2022.2.16

「純ココア」とは?特徴や使い方を詳しく解説!

砂糖やミルクなどを含まないことで生まれる、カカオ本来の豊かな風味が魅力の「純ココア」。世界中で親しまれている製菓材料ではありますが、その実態はよく知らないという方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、「純ココア」の特徴のほか、ココアパウダーとの違いやおすすめのスイーツレシピをご紹介します。

純ココアとは

「純ココア」とは、チョコレートの原料としてもおなじみの「カカオ豆」を焙煎してからすりつぶし、ペースト状にして固めた「カカオマス」から「カカオバター」という油脂成分を取り除いて細かく砕き、粉末状にしたもののことを指します。

ちなみに、この「カカオマス」や「カカオバター」に砂糖や乳製品などを加え、さまざまな加工を施すと「チョコレート」ができあがるんですよ!

さて、そんな純ココアですが、歴史は意外と古く、日本では江戸時代にあたる1828年にクンラート・バン・ホーテンというオランダ人がカカオマスからカカオバターを抽出する圧搾機を開発したことをきっかけに、世界中で広く親しまれるようになりました。

純ココアの特徴は、赤茶色の見た目と、カカオの風味が凝縮されたほろ苦い味わい。ココア飲料のほか、パンやアイスクリーム、ケーキ、クッキー、最近人気の高カカオチョコレートなどさまざまなスイーツに使われています。

ココアパウダーや調整ココアとの違いは?

ココアと一言でいっても「純ココア」や「ココアパウダー」、「調整ココア」など種類はさまざま。一体どのような違いがあるのか気になりますよね。

実は「ココアパウダー」と「純ココア」はまったく同じもの。販売されているメーカーによって、純ココアと記載されていることもあれば、ココアパウダーのときもあります。さらに「ピュアココア」や「カカオパウダー」と呼ぶこともありますが、これらはすべて同じものなのです。

この純ココアに、砂糖や脱脂粉乳などを調合したものが「調整ココア」です。スーパーやコンビニなどでもよく見かける、お湯や牛乳を注ぐだけですぐ飲めるインスタント式のココアといえばピンとくる方も多いかもしれませんね。

純ココアと調整ココア、それぞれさまざまな使い方ができますが、砂糖などが入っていない純ココアはお菓子作りに、甘みが調節されている調整ココアはそのまま飲み物として使うのが一般的です。

レシピに「ココア」や「ココアパウダー」とだけ書かれている場合は、特別な指定がない限り、基本的に「純ココア」を使うと覚えておきましょう。

ほろ苦い風味がたまらない!純ココアを活用したおすすめレシピ

ここからは純ココアを使った、絶品スイーツレシピをご紹介します。先ほどご説明した通り「純ココア」と「ココアパウダー」は同じものです。レシピに「ココアパウダー」とだけ書かれている場合は「純ココア」を使ってくださいね。

材料3つで簡単 生チョコ

材料はミルクチョコレートと生クリーム、ココアパウダーの3つだけ!少ない材料で作ったとは思えないほど濃厚で、とろけるような口どけの生チョコができあがります。混ぜて固めるだけで簡単に作れるので、おやつやおもてなしにもおすすめです。

チョコクリームのココアシフォン

ふわふわのココアシフォンケーキにとろーり濃厚なチョコレートクリームをたっぷり添えて、味も見た目も大満足な一品に仕上げました。作るのに手間がかかる分、完成したときの喜びは格別です!ホームパーティやバレンタインにもぴったりなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

混ぜるだけで簡単 ガトーショコラ

焼き立てふんわり、冷ませばしっとり!特別な器具やテクニックがなくても簡単に作れる、絶品ガトーショコラのご紹介です。このレシピのポイントは、薄力粉を一切使わないこと!チョコレートのリッチな風味を存分に味わえる、ずっしり濃厚な味わいに仕上がりますよ。

簡単!濃厚生チョコブラウニー

ホットケーキミックスを使って簡単に作れるブラウニーはいかがですか?一見難しそうに見えますが、材料さえ用意すれば、混ぜて焼くだけでできあがるうれしいレシピです!しっとり濃厚な味わいですが、カリッと香ばしいアーモンドスライスの食感がアクセントになり、最後までおいしくいただけますよ。

レンジで簡単!チョコもち

もちもち食感の生地でチョコレートを包んだ、チョコもちのご紹介です。もち生地に刻んだチョコレートをたっぷり加えて、チョコレート好きにはたまらない一品に仕上げました。火を使わず電子レンジを使って簡単に作れるので、お料理初心者の方も気軽に挑戦してみてくださいね。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

マスカルポーネ不使用!マシュマロ&クリチの濃厚ティラミス

イタリアを代表するデザートのひとつ「ティラミス」。本来、マスカルポーネチーズを使いますが、このレシピではより手軽に作れるよう、マシュマロとクリームチーズでアレンジしました。ほろ苦くもクリーミーな味わいがクセになり、食べはじめると止まらなくなりますよ!

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

終わりに

今回は、お菓子作りのマストアイテム「純ココア」についてご紹介しました。

純ココアにココアパウダー、調整ココアなどついつい混合してしまいがちですが、お菓子作りには「純ココア」や「ココアパウダー」、飲み物には「調整ココア」など、用途に合わせて上手に使い分け、ココアならではの芳醇な風味を楽しみましょう!

また、今回ご紹介したスイーツレシピも簡単なものばかりなので、この機会にぜひレパートリーに取り入れて、料理の幅を広げてみてくださいね。

人気のカテゴリ