2021.11.15

【にんじんしりしり】の基本レシピと、箸が止まらない人気アレンジ6選

にんじんは色々な食材と相性のいい万能野菜

沖縄の郷土料理である「にんじんしりしり」。にんじんのおいしさを存分に楽しめて、お子様でも食べやすいので人気がありますよね。

そこで今回は、そんなにんじんしりしりの基本レシピとアレンジレシピをご紹介します。めんつゆで簡単に味が決まるものや電子レンジで作れるものなど、手軽に作れるレシピを集めました。じっくり火を通すことで引き出されるにんじんの甘みと旨みに、思わず箸が止まらなくなってしまうこと間違いなしですよ!ぜひチェックしてみてくださいね。

沖縄家庭料理!にんじんしりしり

にんじんと卵を使った定番のにんじんしりしりをご紹介します。味つけに使うのはなんと塩だけ!にんじん本来のおいしさと甘みを楽しめる一品です。とろっと半熟の卵がにんじんに絡んで箸が止まらなくなるおいしさですよ!にんじんの千切りはスライサーやにんじんしりしり器を使うとより簡単にお作りいただけます。あっという間にできあがるので、献立にもう一品追加したい時におすすめです。ぜひ作ってみてくださいね。

にんじんを炒めたら真ん中にくぼみを作るように寄せ集めます。溶き卵が溢れないようにくぼみに入れたら、そのまま卵が固まり始めるまで混ぜずに待ちましょう。ある程度まで卵に火を通してから軽く混ぜるとちょうどよくまとまりますよ。卵が固まらないうちに混ぜると、全体がまとまらずにポロポロとした食感になってしまうので気をつけましょう。混ぜた後は火を止めて余熱で仕上げてくださいね。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

レンジで簡単 にんじんシリシリ

電子レンジで手軽に作れるにんじんシリシリレシピは、忙しいときにおすすめ!油を使用しないので、フライパンで調理したものよりもさっぱりとした味わいに仕上がります。溶き卵に顆粒和風だしを加えるのがこのレシピのポイント!味がなじみやすくなり、おいしく仕上がります。時短で作れるので、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

このレシピでは600Wで30秒ほど加熱していますが、ご使用の電子レンジによって加熱時間に差があるため、レシピ通りに加熱しても卵が固まらない場合があります。その場合は、様子を見ながら10秒ずつ追加加熱してください。溶き卵が9割程度固まってから加熱を止めると、ふんわりと仕上がりますよ。卵は火を通しすぎるとボソボソっとした食感になってしまうので、加熱のし過ぎには注意しましょう。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ