最終更新日 2022.7.29

「毎日ごはんの強い味方!」作り置きでゆとりを作る“副菜”レシピ5選

副菜のレパートリーが広がると、献立を考えるときにとっても助かりますよね。そこで今回は、冷蔵庫に作り置きしておくと便利な副菜のレシピをご紹介します。ねぎみそやこんにゃくのピリ辛炒め、彩りのよい卯の花など、献立にあるとうれしい副菜レシピをピックアップしました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.常備菜 ピーマンとちりめんじゃこのおかか山椒炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

思わず箸の進む、ピーマンとちりめんじゃこのおかか山椒炒めのレシピです。ピーマンにしょうゆや砂糖などの調味料を加えて炒め、ちりめんじゃことかつお節を加えて旨みたっぷりに仕上げました。じゃこの香ばしさとピーマンの歯ごたえがたまらない副菜です。さわやかな辛みのある山椒がアクセントになり、飽きの来ないおいしさですよ。冷めてもおいしく、作り置きにぴったり!ごはんにのせていただくのもおすすめです。

材料(2人前)

  • ピーマン (計250g)・・・6個
  • ちりめんじゃこ・・・30g
  • かつお節・・・4g
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ2
  • (A)粉山椒・・・小さじ1/2
  • ごま油・・・小さじ2

作り方

準備.ピーマンはヘタと種を取り除いておきます。
1.ピーマンは細切りにします。
2.フライパンにごま油をひいて中火で熱し、1を入れて炒めます。
3.全体に油がなじんだら(A)を加えて中火のまま炒めます。汁気が少なくなってきたら、ちりめんじゃこ、かつお節を加えてさっと炒め合わせ、火から下ろします。
4.器に盛り付けて完成です。

2.常備したい ねぎ味噌

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

万能調味料としても使える、ねぎみそのレシピをご紹介します。小口切りにした長ねぎを炒めてみそやみりんと合わせ、コクのあるみそだれを加えて煮詰めました。加熱したねぎはねっとりと甘く、みそだれとの相性も抜群!ごはんのお供にはもちろん、炒め物に調味料として加えたり、お肉や野菜につけたりしてもおいしくいただけますよ。とっても簡単に作れるので、ぜひお試しくださいね。

材料(100g分)

  • 長ねぎ・・・1本
  • (A)みそ・・・大さじ3
  • (A)みりん・・・大さじ2
  • (A)酒・・・大さじ2
  • (A)砂糖・・・大さじ1
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ2
  • かつお節・・・2g
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

準備.長ねぎは根元を切り落としておきます。
1.長ねぎを小口切りにします。
2.(A)をすべて混ぜ合わせます。
3.フライパンにごま油をひき、強火で1を炒めます。
4.長ねぎがしんなりしてきたら2を加えて中火煮詰めます。
5.水分が飛んだらかつお節を加えて中火のまま混ぜ合わせたら火から下ろします。お皿に盛り付け完成です。

3.常備菜に こんにゃくのピリ辛炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

箸休めにもなる、こんにゃくのピリ辛炒めはいかがでしょうか。こんにゃくを甘辛く煮詰め、アクセントに刻んだ鷹の爪をかけてピリ辛に仕上げました。あともう1品おかずが欲しいときにぴったりな副菜です。食材はこんにゃくだけなので、節約したいときにもおすすめですよ。辛いのが苦手な方は、鷹の爪の量を調整してくださいね。

材料(2人前)

  • こんにゃく (250g)・・・1枚
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)白だし・・・小さじ1
  • (A)白いりごま・・・小さじ1
  • (A)鷹の爪輪切り・・・小さじ1
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

準備.こんにゃくはパッケージの表記通りにアク抜きをしておきます。
1.こんにゃくは両面に5mm幅の格子状に切りこみを入れ、1.5cm角に切ります。
2.強火で熱したフライパンにごま油をひき、1を入れ、焼き色がつくまで炒めます。
3.(A)を入れて汁気がなくなるまで中火で炒めたら火から下ろし、器に盛り付けてできあがりです。

人気のカテゴリ