2019.4.2

冬はやっぱり ほっこりおいしいふろふき大根で

味噌以外でもおいしいふろふき大根

おだしで、ことこと時間をかけて煮込むふろふき大根は、お箸がすっと通るやわらかさで、食べると、だしが口の中にじゅわっと広がりますよね。熱々の大根と甘い味噌ダレが、なんともいえないおいしさで、日本酒やご飯がすすみます。普段、お味噌でいただくことが多いふろふき大根ですが、味がシンプルな大根は、他のタレともよく合うんですよ。お味噌もおいしいですが、ときには味を変えてみるのもいいですね。

基本からアレンジまで

今回ご紹介するレシピは基本の作り方の他に、アレンジされたタレや、下ゆでの仕方やポイントなどといった基礎的なこともご紹介するので、ふろふき大根を作ったことがない方でも、簡単に作れます。じっくり時間をかけて煮込むふろふき大根は、忙しい日に作るのはちょっと…というときは、電子レンジや圧力鍋、炊飯器が活躍してくれますよ。

基本の大根のゆで方

下ゆでをするかしないかで、味の染み具合が変わってきます。このひと手間を惜しまないことが、大根をおいしくするコツですよ。皮の内側は縦に繊維が通っていて、やわらかく煮ても、食べたときに筋っぽさが残るので、皮は厚めにむきましょう。表面に十字の切り込みを入れる工程はご存知の方も多いかと思いますが、お米を加えてゆでる工程では大根の辛味やアクを取り除いて甘味が増し、味も染み込みやすくなるのでおすすめです。

人気のカテゴリ