2019.3.20

サルサソースのピリ辛が癖になる!20分以内で作れるレシピ5選

サルサソースとは?

メキシコやスペイン料理によく使われ、ピリ辛な美味しさを楽しめるサルサソース。サルサとはスペイン語で、「ソース(液体調味料)」の総称のことをいいます。

一般的によく知られているサルサソースは、真っ赤な色合いのものが多いですよね?このサルサソースは、トマトベースに唐辛子やコリアンダーを使った、サルサ・ロハと呼ばれています。

しかし、サルサには色々な色合いや種類があり、サルサ・ベルデは緑色のサルサ、サルサ・クルダは生のサルサ、サルサ・ブラバはワイルドなサラダと多種多様です。

サルサソースを使ったレシピはタコス料理が有名ですが、その他にもサラダに使ったり、チキンに添えたりと色々な用途に使えます。ここからは簡単に作れる基本のサルサソースと、メインディッシュにも使うことができ、なおかつ20分以内で作れるサルサレシピを5つご紹介します。

簡単に作れる基本のサルサソース

サルサソースは市販でも売っているため、手作りなんて難しそう…と尻込みしてしまう方も多いかもしれません。

しかしサルサソースは、野菜を刻んで和えるだけで作れる簡単なソースです。フレッシュなトマトをたっぷり使って、タバスコで辛さを調整すれば、大人も子供も楽しめる万能調味料の出来上がりです。

もっと辛いサルサソースにしたい場合、ピーマンをししとうや青唐辛子に変えて作ってもいいですね!ピーマンをカラフルなパプリカにすれば、パーティ料理にもぴったりです。

モロヘイヤディップが健康的!チーズ巻きトルティーヤ

サルサソースを使うレシピといえば、やはりトルティーヤは外せません。こちらのレシピではトルティーヤの具材に、ピーマンとチーズのみ使っているので、シンプルなおいしさを楽しめます。このトルティーヤをピリリと辛いサルサソースと、刻んだモロヘイヤを混ぜたディップにつけてお召し上がりください。ビールのおつまみや、軽食にもおすすめですよ。

人気のカテゴリ