2021.12.13

「意外にお酒と合います!」クセになる“紅生姜のおつまみ”レシピ5選

辛味と酸味が特徴の「紅生姜」。色も鮮やかできれいですよね。そんな紅生姜は、実はおつまみを作るのに大活躍する食材なんですよ!

そこで今回は、紅生姜を使ったおつまみレシピをご紹介します。もやしと一緒に豚バラ肉で巻いたものや、桜エビと合わせたかき揚げなどをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.紅生姜がアクセント もやしの豚バラ肉巻き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

紅生姜がアクセントになったお酒のおつまみにぴったりの、もやしの豚バラ肉巻きのご紹介です。ごま油で焼いたジューシーな豚バラ肉は、シャキシャキとしたもやしと相性抜群!紅生姜の辛味とポン酢の酸味でさっぱりといただけますよ。ごはんのおかずにもおすすめなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 豚バラ肉 (スライス)・・・100g
  • もやし・・・100g
  • 料理酒・・・小さじ1
  • 塩・・・少々
  • 紅生姜・・・50g
  • 塩こしょう・・・ひとつまみ
  • ポン酢・・・大さじ1
  • ごま油・・・小さじ2
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量
  • 白いりごま・・・適量

作り方

1.耐熱容器にもやしを入れ、料理酒、塩をふってラップをし、600Wのレンジで2分加熱します。
2.豚バラ肉で1と紅生姜を巻き、塩こしょうをふります。
3.フライパンを中火に熱し、ごま油をひいて2を焼きます。
4.焼き色が付いて火が通ったらポン酢を入れてよく絡め、火から下ろします。
5.器に盛り、フライパンに残ったポン酢をかけ、小ねぎと白いりごまを散らして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.紅生姜が決め手の鶏つくね

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

紅生姜のおいしさを存分に味わえる鶏つくねはいかがでしょうか。紅生姜の酸味や辛味を活かして、味つけは塩こしょうのみ!シンプルながら、あとを引くおいしさの一品です。長ねぎの風味はしいたけの旨味とよく合いますよ。おうち飲みのおつまみにこのメニューがあれば、よろこばれること間違いなしです。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏ひき肉・・・200g
  • 紅生姜・・・20g
  • 長ねぎ・・・1/3本
  • しいたけ・・・2個
  • 卵・・・1個
  • (A)片栗粉・・・大さじ1
  • (A)塩こしょう・・・少々
  • ごま油・・・大さじ1
  • ポン酢 (お好みで)・・・大さじ1
  • 大葉・・・2枚

作り方

準備.紅生姜は水気を切っておきます。大葉の軸は取っておきます。
1.長ねぎはみじん切りにします。しいたけも石づきを切り落とし、みじん切りにします。
2.ボウルに鶏ひき肉と1、紅生姜、卵と(A)をいれてよく練り、小判型に生成します。
3.フライパンを中火で熱し、ごま油を入れて2を焼きます。
4.焼き目が付いたらひっくり返し、蓋をして弱火で3分程焼き、火から下ろします。
5.大葉を敷いたお皿に4を盛り付け、ポン酢を添えて完成です。

3.少ない油で紅しょうがのかき揚げ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

箸が止まらなくなるおいしさ!紅生姜のかき揚げを作ってみましょう。一口食べれば、紅生姜と桜エビの風味が口いっぱいに広がりますよ。かき揚げは作るのが大変なイメージがあるかもしれませんが、天ぷら粉を使って少ない油で揚げると簡単にお作りいただけます。ぜひ手作りかき揚げにチャレンジしてみてくださいね。

材料(2人前)

  • 紅生姜・・・70g
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • 桜エビ・・・10g
  • 天ぷら粉・・・50g
  • 水・・・80ml
  • 揚げ油・・・適量
  • 大葉・・・2枚

作り方

準備.大葉は軸を切り落としておきます。
1.玉ねぎは薄切りにします。
2.ボウルに天ぷら粉、水を入れて混ぜ、1、紅生姜、桜エビを加えてさらに混ぜ合わせます。
3.フライパンの底から1cmほどの深さに揚げ油を入れて180℃に熱し、2を入れて形を整え、両面がきつね色になるまで5分ほど揚げ焼きにします。
4.大葉を敷いたお皿に盛り付け完成です。

人気のカテゴリ