2022.8.25

「やる気のない日はパパッと済ます!」一品で大満足な“スピード丼”レシピ5選

時間がない日のランチや、疲れて帰ってきた日など、すぐに作れてお腹いっぱいになれるレシピがあるとうれしいですよね。今回は、一品で大満足できる「スピード丼」のレシピをご紹介します。ジューシーな照り焼きベーコンエッグ丼や、鶏の照りマヨ丼など、さまざまなレシピをピックアップしました!ぜひチェックしてくださいね。

1.ニラと豚ひき肉のピリ辛丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ガツンとした味わいがお好きな方は、ニラと豚ひき肉のピリ辛丼がおすすめです。豚ひき肉とニラ、調味料を炒めてごはんの上にのせるだけの簡単丼。ジューシーな豚ひき肉と香りのよいニラは、豆板醤の辛味が効いた甘辛い味わいとよく合います。すりおろしニンニクの風味もよく、ごはんがどんどん食べられますよ。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 豚ひき肉・・・100g
  • ニラ・・・50g
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • ごま油・・・小さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)みりん・・・小さじ1
  • (A)豆板醤・・・小さじ1/2
  • 卵黄・・・1個
  • 糸唐辛子・・・適量

作り方

1.ニラは5cm幅に切ります。
2.中火に熱したフライパンにごま油とすりおろしニンニクを入れます。
3.ニンニクが香り立ってきたら、豚ひき肉をいれて炒め、火が通ったら1、(A)を加えしんなりするまで中火で炒めます。
4.丼にごはん、3、卵黄、糸唐辛子の順に盛り付けて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

2.鶏の照りマヨ丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

甘辛い味わいがたまらない、鶏の照りマヨ丼をご紹介します。みりんやしょうゆなどで味つけした鶏もも肉は、噛むほどに旨味があふれ出し絶品!コクのあるマヨネーズとも相性がよく、子どもも喜ぶこと間違いなしです。温泉卵をくずせば、まろやかでさらに濃厚さがアップ。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • ごはん・・・360g
  • 鶏もも肉・・・200g
  • グリーンリーフ・・・20g
  • 薄力粉・・・大さじ1
  • (A)酒・・・大さじ2
  • (A)みりん・・・大さじ2
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・大さじ1
  • サラダ油・・・小さじ1
  • マヨネーズ・・・小さじ4
  • 温泉卵・・・2個
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.グリーンリーフは手で食べやすい大きさにちぎります。
2.鶏もも肉はひと口大に切ります。
3.ボウルに(A)を入れて、混ぜ合わせます。
4.2に薄力粉をまぶします。
5.フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、鶏もも肉を皮目から焼きます。
6.焼き色がついたら裏返し、片面も同様に焼き、火が通ったら3を加え中火のまま絡めながら焼きます。
7.ごはんをよそった丼ぶりにグリーンリーフを敷いて、6を盛りつけてマヨネーズをかけます。温泉卵をのせ、小ねぎを散らしたら完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

3.アボカドとサーモンのユッケ丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

好相性でおなじみの、アボカド×サーモンでユッケ丼を作ってみませんか。角切りにしたサーモンとアボカドを、しょうゆやコチュジャン、ごま油などを混ぜたタレと和え、ごはんの上にオン!旨味たっぷりのサーモンと濃厚なアボカドが、ピリ辛のタレとよく合います。やみつきになるおいしさですよ。香ばしい香りもよく、食欲をそそる一品です。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • サーモン (刺身用、柵)・・・100g
  • アボカド・・・1/2個
  • レモン汁・・・小さじ1/2

-----タレ-----

  • しょうゆ・・・大さじ1
  • コチュジャン・・・小さじ2
  • ごま油・・・小さじ2
  • 砂糖・・・小さじ1
  • 白いりごま・・・小さじ1
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • のり (刻み)・・・適量

作り方

準備.アボカドは皮をむき、種を取っておきます。
1.サーモンは1cm角に切ります。
2.アボカドは1cm角に切り、レモン汁をふります。
3.ボウルにタレの材料を入れ、1、2を加えて混ぜます。
4.器にごはんを盛り付け、3、のりをのせて完成です。

4.ごろごろ照り焼きベーコンエッグ丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

まるでカフェ気分!ごろごろ照り焼きベーコンエッグ丼のご紹介です。角切りにしたベーコンを甘辛い和風の味つけで焼いたら、レタス、目玉焼きとともにごはんにのせるだけ!ジューシーなベーコンが淡白なレタスと合い、箸が止まらないおいしさです。レタスのシャキシャキ食感もアクセントになりますよ。卵をくずしながら召し上がってくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • ブロックベーコン・・・150g
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • 卵 (Mサイズ)・・・1個
  • サラダ油・・・小さじ1
  • レタス・・・20g
  • 粗挽き黒こしょう・・・適量

作り方

1.レタスは細切りにします。
2.ブロックベーコンは1cmの角切りにします。
3.フライパンを中火で熱し、サラダ油をひき、卵を割り入れて焼きます。黄身が半熟状になったら火から下ろします。
4.同じフライパンの余分な油を拭き取り、2を入れて焼きます。全体に焼き色がついたら(A)を加えてさっと炒め合わせ、火から下ろします。
5.器にごはんをよそい、1、3、4をのせ、粗挽き黒こしょうを散らして出来上がりです。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

5.豚チーズキムチ丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ボリューム満点の、豚チーズキムチ丼はいかがでしょうか。豚肉の旨味とキムチの辛味、チーズのコクが相性抜群で、たまりません。ラー油のピリリとした辛さがよいアクセントになり、さらに豚肉のおいしさを引き立てます。長ねぎのシャキシャキとした食感もあいまって、満足感がありますよ。卵黄を崩してお召し上がりくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 豚ひき肉・・・100g
  • キムチ・・・100g
  • 長ねぎ・・・10cm
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • (A)しょうゆ・・・小さじ2
  • (A)砂糖・・・小さじ1
  • ラー油・・・2滴
  • ピザ用チーズ・・・20g
  • ごま油・・・大さじ1
  • 卵黄 (Mサイズ)・・・1個
  • 白いりごま・・・適量
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.長ねぎは斜め薄切りにします。
2.フライパンにごま油、すりおろしニンニクを入れて中火で熱します。ニンニクの香りが立ったら1、豚ひき肉を入れて炒めます。豚ひき肉の色が変わったらキムチを入れて炒めます。
3.全体がなじんだら(A)、ピザ用チーズ、ラー油を入れて中火で炒め合わせ、火から下ろします。
4.器にごはんを盛り付け、3、卵黄をのせます。
5.白いりごま、小ねぎをのせて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

満足感たっぷりの、スピード丼をマスターしよう!

いかがでしたか。今回は、一品で大満足できるスピード丼のレシピを5つご紹介しました。ボリューム満点の丼レシピは、時間がないときのランチや、忙しい日の夜ごはんなど、幅広いシーンで活躍します。ご紹介したレシピを参考に、お好みのスピード丼を見つけてみてくださいね。

人気のカテゴリ