2022.2.19

「おつまみや副菜に!」あともう1品欲しいときの"やみつき"レシピ5

今回はお酒のおつまみに大活躍間違いなしの「やみつきおつまみ」レシピをご紹介します。手間いらずで作れるうずらの卵のニラだれ漬けや、箸休めにぴったりのオクラの浅漬け、やみつきになる味わいのこんにゃくのオイマヨ炒めなどのレシピをピックアップ!ぜひチェックしてみてくださいね。

1.やみつきおつまみ うずらの卵のニラだれ漬け

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

食べ進める手が止まらない「やみつきおつまみ うずらの卵のニラだれ漬け」です。みじん切りにしたニラや合わせ調味料にうずらの卵を漬け込み、手軽に仕上げました。めんつゆを使ったシンプルな味つけに、ニラやごま油、ニンニクや生姜の風味を加えてやみつきのおいしさに!一口サイズのうずらの卵で作ることで、ぱくぱくと食べられますよ。パパッとおつまみを作りたいときなどに、ぜひ活用してみてくださいね。

材料(2人前)

  • うずら卵の水煮・・・10個
  • ニラ・・・20g
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ2
  • (A)ごま油・・・小さじ2
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1
  • (A)塩・・・小さじ1/4
  • 白いりごま・・・適量

作り方

1.ニラはみじん切りにします。
2.ボウルにうずら卵の水煮、1、(A)を入れて全体に味がなじむように和えます。ぴったりとラップをして、味が染みこむまで冷蔵庫で1時間程置きます。
3.器に盛り付け、白いりごまを散らして出来上がりです。

2.やみつき オクラの浅漬け

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

箸休めにもぴったり、オクラの浅漬けのレシピをご紹介します。サッとゆでたオクラに千切り生姜、白だし、鷹の爪を合わせました。風味豊かな白だしに、生姜の風味がアクセントになって奥深い味わいの一品です。さっぱりと食べられるので、箸がどんどん進みますよ。お酒のおつまみにはしっかりと冷やすのがおすすめです。ぜひ挑戦してみてくださいね。

材料(2人前)

  • オクラ・・・10本
  • 塩 (板ずり用)・・・小さじ1
  • お湯 (ゆで用)・・・適量
  • 生姜・・・1片
  • (A)白だし・・・大さじ3
  • (A)鷹の爪輪切り・・・小さじ1/3

作り方

準備.生姜は皮をむいておきます。
1.生姜は千切りにします。
2.オクラはヘタの先端を切り落とし、ガクを取り除きます。塩をふり、板ずりします。
3.鍋にお湯を沸騰させ、2を入れて1分ほどゆでたらお湯を切り、粗熱を取ります。
4.ジッパー付き保存袋に3、1、(A)を入れて混ぜ合わせ、冷蔵庫で10分程置きます。
5.お皿に盛り付けて完成です。

3.やみつき こんにゃくのオイマヨ炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

プリプリ食感がクセになる、こんにゃくのオイマヨ炒めを作ってみましょう!格子状に切り込みを入れたこんにゃくを焼き色がつくまで炒め、マヨネーズとオイスターソースを合わせて仕上げました。切り込みを入れたこんにゃくにオイマヨソースがしっかり絡んでクセになるほどのおいしさ!作りやすい分量なので、レシピを覚えておくと便利ですよ。パパッとお作りいただけますので、ぜひ試してみてくださいね。

材料(2人前)

  • こんにゃく (250g)・・・1枚
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ2
  • (A)オイスターソース・・・大さじ1
  • サラダ油・・・大さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.こんにゃくの両面に5mm幅の格子状に切り込みを入れ、2cm角に切ります。
2.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、 1を入れて全体に焼き色がつくまで5分程炒めます。
3.中火のまま(A)を加えて炒め、味がなじんだら火から下ろします。
4.器に盛り付け、小ねぎを散らして完成です。

人気のカテゴリ