もちぷよ食感 片栗粉でクリームチーズわらび大福 レシピ・作り方

「もちぷよ食感 片栗粉でクリームチーズわらび大福」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

身近な片栗粉で作れちゃう、ぷるぷるもちもち食感のお手軽スイーツです。小鍋に入れてしっかりと練り混ぜるだけで、和菓子屋さんのわらび餅のような食感に仕上がりますよ。バナナ以外にも、キウイやイチゴ、パイナップルなど、お好みのフルーツを包んでもおいしいですよ。ぜひ作ってみてくださいね。
調理時間:40分
Favorite buttonRemove favorite button

スマホで見る

材料(6個分)

  • ①片栗粉60g
  • ①砂糖60g
  • ①水350ml
  • フィリング
  • クリームチーズ80g
  • バナナ1本
  • こしあん80g
  • きな粉適量
  • 黒蜜適量

作り方

  1. 準備.
    クリームチーズとこしあんは、6等分にしておきます。
  2. 1.
    バナナは皮をむき、6等分に切り分けます。
  3. 2.
    ラップにこしあんを薄く広げてのせ、その上に1をひと切れのせ、その上にクリームチーズをのせます。
  4. 3.
    2を茶巾状に包み、冷凍庫で15分ほど冷やします。
  5. 4.
    小鍋に①を入れてゴムべらで全体を混ぜながら中火にかけます。
  6. 5.
    絶えずしっかりと手早く練り混ぜ、全体が透明になり、生地をすくい上げた時にしっかり伸びる程粘りが出たら、火からおろします。
  7. 6.
    お猪口などにラップを広げ、5の1/12量を水で濡らしたスプーンですくい、熱いうちにのせます。
  8. 7.
    6の上に3をのせて、6と同量の生地を上にのせ、茶巾状に包み、冷蔵庫で30分ほど冷やします。
  9. 8.
    7にきな粉をまんべんなくまぶし、お皿に盛り付けて、黒蜜をかけて完成です。

料理のコツ・ポイント

生地は透明感が出てくると粘りが増してきますが、焦げ付かないように全体をゴムベラで当たりながら練り混ぜましょう。しっかりと練り混ぜることでコシがあり食感の良い仕上がりになります。
また、生地は冷えると固くなり、フィリングを包みにくくなってしまうので、熱いうちに手早く調理しましょう。

人気のカテゴリ

Video preload background白菜とカニカマのレモンマヨ和え
秋・冬の代表的な野菜である白菜。お鍋や漬物のような定番のレシピに加え、餃子や炒めものなど様々なアレンジレ...
Video preload background角切り大根の無限ナムル
煮物や鍋、お味噌汁で大活躍の大根のレシピをご紹介します。今まで同じレパートリーしかなかった方や、いつも使...
Video preload backgroundさつまいもと厚揚げのごま味噌煮
甘くてホクホク、みんなが大好きなさつまいも。そのままでも十分美味しいけれど、一手間加えるだけで、サラダに...
Video preload backgroundキャベツとカニカマたくあんのコールスロー
一年中楽しめるキャベツを使ったレシピをご紹介します。 何と合わせても美味しいキャベツなので、いろんな組...
Video preload backgroundキムチチーズ厚揚げ焼き
油が乗っていてジューシーな美味しい豚バラ肉のレシピをご紹介します。 幅広い料理に使える豚バラ肉は、回鍋...
Video preload backgroundプリプリクリーミー 無限しらたき
油が少なくヘルシーで健康的な鶏もも肉のレシピをご紹介します。 照り焼きチキンや唐揚げ、煮物など、洋風和...
Close
QRコードリーダーで読み取ってください