2022.7.5

「一品でボリューム満点!」何度も作りたくなる"豚丼"レシピ5選

甘辛い味つけでごはんが進む「豚丼」。今回は、そんな豚丼の絶品レシピをご紹介します。ニンニクをたっぷり使ったものや、ピリッと辛味を効かせたもの、ブロック肉を使った食べごたえ抜群のものまで、何度も作りたくなる豚丼レシピをピックアップ!ぜひチェックしてくださいね。

1.ピリッとコク旨 豚丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ピリリとした刺激的な味わいの、コク旨豚丼をご紹介します。しょうゆやみりん、砂糖などの調味料に豆板醤の辛みをプラスし、コク旨に仕上げました。甘辛い味わいの豚肉にほどよい辛さが効いて、ごはんがどんどん進みます。かいわれ大根と紅しょうが、卵黄をトッピングすることで、食感も色合いもよくなりますよ。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 豚バラ肉 (スライス)・・・200g
  • 玉ねぎ・・・1/2個
  • (A)酒・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・大さじ2
  • (A)豆板醤・・・小さじ1
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1
  • ごま油・・・大さじ1

-----トッピング-----

  • 卵黄・・・1個
  • かいわれ大根・・・適量
  • 紅生姜・・・適量

作り方

準備.かいわれ大根は根元を切り落としておきます。
1.玉ねぎは5mm幅に切ります。
2.豚バラ肉は3cm幅に切ります。
3.中火で熱したフライパンにごま油をひき、1、2を入れて炒めます。
4.豚バラ肉に火が通ったら、(A)を入れて中火で炒め合わせます。全体に味がなじんだら火から下ろします。
5.丼にごはんをよそい、4を盛り付け、トッピングをのせて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

2.タレが美味しいジューシー豚丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

味染み染み。タレが美味しいジューシー豚丼はいかがでしょうか。豚バラ肉は薄切りのものを使うことで味が染み込みやすくなります。すりおろしニンニクの風味がよく、口いっぱいにおいしさが広がりますよ。しょうゆやみりん、砂糖など、家庭にある調味料だけで作れるのもうれしいですね。パパッと作れるので、時間のないランチにもおすすめです。

材料(2人前)

  • ごはん・・・300g
  • 豚バラ肉 (薄切り)・・・150g

-----タレ-----

  • しょうゆ・・・大さじ2
  • みりん・・・大さじ1
  • 酒・・・大さじ2
  • 砂糖・・・大さじ1
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • サラダ油・・・大さじ1
  • 長ねぎ・・・15cm
  • 水 (さらす用)・・・適量

作り方

1.長ねぎは縦に切りこみを入れて芯を取り除き、長さを半分に切って千切りにします。水に10分程さらします。
2.豚バラ肉は5cm幅に切ります。
3.ボウルにタレの材料を入れて混ぜ合わせます。
4.フライパンにサラダ油をひき、2を入れて強火で焼きます。豚バラ肉に焼き色がつき、火が通ったら3を入れて全体に絡めて火から下ろします。
5.器にごはん、4を盛り付け、水気を切った1をのせて完成です。

3.ニンニクたっぷり豚丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ガツンとした味わいを楽しみたいときは、ニンニクたっぷり豚丼がおすすめです!ニンニクの香りがたった油で豚肉を炒めたら調味料で味つけし、長ねぎを加えてさらに炒めます。旨味たっぷりの鶏がらスープの素とめんつゆの風味、ニンニクの風味が豚肉に絡み、やみつきになるおいしさです。きざみ海苔で磯の香りもプラス。長ねぎのシャキシャキとした食感もクセになりますよ。

材料(1人前)

  • 豚こま切れ肉・・・200g
  • 長ねぎ・・・1/3本
  • すりおろしニンニク・・・大さじ1
  • ごま油・・・大さじ1

-----調味料-----

  • 鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • 砂糖・・・小さじ1
  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ2
  • ごはん・・・1膳
  • きざみ海苔・・・適量
  • 卵・・・1個

作り方

1.長ねぎは1cmの厚さで斜めにスライスします。
2.中火で熱したフライパンにごま油とニンニクを入れ炒めます。
3.ニンニクの香りが立ってきたら、豚肉を炒めます。
4.豚肉に火が通ってきたら、調味料を入れ、味が馴染むまで炒めます。1を入れ、長ねぎがしんなりするまで炒め、火から下ろします。
5.丼にごはんを入れ、海苔を散らし、4を乗せたら完成です。お好みで卵を乗せてください。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ