2022.8.12

「白だし」がない時どうする?覚えておきたい“代用アイデア“3つを検証してみた!

ふわっと香るだしの風味が魅力の「白だし」。使い勝手がいいのでご家庭に常備している方も多いかと思いますが、つい切らしてしまうこともありますよね。今回は、白だしがないときに代用として使える調味料をいくつか比較し、その味わいの違いについて検証してみました。白だしを使ったおすすめレシピもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

  • 目次
  • そもそも白だしとは?
  • 白だしの代用方法をチェック!
  • めんつゆを使って代用する方法
  • 納豆のタレを使って代用する方法
  • 薄口醤油+顆粒だし+みりん
  • 白だしの代用方法としておすすめなのは…?
  • 白だしを使ったおすすめレシピをご紹介!
  • 白だしで簡単 だし巻き卵

そもそも白だしとは?

透き通るような淡い色味が特徴の白だし。原料には白醤油が使われており、ほかにもかつお節や昆布だし、みりんなど複数の調味料が含まれています。一方、味わいの似ている「だし醤油」や「めんつゆ」の原料には、濃口醤油が使われています。

白だしのよさはなんといっても、素材の色を活かせること!また、うすめる濃度によって卵焼きや炒め物、煮物など、幅広い料理に使える万能調味料でもあります。淡い色合いとは裏腹に、味わいには深みがあり、料理に少し加えるだけでも味が決まりやすくなりますよ。

白だしの代用方法をチェック!

一本あればいろいろな料理に使える白だしですが、うっかり切らしてしまった…というときもありますよね。そこで今回は、身近な調味料を使った代用方法を検証していきます。

めんつゆを使って代用する方法

まず最初に試すのは、ご家庭に常備していることも多い「めんつゆ」です!白だしの買い置きがなくても、めんつゆならある、ということは多そうですよね。

めんつゆは甘みが強く、マイルドな味わいが特徴です。白だしとは少し味わいが違うため、白だしの代用品としては好みが分かれるかもしれません。

また、薄めて使ったとしても色味は白だしより濃くなってしまうため、料理を素材の色を活かした仕上がりにしたいときにはあまり向いていません。

とはいえ、手元に白だしがないとき、気軽に代用品として使用できるのはとってもありがたいですよね!

納豆のタレを使って代用する方法

次にご紹介するのは、「納豆のタレ」!納豆を食べるときに付属のタレを使わないので、いつも余ってしまう…という方におすすめの方法です。

納豆のタレは小分けになっているため、少量使いたいときには便利な方法ですね。

ただ、こちらも色味が濃い目で、白だしと比べて塩味も強い印象でした。

薄口醤油+顆粒だし+みりん

最後にご紹介するのは、「薄口醤油+顆粒だし+みりん」の組み合わせです!

今回は、薄口醤油25gと顆粒だし4g、みりん2gを混ぜ合わせたものを作りました。薄口醬油を使っているので色味がほかの2つと比べて薄く、白だしを使ったときのように素材の色合いを活かした仕上がりになるのがうれしいところ。

この状態だと塩味が強いですが、使う料理によって薄めれば色合いも薄まるので、白だしの代用として使い勝手がいいように思いました。

白だしの代用方法としておすすめなのは…?

今回は白だしの3つの代用方法を検証しましたが、どれも工夫次第で白だしの代用として使えることが分かりました!手軽に代用したいときにおすすめなのは「めんつゆ」、少しだけ使いたいときには「納豆のタレ」、なるべく白だしの風味を再現したいときには「薄口醤油+顆粒だし+みりん」の組み合わせと、用途によって使い分けるのがよさそうです。

中でも「薄口醤油+顆粒だし+みりん」は、今回試した中では白だしと一番材料が近く、白だしの味をかなり再現できているように感じました。

作りたいレシピを検索したら白だしが必要だった…というときなどに、ぜひ参考にしてみてくださいね!

白だしを使ったおすすめレシピをご紹介!

ここからは白だしを使ったおすすめレシピをご紹介します。簡単なだし巻き卵やピーマンともやしの白だし炒めなど、奥深い味わいが楽しめるおかずレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

白だしで簡単 だし巻き卵

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

白だしを入れて作る、簡単だし巻き卵はいかがでしょうか。卵だけで作る卵焼きよりもふっくらジューシーに仕上がりますよ。だしの香りが食欲をそそり、お箸がどんどん進みます。さっぱり味の大根おろしと一緒にいただくと、また違った味わいが楽しめますよ。朝ごはんやお酒のおつまみにもおすすめなので、ぜひ試してみてくださいね。

材料(2人前)

-----卵液-----

  • 卵 (Mサイズ)・・・3個
  • 水・・・大さじ3
  • 白だし・・・大さじ1
  • 塩・・・ひとつまみ
  • サラダ油・・・小さじ1
  • 大根・・・100g
  • 大葉・・・2枚
  • しょうゆ・・・適量

作り方

準備.大根は皮をむいておきます。 大葉は軸を取っておきます。
1.大根はすりおろします。
2.ボウルに卵液の材料を入れ混ぜ合わせます。
3.卵焼き器にサラダ油を入れ強火にし、キッチンペーパーで全体になじませます。
4.卵焼き器がしっかり熱くなったら中火にし、2の1/3量を流し入れます。半熟状になったら奥から手前に巻いて、奥に移動します。
5.2の1/3量を流し入れたら、卵焼きを少し持ち上げて、卵焼きの下にも卵液が行き渡るようにします。卵が半熟状になったら、奥から手前に巻いて、奥に移動します。同様に残りの2を焼き、火が通ったら火から下ろします。
6.4等分に切ったら器に盛り付け、大葉を添え、水気を切った1にしょうゆをたらして、完成です。

シャキシャキピーマンともやしの白だし炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

シャキシャキのピーマンともやしの食感がたまらない、とっても簡単な炒めものをご紹介します。あともう一品ほしいときにさっと作れるのもうれしいポイントです。ピーマンのほどよい苦味と、クセのないみずみずしいもやしに、白だしのやさしく奥深い味わいは相性抜群!ごま油といりごまのダブル使いで風味よく仕上がり、ごはんのおかずにもよく合いますよ。あともう一品ほしいときにさっと作れるのもうれしいポイントです。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • ピーマン (5個)・・・130g
  • もやし・・・130g
  • (A)白だし・・・大さじ1.5
  • (A)白いりごま・・・小さじ1/2
  • ごま油・・・小さじ1

作り方

準備.ピーマンはヘタと種を取り除いておきます。
1.ピーマンは細切りにします。
2.中火で熱したフライパンにごま油をひき、1、もやし、(A)を入れて油がまわりもやしに火が通るまでさっと炒め、火から下ろします。
3.器に盛り付けて完成です。

白だしで手軽に ほっこり肉じゃが

※画像タップでレシピ動画ページに味わいの移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに味わいの移動します。

ほっこり心が和むおいしさの、簡単肉じゃがを作ってみましょう。白だしを使うと、まろやかな味わいに仕上がりますよ。ほくほくのじゃがいもに豚肉やだしの旨みがしみこみ、ついついお箸が止まらなくなること間違いなし!枝豆を小ねぎやゆでたさやいんげんに代えるアレンジもおすすめです。ぜひトライしてみてくださいね!

材料(2人前)

  • 豚こま切れて肉・・・150g
  • じゃがいも (計250g)・・・2個
  • 玉ねぎ・・・1/2個
  • にんじん・・・1/2本
  • 水・・・300ml
  • 白だし・・・大さじ3
  • サラダ油・・・大さじ1/2
  • 枝豆 (冷凍・正味量)・・・30g

作り方

準備.じゃがいもは皮を剥き、芽を取り除いておきます。にんじんは皮を剥いておきます。 枝豆はパッケージの表記通りに解凍し、薄皮を取り除いておきます。
1.じゃがいもは一口大に切ります。玉ねぎは1cm幅に切ります。にんじんは乱切りにします。
2.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、豚こま切れ肉を入れ炒めます。色が変わってきたら1を入れ炒めます。
3.豚こま切れ肉に火が通ったら水、白だしを入れ中火のまま加熱します。ひと煮立ちしたら蓋をして、10分程、じゃがいもに火が通るまで煮込み火から下ろします。
4.器に盛り付け、枝豆を散らして完成です。

白だしの代用方法はこれでバッチリ!

今回は、白だしの特徴や代用方法についてご紹介しました。白だしを切らしてしまったとき、身近な調味料を使った代用方法をいくつか知っていると安心ですよね。お料理の仕上がりの色合いやお好みの風味に合わせて、ご紹介した3つの方法を使い分けるのがおすすめです。今回ご紹介したレシピと合わせて、ぜひ参考にしてみてくださいね!

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ