2022.3.7

「やる気のない日はパパッと済ます!」一品で大満足な"夜ごはん"レシピ5選

4.めんつゆで簡単 親子丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ボリューム満点!めんつゆで作る親子丼のご紹介です。味つけに使う調味料はめんつゆだけなので、思い立ったらすぐ作れます。鶏もも肉は噛めば噛むほどジューシーな味わいが口いっぱいに広がり、卵のまろやかさとベストマッチ。玉ねぎや三つ葉が入っているので、シャキシャキとした食感もお楽しみいただけますよ。鶏もも肉の代わりに鶏むね肉で作るのもおすすめです。

材料(1人前)

  • ごはん (温かいもの)・・・200g
  • 鶏もも肉・・・50g
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • 三つ葉・・・15g
  • 溶き卵・・・2個分
  • (A)水・・・100ml
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ3.5

作り方

1.玉ねぎを薄切りにします。
2.三つ葉の根元を切り落とし、3cm幅に切り、1本分飾り用に残します。
3.鶏もも肉を2cm角に切ります。
4.フライパンに(A)、1、3を入れて肉に火が通るまで中火で加熱します。
5.2を入れてさっと混ぜたら、強火でひと煮たちさせ、溶き卵を回し入れてさっと混ぜ、周りが固まってきたら火から下ろします。
6.ごはんを盛った丼に5をかけ、飾り用の2を乗せたら完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

5.レンジでお手軽 鶏ひき肉そぼろと卵の二色丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

電子レンジで作る、鶏ひき肉そぼろと卵の二色丼をご紹介します。火も包丁も使わず、鶏ひき肉そぼろと卵そぼろはそれぞれ電子レンジで作るので、とってもお手軽なレシピです。しょうゆと砂糖で甘辛味に仕上げた鶏そぼろは、ごはんとの相性も抜群!大人も子どもも喜ぶ味ですので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g

-----鶏そぼろ-----

  • 鶏ひき肉・・・80g
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)料理酒・・・小さじ1
  • (A)みりん・・・小さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ1/2

-----卵そぼろ-----

  • 卵 (Mサイズ)・・・1個
  • (B)しょうゆ・・・小さじ1/2
  • (B)砂糖・・・小さじ1/2
  • (B)顆粒和風だし・・・小さじ1/3
  • 大葉・・・2枚

作り方

準備.大葉は軸を取り除いておきます。
1.鶏そぼろを作ります。耐熱容器に鶏ひき肉と(A)を入れて混ぜ合わせます。
2.ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで1分加熱します。一度取り出して混ぜ合わせ、再度ふんわりとラップをし、火が通るまで600Wの電子レンジで40秒加熱します。
3.取り出して混ぜ合わせ、そぼろ状にします。
4.卵そぼろを作ります。別の耐熱容器に卵を入れ、(B)を入れてよくかき混ぜます。
5.ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで30秒加熱します。一度取り出して混ぜ合わせ、再度ふんわりとラップをかけて600Wの電子レンジで30秒加熱します。同様にもう一度繰り返します。
6.卵に火が通ったら混ぜ合わせ、そぼろ状にします。
7.丼にごはんをよそい、大葉を敷き、3と6を盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

パパッと作れるレシピで、お腹も心も大満足!

いかがでしたか。今回は、一品でお腹いっぱいになる簡単夜ごはんレシピをご紹介しました。今回ご紹介したレシピは、どれも難しい工程がなく手軽に挑戦できますよ。食べごたえもばっちりなので、パパッと料理を済ませたい日に、ぜひ作ってみてくださいね。

2 / 2ページ

人気のカテゴリ