最終更新日 2023.3.30

「品数いらずでラクラク!」1品で満足の“絶品どんぶり”レシピ5選

「品数いらずでラクラク!」1品で満足の“絶品どんぶり”レシピ5選

1品で満足度が高いどんぶりは、人気がありますよね。そこで今回は、おいしさもお墨付きのどんぶりレシピをご紹介します。親子丼などの定番レシピや、見た目が可愛いつくね丼など、バリエーション豊富にピックアップしました。簡単にお作りいただけるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

1.コロコロ豚肉の甘辛豚丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

コロコロとした見た目もかわいらしい、コロコロ豚肉の甘辛豚丼のレシピをご紹介します。ジューシーでありながらもしっかりとした歯ごたえを感じる豚肩ロースを、角切りにして炒めます。濃いめの味つけなので、ごはんがモリモリ進む一品です。コクのある卵黄を絡ませるとマイルドな味わいになるので、ふたつの味が楽しめますよ。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 豚肩ロース (ブロック)・・・150g
  • 片栗粉・・・小さじ1
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1.5
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ1
  • サラダ油・・・小さじ2

-----トッピング-----

  • 卵黄 (Mサイズ)・・・1個
  • 七味唐辛子・・・適量

作り方

1.豚肩ロースは1cmの角切りにします。
2.ボウルに1を入れて片栗粉をまぶします。
3.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、2を入れて、焼き色がつくまで焼きます。
4.中火のまま(A)を入れて炒め合わせます。豚肩ロースに火が通り、全体に味がなじんだら火から下ろします。
5.器にごはんをよそい、4を盛り付け、トッピングをのせて完成です。

2.がっつり 豚肉もやし丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ニンニクの風味が食欲をそそる、がっつり豚肉もやし丼はいかがでしょうか?シャキシャキとしたもやしとジューシーな豚バラ肉、ニラの風味が絶妙な組み合わせです。水溶き片栗粉でとろみをつけるので、ごはんによく絡むおいしい一品になりますよ。もやしでかさ増しができるのも助かりますね。今日の晩ごはんにいかがでしょうか。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 豚バラ肉 (スライス)・・・60g
  • もやし・・・50g
  • ニラ・・・20g
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・大さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • 水溶き片栗粉・・・小さじ1
  • サラダ油・・・小さじ1
  • 卵黄 (Mサイズ)・・・1個
  • 白いりごま・・・小さじ1

作り方

1.ニラは3cm幅に切ります。
2.豚バラ肉は3cm幅に切ります。
3.ボウルに(A)の材料を入れてよく混ぜ合わせます。
4.フライパンにサラダ油をひき、中火で熱し、2を入れて炒めます。火が通ったらもやしを入れ、30秒ほど炒めます。
5.1を入れて中火のまま炒め、しんなりしたら3を入れて煮立たせます。
6.水溶き片栗粉を入れ、とろみがつくまで中火で加熱したら火から下ろします。
7.丼にごはんをよそい、6を盛り付けます。卵黄をのせ、白いりごまをかけて完成です。

3.ごはんがすすむ 鶏もも肉の甘酢丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

甘酢ダレがおいしい、鶏もも肉の甘酢丼を作ってみましょう!ジューシーな鶏もも肉を、程よい酸味が効いた調味料で炒めます。濃厚な味わいと、キャベツの千切りも抜群の組み合わせです。丼として食べてもおいしいレシピですが、ごはんにのせずに食べてもとてもおいしいですよ。おつまみとしてもおすすめの一品なので、ぜひお試しくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・230g
  • 鶏もも肉・・・250g

-----下味用-----

  • 片栗粉・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・少々

-----合わせ調味料-----

  • しょうゆ・・・大さじ2
  • 酢・・・大さじ2
  • 砂糖・・・大さじ2
  • サラダ油・・・大さじ1

-----トッピング-----

  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量
  • 白いりごま・・・適量
  • 温泉卵・・・1個

-----添え物-----

  • キャベツ (千切り)・・・30g

作り方

1.鶏もも肉は一口大に切ります。
2.塩こしょうをふり下味をつけたら片栗粉を薄くまぶします。
3.ボウルに合わせ調味料の材料を入れ、混ぜ合わせます。
4.フライパンにサラダ油をひき、2をこんがり焼き色がつくまで中火で炒めます。
5.中火のまま3を入れて汁気が1/3量ほどになり、鶏もも肉に火が通るまで加熱し、火から下ろします。
6.器にごはんを盛り、キャベツを敷いてその上に5をのせます。
7.トッピングをのせて完成です。

4.めんつゆで簡単 親子丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

調味料はひとつだけ!めんつゆで簡単親子丼のレシピをご紹介します。加熱して甘みの増した玉ねぎと、ふわふわの卵が、ほっとする味わいの一品です。シャキシャキとした食感の三つ葉もアクセントになっています。料理初心者の方にもおすすめな簡単レシピです。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん (温かいもの)・・・200g
  • 鶏もも肉・・・50g
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • 三つ葉・・・15g
  • 溶き卵・・・2個分
  • (A)水・・・100ml
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ3.5

作り方

1.玉ねぎを薄切りにします。
2.三つ葉の根元を切り落とし、3cm幅に切り、1本分飾り用に残します。
3.鶏もも肉を2cm角に切ります。
4.フライパンに(A)、1、3を入れて肉に火が通るまで中火で加熱します。
5.2を入れてさっと混ぜたら、強火でひと煮たちさせ、溶き卵を回し入れてさっと混ぜ、周りが固まってきたら火から下ろします。
6.ごはんを盛った丼に5をかけ、飾り用の2を乗せたら完成です。

5.がっつり 大きなつくね丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

まんまるの大きなつくねが特徴の、つくね丼はいかがでしょうか?食べごたえのある大きなつくねと、大葉の風味、しっかりとした味つけがクセになる一品です。つくねを焼く際にくぼみを作ることで、火通りが良くなり卵黄ものせやすくなりますよ。見た目が華やかなわりに、簡単にお作りいただけます。忙しい日の献立としてもおすすめです。

材料(1人前)

  • ごはん・・・180g

-----つくね-----

  • 鶏ひき肉・・・100g
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • 卵白・・・1個分
  • すりおろし生姜・・・小さじ1
  • 塩こしょう・・・少々
  • 片栗粉・・・小さじ1
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)酒・・・大さじ1
  • サラダ油・・・小さじ2
  • 大葉・・・2枚
  • 卵黄・・・1個分

作り方

1.玉ねぎはみじん切りにします。
2.ボウルにつくねの材料を入れてよく捏ねます。
3.(A)を合わせます。
4.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、2を入れて、中央にスプーンでくぼみを作り、焼きます。
5.焼き色がついたら裏返して、中火で5分ほど焼きます。
6.火が通ったら3を回し入れ、中火で煮立たせます。汁気が半量ほどになったら火から下ろします。
7.器にごはんをよそい、大葉、6、卵黄の順に盛り付けて完成です。

お気に入りのどんぶりで、大満足の献立にしよう!

いかがでしたか?食べごたえが抜群のどんぶりレシピを5つご紹介しました。具材に味つけしたたれがごはんに絡んで、お箸がどんどん進むレシピばかりでしたね!どんぶりは作るのも食べるのも手軽な料理なので、ぜひ試してみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ