最終更新日 2019.6.12

コーンスターチを使いこなすおすすめレシピ7選!

コーンスターチとは?

コーンスターチは、名前の「コーン」からわかるようにとうもろこしで作られた粒子の細かい粉です。

片栗粉と同じ性質を持ち、水で溶いて加熱するととろみをつけることが出来ます。

コーンスターチでつけたとろみは時間がたって冷えても持続するので、カスタードクリームの材料やゼリーやプリンの凝固剤としても使われています。

コーンスターチはとろみをつける以外にも、焼き菓子に使うと、サクサクとした軽い食感に仕上げることもできます。

また、片栗粉や小麦粉の代用として唐揚げの衣にも使うことができます。

唐揚げの衣にコーンスターチを使うと、さっくりとした軽い仕上がりになりますよ。

コーンスターチは他にもいろいろな料理を美味しく作ることが出来るので、レシピを参考に活用してみてくださいね。

ボリューム満点!コーンスターチのサラダ風ガレット

フランスのブルターニュ地方の郷土料理のガレットを、ボリュームたっぷりに仕上げたレシピです。ガレットとは、そば粉で作るクレープです。

このレシピのガレット生地は、そば粉にコーンスターチを混ぜて焼き上げます。

たっぷりの野菜とアボカドやチーズ相性が良く、ボリュームもあるので朝食やブランチにおすすめですよ。

絶品!コーンスターチを使ったニラ蒸し餃子

もちもちとした食感の餃子の皮は、「浮き粉」とよばれる粉を使って作ると本格的になりますが、手に入りやすいコーンスターチを使って作ることもできます。

餃子の皮は作るのが難しそうですが、意外と簡単にでき、手作りの餃子の皮は、ぷりぷりとしてとっても美味しいですよ!

生地が固まりにくい場合はコーンスターチを少ずつ足して、調節しながら作ってくださいね。

もちもちの生地からうっすらとニラが透けて見えて、色合いも綺麗な餃子を作ることが出来ます。

人気のカテゴリ