2021.8.4

「めんつゆオンリー!」ぱぱっと味つけ簡単“メインおかず”レシピ5選

簡単に和食を作りたいときに欠かせない万能調味料「めんつゆ」。常備しているご家庭も多いですよね!

そこで今回は、使う調味料はめんつゆだけ!簡単に味が決まるおかずレシピをご紹介します。鶏肉と卵で作る親子煮やひき肉とピーマンの炒め物など、冷蔵庫によくある食材で手軽に作れるレシピをピックアップしました。料理初心者さんでも失敗なく作れるレシピばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.鶏ひき肉とピーマンのめんつゆ卵炒め 

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

味つけに使う調味料はめんつゆのみ!ぱぱっと手軽に作れる、鶏ひき肉とピーマンの卵炒めのご紹介です。ほろ苦いピーマンと旨みたっぷりの鶏ひき肉にふんわり卵がよく合います。ごま油の風味も効いていて、箸がどんどん進みますよ!めんつゆにはしょうゆやだし、みりんなど旨みたっぷりの調味料が含まれているので、めんつゆのみでもばっちり味が決まります。ぜひ試してみてくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏ひき肉・・・150g
  • ピーマン (計120g) ・・・4個
  • 卵 (Mサイズ) ・・・2個
  • めんつゆ (2倍濃縮) ・・・大さじ3
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

準備.ピーマンはヘタと種を取り除いておきます。
1.ピーマンは乱切りにします。
2.ボウルに卵を割り入れよく溶きほぐします。
3.中火に熱したフライパンにごま油をひき、2を入れて大きくかき混ぜ、半熟状になったら、一度取り出します。
4.同じフライパンに鶏ひき肉を入れ、色が変わるまで中火で炒めます。
5.1を入れ、鶏ひき肉とピーマンに火が通るまで中火で3分程炒めます。
6.3、めんつゆを入れ、全体に味がなじむまで中火で炒め、火から下ろします。
7.器に盛り付けて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

2.めんつゆで簡単 厚揚げと豚バラの梅煮

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ジメジメとした今の季節にぴったり!梅干しの風味がアクセントになった、さっぱりとした味わいの煮物レシピはいかがでしょうか。使う食材は少ないですが、食べ応えのある厚揚げと旨みたっぷりの豚バラ肉でボリューム満点に仕上がります!梅の酸味が効いていて、ジューシーな豚バラ肉もさっぱりとお召し上がりいただけますよ。めんつゆだけで味つけしたとは思えないほど奥深い味わいの一品です。

材料(2人前)

  • 厚揚げ (2枚) ・・・350g
  • 豚バラ肉 (薄切り) ・・・150g
  • 梅干し・・・2個
  • 水・・・100ml
  • めんつゆ (2倍濃縮) ・・・大さじ1.5
  • 小ねぎ (小口切り) ・・・適量

作り方

準備.梅干しは種を取り除いておきます。
1.厚揚げは半分に切り、2cm幅に切ります。
2.梅干しはペースト状になるまで包丁でたたきます。
3.豚バラ肉は3cm幅に切ります。
4.中火で熱した鍋に3を入れ、色が変わったら1、2、水、めんつゆを加えます。
5.ひと煮立ちしたら弱火にし、落とし蓋をして15分程煮ます。全体に味がなじんだら火から下ろし、器に盛り付け、小ねぎをかけて完成です。

3.鶏肉と卵の親子煮 

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

お酒のおつまみにもぴったりな親子煮はレパートリーに加えておくと便利な一品です!甘みのある玉ねぎと旨みたっぷりの鶏もも肉をとろーり卵でとじました。めんつゆだけで味つけするので、しょうゆや料理酒などを軽量する手間もかかりませんよ!卵が半熟状態になったらすぐに火から下ろすのが、ふわとろ食感に仕上げるコツです。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏もも肉・・・300g
  • 玉ねぎ (100g) ・・・1/2個
  • 溶き卵 (Mサイズ) ・・・2個分
  • めんつゆ (2倍濃縮) ・・・50ml
  • 水・・・大さじ3

-----トッピング-----

  • 小ねぎ (小口切り) ・・・適量

作り方

1.玉ねぎは薄切りにします。
2.鶏もも肉は一口大に切ります。
3.フライパンにめんつゆ、水、1、2を入れ蓋をして鶏もも肉に火が通るまで弱火で5分ほど加熱します。
4.溶き卵を回し入れ、再度蓋をし弱火で1分ほど加熱して溶き卵が半熟状態になったら火から下ろし器に盛り付けて小ねぎを散らしてできあがりです。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ