2022.9.16

「ごはんにのせるだけ!」ちょっと小腹を満たしたい時の“夜食”レシピ5選

小腹が空いた夜、サッと満足感が得られるレシピがあれば便利ですよね。そこで今回は、ごはんにのせるだけで作れる「夜食レシピ」をご紹介します。濃厚な味わいの明太バターしらす丼や、具だくさんなねぎとろ丼、わさびじょうゆがおいしいおかか卵かけごはんなど、さまざまなレシピをピックアップ!ぜひチェックしてくださいね。

1.わさび醤油でいただく おかか卵かけごはん

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ピリッとした刺激がお好きな方は、おかか卵かけごはんがおすすめです。かつお節とのり、卵黄をごはんにのせ、わさびが効いたしょうゆダレをかけました。まろやかな卵黄に、かつお節の風味やわさびじょうゆの辛さが合わさり、とってもおいしいですよ。少ない調味料でできるので、時間のない日のランチにもぴったりです。

材料(1人前)

  • ごはん (温かいもの)・・・200g
  • かつお節・・・5g
  • のり (刻み)・・・大さじ1
  • 卵黄 (Mサイズ)・・・1個
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

-----たれ-----

  • しょうゆ・・・大さじ1
  • わさび・・・小さじ1

作り方

1.ボウルにたれの材料を入れ、わさびが溶けるまでよく混ぜ合わせます。
2.器にごはんをよそい、かつお節、のり、卵黄をのせ小ねぎを散らし、1を回しかけたら出来上がりです。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

2.明太バターしらす丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ごはんと相性のよい、明太子としらすを組み合わせたレシピです。ごはんにバターを溶かしたらほぐした明太子としらす、トッピングをのせて完成。プチプチとした明太子の辛味としらすの旨味が、コクのあるバターごはんとよく合います。白いりごまも香ばしく、食欲をそそりますよ。お酒のあとに軽く食べたいときにもいいですね。

材料(1人前)

  • ごはん (温かいもの)・・・200g
  • 有塩バター・・・10g
  • 明太子・・・30g
  • 釜揚げしらす・・・20g
  • 白いりごま・・・適量
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.明太子は薄皮を取り除き、ほぐしておきます。
1.ボウルにごはん、有塩バターを入れて混ぜます。
2.丼によそい、釜揚げしらす、明太子をのせ、白いりごま、小ねぎをかけて完成です。

3.サックリ てんかすたっぷりたまごかけごはん

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

サクサク食感がクセになる、てんかすたっぷりたまごかけごはんはいかがでしょうか。ごはんの上に、青のりを混ぜた天かすと卵をのせ、めんつゆで味つけするだけ!ジューシーな天かすとまろやかな卵に、青のりの磯の風味が香り、あと引くおいしさです。火も包丁も使わないので、手軽に作れますよ。ぜひお試しください。

材料(1人前)

  • ごはん (温かいもの)・・・150g
  • 天かす・・・20g
  • 青のり・・・1g
  • 卵 (Mサイズ)・・・1個
  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1/2
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.ボウルに天かすと青のりを入れて混ぜます。
2.器にごはんを盛り付け、1をのせます。
3.真ん中に卵をのせます。
4.小ねぎを散らして、めんつゆをかけて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

4.いろいろ具材のねぎとろ丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

一口でさまざまなおいしさが味わえる、いろいろ具材のねぎとろ丼をご紹介します。ごはんと相性のよいねぎとろに、ジューシーな天かす、まろやかな卵黄、風味のよいめんつゆなどを合わせました。噛むほどにそれぞれの旨味が広がり、奥深い味わいに。シャキシャキの小ねぎやサクサクの天かすで、食感も楽しいですよ。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • マグロ (ねぎとろ用)・・・100g
  • 小ねぎ・・・10g
  • のり (19cm×6cm)・・・1枚
  • 天かす・・・5g
  • 卵黄 (Ⅿサイズ)・・・1個分

-----タレ-----

  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・小さじ2
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • 砂糖・・・小さじ1/2

作り方

1.小ねぎは根元を切り落とし、小口切りにします。
2.ボウルにタレの材料を入れ、混ぜ合わせます。
3.丼にごはんをよそい、のりを手でちぎって敷き詰めます。
4.マグロ、天かすを盛り、中央に卵黄を落とし、1を散らします。
5.2を添えて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

5.簡単シンプル ごま油で釜あげしらす丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

思わずおかわりしたくなる!ごま油で釜あげしらす丼のご紹介です。旨味たっぷりの釜あげしらすを、香ばしいごま油や塩、大葉などと一緒にごはんにオン!しらすの塩気が効いているので、味つけは少量の塩だけでおいしく仕上がりますよ。大葉のさわやかさがいいアクセントになり、やみつきになるおいしさです。朝ごはんやランチにもおすすめですよ。

材料(1人前)

  • ごはん・・・250g

-----トッピング-----

  • 釜揚げしらす・・・50g
  • 大葉・・・3枚
  • 小ねぎ (小口切り)・・・大さじ2
  • 卵黄 (Mサイズ)・・・1個
  • (A)ごま油・・・大さじ1.5
  • (A)塩・・・小さじ1/4
  • 白いりごま・・・小さじ1

作り方

1.大葉は軸を切り、5mm幅に切ります。
2.(A)を混ぜます。
3.器にごはんをよそい、1、釜揚げしらす、小ねぎを盛り付け、真ん中に卵黄をのせます。
4.2、白いりごまをかけて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

さっと小腹を満たしたいときは、ごはんにのせるだけレシピにおまかせ!

いかがでしたか。今回は、ごはんにのせるだけで作れる夜食レシピを5つご紹介しました。釜揚げしらすや明太子、生卵など、そのままでもごはんと相性のよい食材は、味つけ次第でさらにおいしさアップ!食べごたえもばっちりなので、夜食にはもちろん、朝ごはんやランチにもぜひ作ってみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ