2022.6.10

平日のお弁当作りにも助かる!まとめて作り置きできる“おかず”レシピ5選

今回は、平日のお弁当作りにも助かる「作り置きおかず」レシピをご紹介します。定番のほうれん草のソテーや、ごはんが進むこんにゃくのピリ辛炒め、食べ応えのあるエリンギつくねなどをピックアップしました。週末にまとめて作り置きできるレシピを、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.にんじんとピーマンのじゃこきんぴら風炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

パパッと手軽に作れる、にんじんとピーマンのじゃこきんぴら風炒めをご紹介します。鷹の爪の香りがたつまでごま油を加熱しているので、鷹の爪のピリリとした辛みがアクセントになっています。ちりめんじゃことごま油の風味がよく、パクパク食べられますよ。彩りがよいので、お弁当のおかずにもぴったりです。

材料(2人前)

  • にんじん・・・100g
  • ピーマン(50g)・・・2個
  • ちりめんじゃこ・・・10g
  • 鷹の爪輪切り・・・小さじ1/4
  • (A)めんつゆ(2倍濃縮)・・・大さじ1
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1
  • (A)塩・・・少々
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

準備.にんじんはヘタを切り落とし、皮を剥いておきます。 ピーマンは縦に半分に切り、ヘタと種を取り除いておきます。
1.にんじんは細切りにします。
2.ピーマンは細切りにします。
3.弱火で熱したフライパンにごま油、鷹の爪輪切りを入れ、香りが出てきたら1を加え中火で炒めます。
4.にんじんがしんなりとしたら、2を加えて中火で炒め合わせ、(A)、ちりめんじゃこを入れて全体に味がなじむまで炒めます。
5.火から下ろし、器に盛り付けて完成です。

2.常備菜に ほうれん草ソテー

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

あと一品欲しいときに、ほうれん草のソテーはいかがでしょうか。下ゆでしたほうれん草とベーコンをバターで炒めて、しょうゆやみりんなどで味つけすれば完成です。香ばしいバター醤油が、ベーコンの旨味とほうれん草になじんで、思わずお箸が伸びるおいしさ!粗挽き黒こしょうの風味が効いています。とっても簡単に作れるので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • ほうれん草・・・300g
  • お湯(ゆで用)・・・1000ml
  • 塩(ゆで用)・・・小さじ1
  • 薄切りロングベーコン・・・2枚
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1/2
  • (A)みりん・・・小さじ1/2
  • (A)塩・・・ふたつまみ
  • (A)粗挽き黒こしょう・・・ひとつまみ
  • 有塩バター・・・10g

作り方

準備.ほうれん草は根を切り落としておきます。
1.お湯を沸騰させた鍋に塩、ほうれん草を入れて1分程ゆで、流水で冷やし、水気をよく切り、根元を切り落として3cm幅に切ります。
2.薄切りロングベーコンを5mm幅に切ります。
3.フライパンに有塩バターをひき、中火で熱し、バターが溶けたら2を入れて焼き色が付くまで炒めます。
4.1を入れて油がまわるまで中火で炒めます。
5.(A)を加えて、中火のまま味がなじむまで炒め、火から下ろして器に盛り付けて完成です。

3.常備菜に こんにゃくのピリ辛炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

プリプリの食感がたまらない、こんにゃくのピリ辛炒めを作ってみましょう。格子状に切り込みを入れたこんにゃくを香りのよいごま油で炒めて、調味料で味つけするだけ!こんにゃくに甘辛い味が染みて、ごはんが進む味わいです。ピリッとした鷹の爪が食欲をそそります。こんにゃくに切り込みを入れることで、味が染みておいしく仕上がりますよ。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • こんにゃく(250g)・・・1枚
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)白だし・・・小さじ1
  • (A)白いりごま・・・小さじ1
  • (A)鷹の爪輪切り・・・小さじ1
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

準備.こんにゃくはパッケージの表記通りにアク抜きをしておきます。
1.こんにゃくは両面に5mm幅の格子状に切りこみを入れ、1.5cm角に切ります。
2.強火で熱したフライパンにごま油をひき、1を入れ、焼き色がつくまで炒めます。
3.(A)を入れて汁気がなくなるまで中火で炒めたら火から下ろし、器に盛り付けてできあがりです。

人気のカテゴリ