2021.8.19

「ネバネバ食材が大集合!」おつまみにもおすすめ“簡単副菜”レシピ5選

暑い季節に食べたくなる「ネバネバ食材」。長芋、納豆、めかぶ、そして夏野菜でもあるオクラなどさまざまなものがありますよね。魅力はなんといっても、その粘り気のある食感です!

今回は、そんなネバネバ食材を使った、おつまみにもおすすめ「簡単副菜」レシピ5選をご紹介します。どれも食材を活かした食欲そそるメニューばかりで、ごはんにもお酒にも合うこと間違いなし!また、混ぜるだけの簡単レシピもあるので、気軽にお試しいただくことができますよ。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

1.スプーンで食べる 納豆とアボカドの和風サラダ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

アボカド、納豆、きゅうり、トマトとさまざまな食感を楽しめる和風サラダのレシピをご紹介します。味つけはわさびとめんつゆでさっぱりピリ辛にして、暑い季節にも箸が進む味わいです。食材を切って、あとは調味料と合わせるだけで完成する簡単レシピなのもうれしいですよね。

材料(2人前)

  • 納豆・・・1パック
  • アボカド・・・1/2個
  • ミニトマト・・・2個
  • きゅうり・・・1/2本
  • (A) めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ2
  • (A) わさび・・・小さじ1/2

作り方

準備.アボカドは種を除いておきます。 ミニトマトはヘタを取っておきます。
1.アボカドは一口大に切り、皮を剥きます。
2.ミニトマトは4等分のくし切りにします。
3.きゅうりはヘタを取って乱切りにします。
4.ボウルに(A)を入れ混ぜ合わせます。
5.4に納豆、1、2、3を加えて混ぜ合わせます。
6.お皿に盛り付けて完成です。

2.納豆と長芋の ねばねばオムレツ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ネバネバ食材を使った新食感オムレツ!長芋はすりおろし、納豆はよく混ぜることで粘り気をより感じることができます。すりおろした長芋を入れた卵はふわふわの食感になりますよ。オムレツと納豆の組み合わせは、一度食べればクセになること間違いなし!ぜひ、朝食の一品などに作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 卵・・・2個
  • 長芋・・・50g
  • 納豆・・・1パック
  • 付属のタレ・・・小さじ1
  • (A) 青のり・・・小さじ1
  • (A) 塩・・・少々
  • 有塩バター・・・2g

作り方

1.長芋は皮をむき、すりおろします。
2.納豆はタレを加えて混ぜます。
3.ボウルに卵を割りほぐし、1と(A)を加えて混ぜ合わせます。
4.フライパンにバターを中火で熱して3を流し入れ、菜箸で大きく混ぜて半熟状にします。
5.中央に2をのせて折りたたんで形を整え、器に盛り付けて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

3.モロヘイヤとオクラのネバネバおひたし

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

さっぱりとしたメニューがあともう一品欲しい、そんなときにはこちらのレシピがおすすめです。モロヘイヤとオクラのネバネバ食材をゆで、あとは塩昆布とめんつゆで味をつければ完成。難しい工程なく、ぱぱっとできる一品です。ごはんとの相性も抜群ですので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • オクラ・・・7本
  • 塩 (板ずり用)・・・小さじ1/3
  • モロヘイヤ・・・150g
  • お湯 (ゆでる用)・・・100ml
  • 塩昆布・・・8g
  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ2
  • かつお節 (仕上げ用)・・・適量

作り方

1.オクラは塩をかけ、板ずりをします。
2.鍋にお湯を沸騰させ、1を入れて2分程ゆで、モロヘイヤを入れます。さらに10秒程ゆで、モロヘイヤがしんなりしたら流水にさらし、水気を切ります。
3.オクラはヘタとガクを取り、薄切りにします。モロヘイヤはみじん切りにします。
4.ボウルに移し、塩昆布と混ぜ合わせます。
5.器に盛り付け、めんつゆをかけ、かつお節をのせて完成です。

人気のカテゴリ