキ美味しい 春キャベツのタラコ和え
一年中楽しめるキャベツを使ったレシピをご紹介します。 何と合わせても美味しいキャベツなので、いろんな組...
Video preload background紅生姜がアクセント もやしの豚バラ肉巻き
油が乗っていてジューシーな美味しい豚バラ肉のレシピをご紹介します。 幅広い料理に使える豚バラ肉は、回鍋...
Video preload background大根と鶏肉の照り煮
油が少なくヘルシーで健康的な鶏もも肉のレシピをご紹介します。 照り焼きチキンや唐揚げ、煮物など、洋風和...
Close
QRコードリーダーで読み取ってください