2021.8.24

「夏バテしてない?」暑くても食がすすむ“さっぱり味つけ”レシピ5選

夏本番を迎え、これからまだまだ暑い日が続きそうです。暑いと食欲が落ちやすく、夏バテが心配な方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方におすすめの、夏でも食がすすむさっぱりとした味つけのレシピを5つご紹介します。さっぱりといただける無限トマトや大根おろしを加えた炒め物など、お肉や野菜をたっぷり食べられるレシピをピックアップしました。なかでも、電子レンジを使って簡単に調理できるレシピは必見ですよ!ぜひチェックしてみてくださいね。

1.さっぱり美味しい 無限トマト

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

さっぱりとした味わいの無限トマトのレシピをご紹介します。大葉をたっぷり加えた爽やかな味わいですが、ツナを加えることでコクがプラスされ、お箸が止まらない一品に仕上がります。ごま油とおろしニンニクの香りも効いていて、食欲がそそられますよ!カットした具材にツナと調味料を混ぜ合わせるだけなので、とても簡単にお作りいただけます。あと一品ほしいときや箸休めにもおすすめなので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • トマト・・・2個
  • 大葉・・・5枚
  • ツナ油漬け (1缶)・・・70g
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)酢・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・小さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ½
  • (A)ごま油・・・小さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • (A)塩こしょう・・・ふたつまみ

作り方

準備.ツナ油漬けは油を切っておきます。 トマトのヘタは取り除いておきます。 大葉は軸を切り落としておきます。 みりんは加熱しアルコールを飛ばしておきます。
1.大葉は千切りにします。
2.トマトは2cmの角切りにします。
3.ボウルに2、1の半量、ツナ油漬け、(A)を入れ、全体に味がなじむように和えます。
4.器に盛り付け、残りの1をのせて完成です。

2.鶏もも肉とズッキーニのさっぱりポン酢炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

鶏もも肉とズッキーニをポン酢でさっぱりと仕上げた炒め物をご紹介します。素材の味を楽しめるよう、ポン酢と塩こしょうだけでシンプルに味つけしました。ジューシーな鶏もも肉の旨みがズッキーニに絡んで絶品ですよ!ポン酢を使うことで簡単に味が決まるので、料理初心者さんでも失敗なくお作りいただけます。ごはんのおかずだけでなく、お酒にもよく合う一品です。

材料(2人前)

  • 鶏もも肉・・・250g
  • ズッキーニ (200g)・・・1本
  • (A)ポン酢・・・大さじ1.5
  • (A)塩こしょう・・・小さじ½
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

1.ズッキーニはヘタを切り落とし5mm幅の半月切りにします。
2.鶏もも肉は半分に切ってから細切りにします。
3.フライパンを中火で熱しごま油をひき2を3分ほど炒めます。
4.鶏もも肉に火が通ったら1を入れ中火で炒めます。
5.全体に油が回ったら(A)を入れ強火で炒めます。
6.全体に味がなじんだら火から下ろし皿に盛り付けてできあがりです。

3.レンジで簡単 鶏むね棒棒鶏

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

火を使わず、電子レンジで簡単に作れる鶏むね肉の棒棒鶏をご紹介します。白ねりごまにポン酢やラー油を混ぜ合わせたタレが淡泊な味わいの鶏むね肉によく合い、箸がどんどん進みますよ!あと一品ほしいときやお酒のおつまみにぴったりなレシピです。鶏むね肉はフォークで数ヶ所に穴を開けて、料理酒をふりかけてから電子レンジで加熱することで、しっとりやわらかく仕上がります。ポン酢はお使いの種類によって酸味や甘味が異なるので、砂糖の量を調整して作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏むね肉・・・200g
  • 料理酒・・・大さじ1
  • きゅうり・・・1本

-----調味料-----

  • 白ねりごま・・・大さじ3
  • ポン酢・・・大さじ2
  • 砂糖・・・大さじ1
  • ラー油・・・小さじ1
  • 糸唐辛子・・・適量

作り方

1.きゅうりはヘタを切り落とし、千切りにします。
2.鶏むね肉はフォークで数ヶ所に穴を開けます。
3.耐熱ボウルに入れて料理酒をふり、ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで火が通るまで5分程加熱します。粗熱が取れたら手でほぐします。
4.ボウルに調味料を入れて混ぜ合わせます。
5.お皿に1と3を盛り付け、4をかけ、糸唐辛子をのせて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ