【シェフのレシピ帖・古澤英夫】ポテトサラダ レシピ・作り方

「【シェフのレシピ帖・古澤英夫】ポテトサラダ」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

紀尾井町のフレンチ「Le FAVORI」の古澤英夫シェフに教えていただいたレシピを、クラシルで再現!今回は、肉じゃがのご紹介です。 今回はフレンチシェフが作る、南仏風ポテトサラダのご紹介です。アンチョビとオリーブが効いたゴロゴロのポテトサラダと、とろとろの半熟卵の組み合わせがとてもおいしい一品ですよ。 今回のレシピはクラシルYouTubeでもご紹介しております。ぜひチェックしてみてくださいね。

調理時間:60分

費用目安:500円前後

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(2人前)

作り方

  1. 準備. 卵は冷蔵庫から出して30分ほど置き、常温に戻しておきます。 じゃがいもは芽を取り除いておきます。 にんじんは皮をむき、縦半分に切っておきます。
  2. 1. 鍋に卵が浸かるくらいのお湯を沸かし、塩、卵を入れて中火で5分加熱します。氷水に浸けて急速に冷やし、完全に冷えたら殻をむきます。
  3. 2. ブラックオリーブ、アンチョビフィレは粗みじん切りにします。
  4. 3. ロースハムは5mm幅に切り、4等分に切ります。
  5. 4. 鍋にお湯、塩を入れて、じゃがいも、にんじんを入れ、蓋をして中火で20分加熱します。にんじんに火が通ったら取り出し、さらに20分ほど加熱し、じゃがいもに火が通ったら火から下ろして粗熱を取ります。
  6. 5. じゃがいもの皮をむき、4等分に切ります。にんじんは放射状に3等分に切り、5mm幅に切ります。
  7. 6. ボウルに(A)を入れて混ぜます。生クリームを入れて混ぜ、(B)を入れてさらに混ぜます。
  8. 7. 5のじゃがいもを加え、フォークで軽く潰します。5のにんじんを加えて混ぜます。
  9. 8. 3、2を加えて混ぜ、塩、白こしょうで味を調えます。
  10. 9. 器に盛り付け、中央に1をのせ、上部1/4ほどの白身の部分を切り落とし、イタリアンパセリをのせて完成です。

料理のコツ・ポイント

ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。 塩加減は、お好みで調整してください。

たべれぽ

コンテンツがありません。

質問する

このレシピに関連するキーワード

コンテンツがありません。

人気のカテゴリ