2021.8.8

食べだしたら止まらない!じゃがいもを使って”簡単おつまみ”レシピ5選

余っているじゃがいも、おつまみの材料にしてみませんか?じゃがいものカリカリ食感はおつまみとしてピッタリですよね。

今回は、そんなじゃがいもを使ったカリカリ食感の簡単おつまみレシピをご紹介しますジャガイモのガレットやカリカリ赤しそポテトなどどれもじゃがいもの素材を活かして、ささっと作れるものばかり!ぜひ、お酒のお供に作ってみてくださいね。

1.チーズたっぷり!ボロニアソーセージとジャガイモのガレット

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

カリカリ食感が楽しいフランスの郷土料理「ガレット」を作ってみましょう!千切りに切ったじゃがいもと粉チーズ・ハーブソルトをまぜて、ボロニアソーセージを挟んで焼くだけで完成です。粉チーズもたっぷり入れて、味にアクセントを加えてくれています。

材料(2人前)

  • じゃがいも (計300g)・・・4個
  • ボロニアソーセージ・・・120g
  • (A) 粉チーズ・・・大さじ2
  • (A) 片栗粉・・・大さじ1
  • (A) ハーブソルト・・・小さじ1/2
  • オリーブオイル・・・小さじ2
  • パセリ (乾燥)・・・適量

作り方

準備.じゃがいもは芽を取り皮をむいておきます。
1.じゃがいもは千切りにします。
2.ボウルに入れ、(A)を加えて混ぜ合わせます。
3.ボロニアソーセージは5mm幅に切ります。
4.フライパンにオリーブオイルをひき、2の半量を広げ、3をのせます。残りの2をのせて広げ、中火にかけます。
5.8分程焼き、きつね色になったら裏返し、中火で8分焼き、全体に焼き色がつき、カリッとしたら火から下ろします。
6.器に盛り付け、パセリをかけて完成です。

2.混ぜて焼くだけの簡単レシピ!じゃがいもとベーコンのガレット

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

こちらは、ベーコン使って作るガレットのレシピです。じゃがいも、ベーコン、そしてチーズや塩を混ぜて焼くだけのとっても簡単なレシピですので、ささっとお作りいただけます。カリカリとした食感も食欲をそそります!

材料(1人前)

  • じゃがいも (200g)・・・1個
  • ベーコン (薄切り・ロング)・・・1枚
  • ピザ用チーズ・・・50g
  • 塩・・・ひとつまみ
  • サラダ油・・・大さじ1

作り方

準備.じゃがいもは芽を取り皮をむいておきます。
1.じゃがいもは千切りにします。
2.ベーコンは細切りにします。
3.ボウルに、1、2、ピザ用チーズ、塩を入れ、さっくりと混ぜ合わせます。
4.フライパンにサラダ油を入れ中火で熱し、3を入れ、両面を5分程焼きます。
5.中まで火が通ったら火から下ろして、器に盛り付け、完成です。

3.大人のおつまみにぴったり!カリカリスパイシークリスピーポテト

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

続いては、スパイシーな味付けとクリスピーな食感があと引くおいしさのフライドポテトをご紹介します。切ったじゃがいもに材料を混ぜて、あとは揚げて味つけをすれば完成の簡単レシピ。塩こしょうとチリパウダーで味付けされたポテトは、一度食べたら手が止まりません!ちょっぴり辛い大人の味は、お酒のおつまみにもぴったりですよ。

材料(2人前)

  • じゃがいも (計300g)・・・3個
  • 水 (さらす用)・・・適量
  • (A) 片栗粉・・・大さじ4
  • (A) 薄力粉・・・大さじ2
  • 揚げ油・・・適量
  • (B) 塩こしょう・・・小さじ1
  • (B) チリパウダー・・・小さじ1

作り方

準備.じゃがいもは芽を取り除き、皮をむいておきます。
1.じゃがいもは5mm角の棒状に切ります。
2.水に15分さらし、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。
3.ジッパー付き保存袋に2、(A)を入れてまぶします。
4.フライパンの底から3cm程の揚げ油を注ぎ、180℃に熱し、3を入れて10分程揚げ、一度取り出します。
5.同じフライパンに4を戻し入れ、180℃で2分程揚げ、こんがりと色づき、カリッとしたら油切りをします。
6.ボウルに5、(B)を入れて全体にまぶします。
7.器に盛り付けて完成です。

人気のカテゴリ