2021.10.23

「今日の昼ごはんどうしようかな…」ジューシーな“豚肉の丼”レシピ5選

4.がっつり旨辛 ヤンニョムポーク丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

甘辛なタレがクセになる!ヤンニョムポーク丼はいかがですか。コチュジャンやしょうゆなどを混ぜて作ったヤンニョム風のタレを、カットした豚肉に絡めて炒めました。豚肉の旨みと甘辛なタレが絶妙にマッチして、どんどんごはんの進むおいしさです。豚肉にしっかりと味を絡ませるため、片栗粉をまぶして焼いてからタレを合わせるのがポイントです。やみつきになるおいしさなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 豚肩ロース (ブロック)・・・150g

-----下味-----

  • 塩・・・ふたつまみ
  • 片栗粉・・・大さじ1

-----合わせ調味料-----

  • コチュジャン・・・大さじ1.5
  • 料理酒・・・大さじ1
  • ケチャップ・・・小さじ2
  • 砂糖・・・小さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • ごま油・・・大さじ1
  • 卵黄 (Mサイズ)・・・1個
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量
  • 白いりごま・・・適量

作り方

1.豚肩ロースは1cmの角切りにし、ボウルに入れ下味の材料を入れてもみこみます。
2.別のボウルに合わせ調味料の材料を入れ、混ぜ合わせます。
3.強火で熱したフライパンにごま油をひき、1を入れ焼き色がつくまで炒めます。
4.中火にし、2を入れ全体に味をなじませ、豚肩ロースに火が通ったら火から下ろします。
5.ごはんをよそった器にのせ、卵黄をのせて小ねぎと白いりごまを散らしたら出来上がりです。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

5.カレーが香る がっつり豚丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

カレーの香りが香ばしい!カレー風味の豚丼のご紹介です。厚切りした豚バラ肉に、カレー粉やすりおろしニンニク、すりおろし生姜などを入れた風味豊かな漬けだれで味つけしました。豚バラ肉がギッシリとのったお腹も大満足な一品です。手軽に時短でお作りいただけるので、ぜひ今晩のごはんにいかがですか。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 豚バラブロック肉・・・200g

-----漬けだれ-----

  • 料理酒・・・大さじ2
  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • カレー粉・・・小さじ1
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • すりおろし生姜・・・小さじ1/2
  • サラダ油・・・小さじ1
  • 卵黄 (Mサイズ)・・・1個
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.豚バラブロック肉は5mm幅に切ります。
2.ボウルに1と漬けだれの材料を入れて、よく揉み込みます。
3.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、汁気を切った2を入れて焼きます。焼き色が付き、火が通るまで焼いたら取り出します。
4.2の漬けだれを入れて強火でひと煮たちさせ、火から下ろします。
5.器にごはんをよそい、3を盛り付け、中央に卵黄をのせます。小ねぎを散らして4をかけて出来上がりです。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

ごはんの進む豚丼アレンジをお手軽に

今回は豚丼のアレンジレシピをご紹介しました。手軽においしく作れて日ごろから活躍している豚丼ですが、さまざまな味つけをレパートリーに加えておくととても便利ですよ。ぜひこの機会に、さまざまな味つけを試してみてくださいね。

2 / 2ページ

人気のカテゴリ